フェイクと下衆のはざま

トランプ大統領が「フェイクニュース」という言葉を流行らせてずいぶんになる。フェイクという言葉が表すものが、そのままのとおり“まやかし” なのか、自分にとって都合の悪い情報を一方的に貶める便利な言葉なのか。

情報を発信する、報道するってのとは荷が重いことなのだ。そこに使命感、責任感は携えていてほしい。

小室さんの引退発言に、いろんな人からの同情的なコメントがネットで発表されている。「男女の関係はなかった」という小室さんの言葉も宙に浮いたようになっている。私の知る限り、同情的なコメントの発表がほぼ全部で、「いや、引退は当然の対応です」というコメントは見たことがない。

文春がなぜああいう記事を載せたのか。
「売れるから」
なぜ売れる?
読みたい人がいるから。
なぜ読む?
そういうスキャンダルが大好きな人が多いから。

ウーマンラッシュアワーの漫才の流れと同じじゃないか。

申し訳ないけれど、小室さんの行為はどうやら事実らしい。事実を報道されたことで、ご自身で引退を決められたわけだ。それならそれでしょうがない。小室さんの女性関係という、当事者同士の問題を、無関係な文春がことさら取り上げたことに腹立たしさは覚えるけれど、決してフェイクをばらまいたわけではないのだから。


個人の勝手な思い込みや判断を、さも耳を傾けるべき助言や叱咤激励であるかのように、臆面もなく公共の電波に乗せる番組。自分をなんだかとてもエライ人、ご意見番、重鎮のように勘違いしてるとしか思えない人。私にはそっちのほうがはるかに腹立たしい。


「J2は野球で言えば2軍。そんなとこでやっても意味ないからお辞めなさい(キングカズへ)
「長くやってるだけじゃないですか(レジェンド葛西に)」
「気が小さいんだよ(全日本選手権チャンピオン張本に)」
「日本に戻ってこないでほしい。荒らされる(所属先が決まらないイチローに)」
「その態度がよくない。韓国の選手が『なんだ』と思うような態度を取ったらいけない(ACL優勝浦和レッズに)」


ご自身が「たかが日本で人よりたくさんヒットを打っただけじゃないですか。しかも打つことだけが得意で、守備も走塁も全然駄目でしたよね。」って、ご自身が現役でいらしたころのプレーを見てた私に言われても、笑って聞き流す・・・・なんてことはなさらないんでしょうなあ。

先の理屈で言えば、この人のコメントを舌なめずりしながら楽しみにしてる人がいるからこそ番組は続いてるのだろうし、クビもつながってるのだろう。視聴率を上げるための方策として他に思いつかないのなら、局とは無関係な私に言えることはありません。

が、せめて、野球以外のスポーツで頑張ってる人に対して、人格を否定するようなことをおっしゃるのは、おやめになったほうがいいと思うのです。自分の知らないスポーツに対する謙虚な気持ち。自分と同じスポーツに汗を流している人に対する敬意。そういうものは持ち合わせていただきたいものです。

「朝のワイドショーなんてテレビで言えば井戸端会議、信用出来ない話ばっかり。そこで長くやってるだけじゃないですか、気が小さいからあんな好き勝手を言ってるんでしょ?もう降板していただいて二度と番組に戻ってこないでほしい、荒らされる。なにしろその態度がよくないですよね。なに様のおつもりですか?視聴者が『なんだ』と思うような態度をとったらいけません。」


あら、ご自身がおっしゃったこと、全部そのままご自身にあてはまっちゃった。



・・・・And that's the way it is

gonbe5515


# by starforestspring | 2018-01-22 17:12 | 雑感 | Comments(0)

『日日是好日』

さて・・・今日はなにを書こうか。
パソコンに向かったときに、最近多部未華子さんについて書いていないことに気づいた。

で、今日久々にwikiで多部未華子さんを検索してみた。これまで何度も読んでるところだが、新しい項目が増えていた。映画の項で

・日日是好日(2018年公開予定、東京テアトル / ヨアケ) - 美智子 役

b0137175_14522562.jpg

なんと!新作映画が今年公開されるらしい。共演は黒木華さん、樹木希林さん。多部未華子さんは、主役黒木さんの従姉役だそうだ。樹木希林さんは茶道のお師匠さんとして、二人を教えるらしい。多部未華子さんと黒木華さんの共演!素晴らしい。二人の演技が、私たちをどんな世界に連れて行ってくれるのか、今から楽しみだ。

原作は森下典子さんのエッセイ。 さっそく図書館に予約しました。

b0137175_14522561.jpg

気になる監督は大森立嗣さん。はて、どんな作品を撮った方だろうと調べてみたら、多部未華子さんが参加していた『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の監督さんでした。大森監督には、素晴らしい女優陣の魅力を存分に引き出す演出をお願いしたいものです。

b0137175_14522564.jpg

多部未華子さんを拝見する機会としてのドラマや舞台に、もちろん異存はございません。舞台の臨場感はなににも勝るものですし、『サロメ』での感動は今も鮮烈に覚えています。が、やはり映画が一番ありがたい。来週を待たなくていいし。

私、小正月の日に「日々是好日」という画像を使用させていただいております。この映画のことを知ったとき、すぐにそれを思い出しました。なんたる偶然!壁一面に掛けてる写真のご利益がこんなところに現れたのかもしれません。

公開時期は不明なのですが、これからはこの映画に関する情報を逃さないよう、しっかり網を張っておこうと思います。


あれ?もしかして、知らなかったのは私だけですか?>タベリスト同盟のみなさま


・・・・And that's the way it is.

gonbe5515





# by starforestspring | 2018-01-20 15:06 | 映画・ドラマ | Comments(6)

横綱稀勢の里の休場に思う。

横綱稀勢の里が今日から休場である。これで休場は連続5場所。ずっと期待され続けて横綱になったものの休場つづき。こうなってしまうと、“あの時”に無理したのがいけなかったのだ、と言い出す人もいることだろう。

b0137175_16223623.jpg
昔は記録の王、記憶の長島・・・と言われたものだ(今どきの若者は知らないかも)相撲界でも「記憶の稀勢の里」と言われてもいいんじゃないか。考えたくもないことだが、万一稀勢の里が復活を果たせずこのまま引退・・ということになったとしても、私は横綱稀勢の里を忘れないだろう。

b0137175_16223607.jpg

12連勝のあと横綱日馬富士との一番で負け、肩を負傷。翌日横綱鶴竜に惨敗して2敗目。迎えた千秋楽、1敗で優勝争いトップを走る照ノ富士との本割り、左肩にぐるぐる巻きのテーピングをした稀勢の里が勝つなんて、誰が想像しただろう。そして優勝決定戦。もうダメだ!と思った瞬間、体を入れ替えての小手投げで照ノ富士をころがし、逆転優勝。

この二番を見た時の感動は、貴乃花が膝にまともに立てないほどのケガをした翌日に、武蔵丸に本割りで負け、決定戦で投げ飛ばして優勝した時の感動に次ぐものだ。

b0137175_16301542.jpg

その時のケガがずっとあとをひきずり、長い休場のあと貴乃花は引退した。それでも!あの鬼の形相を覚えていない人はいないだろう。

繰り返して言うが、私はこのまま稀勢の里が引退しても立派な横綱として忘れることはない。だが、叶うことならケガの治療に専念していただき、(協会や横審は許してくれないかもしれないが)一年後でもいいから、復活してくれることを願っている。(貴乃花はケガの後7場所連続休場した)

白鵬の最多優勝40回や、最多勝利はすごいことだと思う。その偉業は否定しない。だが、じゃあその40回の優勝で、忘れることが出来ない一番がありましたか?と相撲を好きな人に問うた時、即答出来る人はいったい何人いるだろう。申し訳ないが私には思い出せない。

思い出すのは(思い出してしまうのは)格下の力士に乱暴なカチアゲをかます品のない立ち会いと、相撲に負けた後、勝負審判に物言いを要求し、弓取りが土俵に上がっても見苦しい仁王立ちを続けた姿。それから日馬富士の事件のとき、自分もその場にいたのに、何食わぬ顔して、優勝インタビューのあと観客に万歳三唱を求めた、なんですかそれ?な行為。

朝青龍不在のあと、一人横綱として長らく相撲界を支えてくれたことに対して感謝はしている。が、彼がしたことは、その功績にも泥を塗ってしまうほど、横綱としてあるまじき行為だと思う。私は思うのだ。今後10年たって、どこかで相撲の話になったとき、出てくる名前はジェシー高見山、突貫小僧富士桜、黄金の左の輪島、ウルフ千代の富士、おしん横綱隆の里、そして貴乃花や稀勢の里たちだろうと。

さて、稀勢の里関が舞台を下りたあと、私が今場所の残りを見続けるよすがは・・・・。

柔らかくまっすぐな相撲の朝乃山、
b0137175_16223613.jpg

腕っ節には自信がありますが、なにか?の栃ノ心。この二人である。
b0137175_16223668.jpg

それから、ヤンチャ小僧貴景勝の相撲に惹かれつつある自分を否定できない。。。
b0137175_16232182.jpg

最後に、本日はハリソン君のブログと違って、男の裸ばかり載せてしまったことをお詫び申し上げる。

あれ?今日はマジンガーZだ。


・・・・And that's the way it is.


gonbe5515




# by starforestspring | 2018-01-19 16:49 | 雑感 | Comments(0)

『お葬式』

b0137175_17394533.jpg

私がはじめて経験した葬儀も、伊丹監督と同じく、ニョーボの父親のものだった。
喪主である義弟と義母とが葬儀のだんどりをつけていく、その姿を横目で見ながら、葬儀というセレモニーに関わる不可思議な慣習に初めて触れた機会だった。

この映画でも、お坊さんへのお布施の金額や、通夜に準備する食事の量、それから火葬場での待ち時間に出す弁当の数などなど、慣れた人に教えてもらわなければ気が回らないようなコトがたくさんでてくる。

冠婚葬祭というのは、特に身内のそれは、生きてるうちにたびたびあるものではない。生まれてから死ぬまでの年月で平均すれば、5年に一度というほど多くはないだろうし、10年に一度くらいのものではなかろうか。>個人の思い込みです。

b0137175_17394572.jpg
だもんで、やはり専門家のアドバイスに従順に従うのが一番簡単かつ安心なのである。誰だって “一般的には” や “ほとんどの方は” “この地域では” に対抗出来る論理的武装など持ち合わせていないのだ。

いやまて、一度あったな。
私の父が亡くなったときの兄がそれだ。父は私と同居していて亡くなった。父の死を知った兄は、京都から飛んできてそのまま喪主を務めることになった。通夜の日の朝、葬儀社の人が兄のところに弔電を読む順番の確認をしに来られた。私の住む町内では、町内会の役員さん(町内会長、副会長、会計、監査役等)たちが“お手伝い”という名目で、いろいろな段取りや手配をしてくれることになっていたのだが、その時たまたま兄の横にいた町内会長さんがその問いに対して「そりゃあやっぱり議員さんが先やでの」と答えたのだ。

兄は町内会長の言葉にうなずかなかった。曰く「闘病中はもちろん、ふだんの生活でもまず間違いなく会ったこともなく、言葉を交わしたこともないはずの国会議員や市会議員より、老人会や、私や弟(私のこと)の勤務先からいただいた弔電のほうを大切にしたい」と。

「いやいやお兄さん、ここらではそれが当たり前になってるがや」と反論した町内会長に対し、兄は静かにしかし毅然とした態度で「ここらあたりがどうかは知りませんが、亡くなったのは私たちの父です。父を送るという、私たちにとって大切な儀式を、選挙活動に利用されたくありません。お断りします。」と言い放ち、断固として拒否した。

兄よ、まったく同感ですぜ。私はもちろん同意した。

兄はとある政党の党員である。その党は富山ではごく少数派であるから、弔電を送ってくる議員さんたちのほとんどは兄の党の“反対勢力”からのものである。兄はそういう反対勢力の議員さんの名が、弔電の最初のほうに延々と続くことを嫌った・・とも考えられる。しかしそれはたぶん関係ない。あったとしても些末なものだろう。兄が最も避けたかったのは、“心の入っていない弔電”を、父の葬儀の場に持ちこんでほしくないということだったのだろう。父の死を受け入れるしかない私たち家族と、なにがしかの縁で父とつながっていた人たちが駆けつけ、父を見送ろうとしてくれる。そういう場所で、父とは縁もゆかりもない議員さんたちの名で、さも心寂しげな、白々しいお悔やみの言葉を神妙に聞くことなど、兄には耐えられないことだったのだ。(もちろん私にとっても)

町内会のみなさんは不満顔であったが、葬儀における権限者は喪主なのだから、喪主の意向に従うしかない。結局、議員さんたちから届いた弔電は通夜でも葬儀でも、一通も読まないことに決まった。この一件以来、町内での私の評価は「変わり者」ということになったそうだが、私にとってその評価は勲章である。

話を映画に戻す。この映画は、伊丹監督が奥様の宮本信子さんのお父上が亡くなり、喪主を務めた経験を元に一気書きした脚本で撮影されたそうだ。遺族の戸惑い、葬儀に集まる人々と遺族とのやりとり。死者を送る悲しい場ではあるけれど、生きているものには、久しぶりの再会を喜び、息災を確認出来る場ともなる。そのことを、走り回る子供たちや楽しげに酒を酌み交わす親族たち、やがて生まれる新しい命に注がれる優しい言葉とまなざしによって描かれている。


映画『お葬式』は、誰もが必ず経験する葬儀を、ユーモアを交えながら現実的に取り上げた初めての映画でもあるらしい。確かに最初から最後まで、葬儀の場が舞台である映画などなかったことだろう。死んでしまったものは、葬儀によって送られる。生きているものは葬儀が終わるとまたもとの生活に戻って生きていく。この映画が高く評価された理由のひとつは、その対比がしっかり描かれていることだろう。

b0137175_17403859.jpg

ただ、私はこの映画を楽しく見ることは出来なかった。「なるほどあるよね、こういうこと」とうなずくことはあったけれど、「いい映画を観た!」と、喜ぶことは出来なかった。それは豪雨の中、併走する2台の車で、カツサンドの受け渡しをするシーンは必要だったのかという不満がひとつ。(この時点ではまだ主人公にとって葬儀が現実問題になっていないという意味なのかもしれないが)

もうひとつは、昨日が1月17日であったこと。この映画を観ながら、23年前のあの地震と、テレビに映る光景とを思い出していた。あの地震によるすべての葬儀は、この映画のようなユーモアが立ち入る隙などなかったはずだ。そんなことが頭をよぎり、よりにもよってこの日に『お葬式』という映画を観ている自分のアホさかげんにあきれていた。


後世に残る名作・・とまでは思えない映画。でも色々考えるきっかけにはなりますよ。
私の感想はそういうものです。



・・・・And that's the way it is.

gonbe5515



# by starforestspring | 2018-01-18 17:53 | 映画・ドラマ | Comments(0)

『風雲児たち~蘭学革命篇~』

b0137175_15512722.jpg

元旦に放送されたスペシャルドラマ。

希望コミックス版第1巻から、毎号の発売を期待と不安で待っていた『風雲児たち』。こう言っちゃあなんだが、思い入れは人一倍なのだ。

そんな『風雲児たち』がドラマとしてどう表現されるのか。「登場人物を演ずる役者さんが、私のイメージと違う」「大切にしてきたものが、汚されるかもしれない」そんな不安が、元旦の放送から今日に至るまで、見ることが出来なかった理由である。

さきほど見終わったので、ひとこと言わせていただく。

「ありがとう。よくぞやってくれました。」


解体新書が、良沢から玄白の手に渡ってしまったあとの、良沢と玄白の煩悶と珉子と峰子の落胆。残る良沢と進む玄白、医学の発展のため、それぞれの信念を貫くための選択を後悔しまいとする後ろ姿には、泣かされてしまった。

b0137175_15512827.jpg

原作で描かれる登場人物の個性を表現することを目指してくれた役者さん。原作のセリフ、カット割りを、忠実に再現してくださった監督さん。翻訳に取り組む良沢、玄白、淳庵と、お茶を運んできた良沢の娘峰子とのやりとりや、平賀源内が小田野武助に描かせた“真上から見た鏡餅”など、読み込んでいないとわからないようなところを、しっかり脚本にのせてくれた三谷幸喜さん。みなさん本当にありがとう。


このドラマからは、原作に対する敬意を感じることができた。それがなにより嬉しい。エンドロールに、原作のキャラクターと役者さんとを一緒に映してくれた心配りもありがたかった。しつこいけれど、もう一度制作に関わった方々に御礼を申し上げる。本当にありがとう。


特に、峰子役の岸井ゆきのさん、あなたは唯一、私の峰子像でした。

b0137175_15512893.jpg
幕末篇第30巻は2月27日に発売です。


・・・・And that's the way it is

gonbe5515





# by starforestspring | 2018-01-17 16:01 | 映画・ドラマ | Comments(0)

置いてきてしまったもの

多くの人が疑問に思うこと。
「鉄の塊がなぜ空を飛ぶ?」

が、

「鉄の塊がなぜ海に浮かぶ?」
という問いについて語られることはあんまりないように思う。鉄を浮かばせるだけの浮力が・・・と言ってしまえばそれまでだが、私にとっては鉄が空を飛ぶことより、鉄が水に沈まないことのほうが不思議でならない。

飛行機を飛ばす、船を浮かばせる・・そのことについて知恵を絞ってきた方々には、誠に申し訳ないことだけど。


そういえば昔、なぜ星は落ちてこないのかとか、水は透明なのに海はなぜ青いのかとか、不思議に思ったことはたくさんあった。地下鉄の電車はどうやって地下にもぐったのかを考えると夜も眠れないというオジサンもいたが、たしかに不思議なことではあった。


最近、そういう不思議がない。疑問に思わないのは、理由がわかってるからというのではなく、「そういうもんだ」「答えを知らなくても困るわけじゃなし」などと、不思議から逃げてるというか、考えることを放棄してるというか。

トシを重ねるにつれ、一年が過ぎるのを速く感じるのは、目から入った情報、耳から入った情報を、すでに知ってるものとして省略して処理するからというのを聞いたことがある。

たとえば木。
高さ3mの木も、10mの木も、大人にとっては“木”という分類に属する同じものとしてしまうが、子供だと“自分の身長の3倍くらいある、緑の葉っぱがたくさんついてる三角形の木” “てっぺんが見えないくらい高くて、葉っぱは茶色、白くて太い枝がたくさんついて、きのこみたいな形をした木”というふうに認知する。

だもんで、木を見たときに、子供はその特徴、違いなどを頭の中で処理する時間がかかるぶん、時が過ぎるのが遅いのだ。大人はその木の特徴、違いなどをすっとぱして、単なる木としてしか見ないから処理する時間が必要ない。だからあっという間に時間が進む。

先日、このことを実感することがあった。車の助手席に座っている時、通り過ぎる風景の中に、知らない建物、知らない店がたくさんあることに気づいたのだ。いつも通る会社から自宅までの道。いつのまにこんな店がオープンしてた?この家の塀は、なんでこんなに複雑なんだ?と。

毎日毎日通る道。運転してる私には、ただの建物。ただの塀。後ろに流れていくだけの、自分には関わりのない、取るに足りない風景でしかなかった。


そうか、こういうことか。


今の家に引っ越して25年、その25年の間に、国道の両側の建物や風景は、私にとってはすでに知ってるものとして、それ自体ではなく、記号でしかない存在になっていたというわけだ。


この冬サハラ砂漠に雪が積もったらしい。
世の中、まだまだ驚くことがたくさんあるにちがいない。


もったいないもったいない。



・・・・And that's the way it is.

gonbe5515





# by starforestspring | 2018-01-16 18:08 | 雑感 | Comments(0)

小正月に思う

今日は小正月。・・・といっても、今晩小豆がゆを食べる予定はない。

今年の正月は、箱根駅伝を往路復路とも見ることが出来たし、下鴨神社への初詣にも無事に行ってこられたし。天候にも恵まれ、上出来の正月だったと思う。

学生のころ、私は60才くらいで人生を終えたいものだと、ぼんやりと考えていた。ハタチそこそこの学生にとって、40年後というのは想像出来ないほど未来の話だったし、老いるということがどういうものかよくわからなかった。40年後、自分の体が、心が、環境がどうなってるかなんて想像することさえ出来なかった。

それでも、60才という年齢が、(当時においては)人生の終着点に近づいていること。やりたいことはほぼやりつくしているはず、そんなふうに半ば確信めいて信じていた。

だからいいんだ、60才で・・と。

今、60才で人生を終えても構わないとは毛頭思っていない。まだまだ、やりたいことがあるし、見たいものがある。

それでも、ここ最近思うのだ。今日の次には明日がきて、明日の次には明後日が・・と、毎日が当たり前にように向こうからやってくる・・などと、考えてはいけないと。

無事に正月を迎えることが出来た。次は花見が出来たらありがたい。その次には水無月が食べたいものだ。それも叶えば長岡の花火と送り火が見られたらいいなあ。寒くなったら七輪でメザシを焼いて、熱燗で一杯・・・こうやって、季節の移ろいを、指を折り、肌で感じながら過ごしていければいい。

おひさまは、東から昇ってき、西に沈んでいく。
私がいてもいなくても。


見られるうちは、見させていただこう。
b0137175_17280873.jpg

・・・・And that's the way it is.

gonbe5515


# by starforestspring | 2018-01-15 17:40 | 雑感 | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

>ハリソン君 コメント..
by starforestspring at 09:35
私も買ったまま読んでない..
by ハリソン君 at 23:13
番宣目的のゲストでもいい..
by starforestspring at 10:52
記事、見て来ました。なる..
by ハリソン君 at 19:59
私も昨日の松尾さん卒業の..
by starforestspring at 19:16
再びお邪魔します。今、一..
by ハリソン君 at 18:01
私もこの組み合わせを楽し..
by starforestspring at 12:28
私は知りませんでした。情..
by ハリソン君 at 00:19

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ