<   2018年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

『半分、青い』は信じていい

父の仕事がなんだったのか、私はよく知らない。私が生まれた頃は、職人さんを何人か使う一国一城の主だったそうだが、もちろん私に記憶はない。やがてその城もくずれ、父は仕事を変わった。そして父の仕事が変わるたび引っ越しをした。小学校は四つ変わった。次また変わるかもしれない。そんな気持ちもあったから、小学生の頃の私はどこか達観した、マセた子供だったように思う。

そんな私だから、マンガや小説などに出てくる“幼なじみ”にとてもあこがれた。そんな私の前に現れた鈴愛と律、菜生にブッチャー。実にほほえましい関係だ。天下のNHKのやることだから、紆余曲折はあるにせよ、最終的には律と鈴愛はくっつき、ハッピーエンドになるのだろう。>それ以外の展開があるとでも?

まだ始まったばかりで、本題はこれからなのだろうから、早とちりはいけないが。ただ言えるのは、このドラマはちゃんとリアルをとらえているということだ。売れない芸人でしかなかった人が、いつのまにか「芸を見る目だけはある」偉い席亭になってた前作とはえらい違いだ。断言してもいい。「ご都合主義とは?」という問題に『わろてんかと答えたら、間違いなく花丸がもらえる。

私が『半分、青い』をリアルととらえるのは、鈴愛と菜生、鈴愛と律の立ち位置だ。菜生と律は常に鈴愛の右側にいる。右の耳しか聞こえない鈴愛。左側に立たれ、話しかけられても、鈴愛には聞こえない。それをわかってるから、律や菜生は、鈴愛の右側に自分の身をおくようにしている。

b0137175_12161689.jpg

律にしろ、菜生にしろ、それはもう意識してのことではなく、それがあたりまえになっているのだ。彼らは幼いころからずっと一緒で、黙っていても相手がなにを考えているのか察することができる。
b0137175_12161871.jpg
「鈴愛の左耳はカワイイ」律がそんなことを言うわけがない。きっと誰かの受け売りだ。確信をもって律に詰め寄った鈴愛の判断は、幼なじみなればこそだろう。

おさななじみの彼らが紡ぎだすドラマ。毎朝、これを見るのが楽しみでしかたない。


gonbe5515




by starforestspring | 2018-04-18 12:28 | 映画・ドラマ | Comments(2)

『半分、青い』高校生編

実にいい。

「助けてください!誰か!誰か!助けてください!」は、『世界の中心で、愛を叫ぶ』のパクリ(or パロディ)ですか?懐かしさのあまり、思わず笑っちゃいましたよ。

モノクロ画面での回想シーン。

葬送行進曲を弾き続ける律、律を心配して窓の下に座りこんでる鈴愛。心配そうな鈴愛の表情のアップ。余計なセリフはなし。これだけで充分、私たちには二人の世界が見えるのです。

いいなあ。

弓道の試合。伊藤さんと律との出会い。二人の間に生まれたなにかを、真ん中の的に当てた矢で表すところがなんともかんとも。

菜生ちゃんが真ん中に当てた!・・と思ったら、隣の的だったというオチも絶妙。

『つばさ』をリアルタイムで見ることができなかったことが私の負い目でした。もしかしたらこの『半分、青い』は、その負い目を癒してくれる作品になるかもしれない。

そんなことを思っています。


gonbe5515





by starforestspring | 2018-04-17 20:46 | 映画・ドラマ | Comments(2)

『三度目の殺人』『放郷物語』

『三度目の殺人』観るものにいろいろ考えさせる。
そういう意味においては、いい映画だったと思います。
b0137175_17142610.jpg
思いますけど、役所さんの演技の力に頼りすぎてはいませんか。

顔を伏せてしばらく待って、頬を伝う涙を出せる。
父と娘の久しぶりの会話の中にそれを見せておき、あとでまた持ってくる。
あざとい。その言葉はこういうふうに使うんですよ、それを教わったような気がします。


b0137175_17141922.jpg
徳永えりさんの『放郷物語』
退屈と言えばこれほど退屈な映画はなかった。


でもね、
私が今でもその呪縛から逃れられない黒澤監督の言葉。
「映画になった」
シーンがひとつだけありましたよ。

自転車に後向きに乗る。
その意味するところは・・・・、


表現手段としての映画。

『三度目の殺人』『放郷物語』
このふたつを観て、いろいろ考えたことでした。

監督は主張し、観るものはそれの受け止め方を迷う。なるほど、この繰り返しが、映画を育ててきたんだな。

観るほうも、勉強が必要ですな。
創るほうはさらにまた。


gonbe5515






by starforestspring | 2018-04-16 17:17 | 映画・ドラマ | Comments(0)

所変われば・・・

4月8日、巨人の大城選手がプロ入り初ホームランを打ったとき、チームメイトが「サイレントトリートメント」をやった。エンゼルスの大谷選手が初ホームランを放ったときのそれを見ていたから真似たのだろう。

誰かが始めたことを、多くの人が真似るようになり、社会に広がっていく。それに不満はないけれど、なんだろう、この妙ないらだちは。・・安直というかなんというか。

はやりものに倣うことに対する抵抗ってのは、ないものか。「おもしろそうだけど、すぐにマネしたと思われるのも癪だから、やらねー!」のような、やせ我慢というか、武士は食わねど高楊枝のほうに、共感してしまう。

ボールゲームと野球が同じでなくてもいいではないか。
7回の裏に、特段イベントをしなくたっていいではないか。

新人が初めてのホームランを打ったときの祝福。祝福される側、する側、ともに笑顔でいられる方法は、トリートメントだけではないはずだ。なんていうかこう、気がついたらやっていた・・とか、なんとなくそういう雰囲気になった結果でいいではないか。

ジェット風船、東京音頭。
やって楽しく、見てなお楽しい。
そんな祝福のしかたが、なにかの拍子に生まれてくるんじゃないか。

それまで、待てば?


・・・・And that's the way it is.

gonbe5515




by starforestspring | 2018-04-15 19:12 | それでいいのか日本人 | Comments(0)

『半分、青い』


『わろてんか』のあとに登場した『半分、青い』
前作がトホホなものであったので、少々不出来でも許せてしまうのじゃないか・・と考えていたが、とんでもない!

いい!

すごくいい!

b0137175_17283859.jpg
ほとんど全てをナレーションもしくはセリフで説明していた。週エピソードの主役として出て来た登場人物は、いつの間にか消えてしまっていた。会社はとてつもなく大きくなってるはずなのに、芸人と事務員たちの面子が全然変わらないままだった。そういう不自然さを映し続けた前作。

沈黙することで、後ろ姿を見せることで、川面に撥ねる石を見せることで、登場人物の心象を表現し、見る者に考え、感じる楽しさを与えてくれる本作。画面の切り替えや、風景の描写などにも、センスを感じるし、なによりセリフが素晴らしい。

「左耳だけ海に行ってまった」

「もう海から帰ってこんか」

こういう表現で、耳鳴りのこと、これからずっと聞こえないのだということを、鈴愛が受け入れたことを表現している。

それと、律や草太、宇太郎さんほか、みんなとてもいい人。ブタの貯金箱を割って、鈴愛にグルグル定規をプレゼントした草太。きっと前から鈴愛がそれを欲しがっているのを知っいたのだろう。宇太郎さんや晴さんから、お姉ちゃんの左耳が聞こえなくなってしまったということを聞き、そうなってしまった姉に対する精一杯の励ましだったにちがいない。貯金箱を割ったことも言わず、あくまでさりげなく渡すところに、草太の優しさが伝わり、なお切ない。

b0137175_17283826.jpg
律の隣で、鈴愛が涙を流したシーン。泣きの演技は決して上手じゃなかったけれど、それまで涙を流さなかった理由を明かしたことで、演技の上手い下手ではなく、鈴愛の気持ちが伝わってきて、感情が涙腺を刺激した。


今朝の放送分はまだ見ていないのだけど、話の展開から予想するに、来週からは成長した鈴愛と律が登場するのだろう。途中でコケず、今のすばらしさをこのまま継続してくれることを願う。

今のところ、録画忘れ厳禁レベルのドラマである。

b0137175_17283875.jpg

・・・・And that's the way it is.

gonbe5515





by starforestspring | 2018-04-14 17:38 | 映画・ドラマ | Comments(0)

1970年代

「今日までそして明日から」吉田拓郎
「下宿屋」加川良
「わかれうた」中島みゆき

今日、庭の草むしりをしながら、久しぶりに聞いた。

終わって、部屋に入ると、鏡の中にいる自分が見えた。

なんだかわからないけど、泣けてきた。


gonbe5515




by starforestspring | 2018-04-13 17:23 | 思い出 | Comments(0)

背番号17

ワールドスポーツMLBに取り上げられるチームが去年と様変わりした。

去年はダルビッシュと前田が所属するドジャース、田中のヤンキースがメイン、イチローと田澤のマーリンズが少し。あとは人気チームのレッドソックスやナショナルズなんかの露出が多かった。

ところが今年は、大谷のエンジェルス、牧田のパドレス、平野のダイヤモンドバックスが画面に登場する機会が多い。日本人選手が所属するチーム優先なのは当然だから別に文句はないんだけれど、パイレーツやブルワーズの試合をもっと見たいものだ。

先日、大谷選手が7回1安打12奪三振という素晴らしい投球を見せた。7回一死まで無安打無四球。「これはもしかすると・・」と、誰もが考え始めたときに、ヒットを打たれてしまった。そのヒットを打たれたあとの観客席の反応が、とてもよかった。

そこまで一人の走者も許さなかった大谷に対し、起立して拍手を送る。それが鳴り止まないんだもの。記録を逃した投手に対する励ましの拍手、賞賛の拍手。残念だったけど気落ちするな。オマエはよくやった!という意味なんだろう。

アメリカにおいてボールゲームが愛されていること、文化として根付いていること、プレーする選手たちへの敬愛の念を持っていること。それがよくわかる。ノモが目指し恋い焦がれた世界が、今もまだ、ちゃんと残っているわけだ。

背番号17が長いシーズンでどんな成績を残すのか楽しみは尽きない。頑張ってくれたまえ。キミのプレーにはワクワクさせられるよ。

b0137175_15044688.jpg
・・・・And that's the way it is.

gonbe5515





by starforestspring | 2018-04-12 15:05 | 雑感 | Comments(0)

新監督、お好きにどうぞ。

監督解任、新監督就任について、その他色々好きなことを書かせていただいた。それでもう、気が済んだ。こういうときに、ネットの片隅で、コソッと居場所を持っていることのありがたさを痛感する。

西野監督率いる代表チームへの興味はないが(ハーフナーとか指宿が入ってくるなら別)選手たちは頑張ってくれると思う。ワールドカップが始まってしまえば、代表の試合を見るに違いないのだが・・。

今回の大会での注目はアイスランド、イングランド、それからエジプト。この3チームの試合はしっかり観戦しようと思っている。

前回の大会からもう4年。
ほんとに月日が経つのは早いものだ。

月日が経つ・・で、ふと思い出して、今確認したらびっくり。昨日はこのブログを書き始めてちょうど10年経った日だった。(ブログ開設2008年4月10日)10年経ったら始めた日すら忘れてしまうのね。


いろんな意味で、びっくり。


・・・・And that's the way it is.

gonbe5515

by starforestspring | 2018-04-11 14:21 | サッカー | Comments(0)

迷走JFA

今日もこの話題に触れないわけにいかない。。。


監督を解任するのは、予選での成績がふるわず、ワールドカップ出場が危うくなったとき。そう思っていた。ワールドカップ出場を決めて、本番に向けて準備をしている監督を、開幕まで2ヶ月の時点で更迭する。それは正しい判断なのだろうか。ワールドカップで勝てる確率を1%でも2%でも上げるために・・だそうだ。ハリルホジッチ監督のままでいくより、西野監督に変えたほうが、“勝てる確率は上がる”と。

・・・そうかなあ?

ネットや新聞紙上では、ハリルホジッチ監督解任は、選手とのコミュニケーション不足が原因と言われている。監督が求める『縦に速い攻撃』に対し、選手がついてこず、『ボールを保持するオプションも必要』と不満の声が挙がっていたとか。

JFAの対応には、いくつかわからないことがある。

監督はJFAが充分な調査や意見交換、大勢の候補との比較を経て、決定する。その決定を下すのがJFAである以上、監督の成績不振はその監督を選んだJFAにある。今回ハリルホジッチ監督を見限ったわけだが、ではその監督を選んだJFAの方々の首は据え置きなのか?

そもそも、監督の成績とは?JFAが求めたものはワールドカップ出場である。ハリルホジッチ監督はその目標をクリアしたのだから、決して成績不振ではあるまい。

それともワールドカップで勝ち進む(グループリーグ突破)ことを、ノルマとして課していたのだろうか?これまでの情報を読む限り、そういうのは出てこない。

なので、欧州遠征での成績が悪かったというのは、成績のうちに入らない。今回の遠征は、ワールドカップ本番に向けてのオープン戦のようなものだ。オープン戦の成績が悪かったといって一喜一憂するのは、ばかげてる。オープン戦はあくまで練習。本番に備えての試行錯誤。それを成績と捉えられたら、監督も選手もたまったものではない。

前に私がハリルホジッチ監督を批判したのは、このオープン戦を選手選抜の場に使ったことに対してである。チームとしての戦術、戦略をテストすべき(と私が考える)オープン戦を、選手選抜の場として使うのは違うだろうということだ。JFAがその部分を正し、監督に助言をし、話し合いを行って新たな方向に誘導すること。その上でなら納得の心中が出来るはずだった。


仮に、監督と選手との間に軋轢が起きていたのなら、JFAがまずつくべきは監督の側であるはず。
監督が指示することに文句がある選手がいるなら、その選手を代表からはずべきだ。責任者にはそれくらいの権限を与えられていい。責任者として監督を呼び、その手腕に任せた以上、監督のやることを、見届けるのがJFAとしての筋だろう。そして見極めるべきワールドカップでの成績がふるわなかった場合、監督と枕を並べて辞めればいい。いい成績を残したのなら、反り返ってエッヘンすればいい。

今回、一方的な解任のように伝えられているが、ここに至るまでに、JFAは監督と意見交換、今後の方針の確認などを行ったのだろうか。

ハリルホジッチ監督のやり方に不満を持っていた私だが、今回の解任には監督に同情を禁じ得ない。素材を集めて、図面を書いて、さあ一気に組み立てるぞ!と心の準備をしているときに「あなた、クビです」ではたまらないだろう。

私はこの時期に監督を切ったJFAに対して、これまで以上の不信感を持っている。しかもその後任に、技術委員長の職にあった西野朗氏をもってくるなんて!彼は監督と最も近い位置にいたJFAの人間ではなかったのか?一般企業で言えば、課長がした不始末(その内容は部長に報告が上がっており、部長の指示のもとに課長は動いた)の責任を取らせて課長を切り、そのあとがまに、兼任として部長がシレッと座るのと同じではないのか。監督に罪があるというなら、部長!あんたも同罪だろうよ!

たった2ヶ月で選手を集め、ワールドカップに臨む。その状況で、西野監督に何ほどのことが出来るのか。腹が立つのは、直前の就任という免罪符があるので、普通で褒められ、悪くてもしょうがないで済まされ、良ければ絶賛されるに違いないことだ。

今から新しい選手の発掘、選抜という冒険など出来るはずがない。たぶん、経験豊かな、ポゼッション重視の、目と目を見交わせばパスが通る。そんな選手を集めるのだろう。昔イヤと言うほど見せられた、パスが縦ではなく右や左に通され、その中で相手チームが優雅にジョギングをしている、そんな退屈な、点を取れそうな気配が全然感じられないサッカーを、また見せられることになるのだろうか。


この予想どおりになるのだとしたら、これまでの3年間はいったいなんだったのか。


gonbe5515


by starforestspring | 2018-04-10 17:00 | サッカー | Comments(0)

ハリルホジッチ監督解任

今日はこの話題に触れないわけにいかない。。。


JFAすまなかった。


欧州遠征が終わった時にこう書いたけれど、解任したよ、JFA。びっくりだわ。

監督には、どんな戦いかたを目指すのかを明確に持っていること、その戦い方のために選手を集めること、目指す戦い方を選手に伝えることが大切だと思うのだけど、ハリルホジッチ監督は最後のそれが足りなかったのかな。

もちろん考え方や性格はあるだろうけれど、同じ言語を使うというのもやはり重要なポイントだと思う。叱り飛ばしたり、励ましたりっていう時のニュアンスは、同じ言語を使う者同士とそうでないのとでは、伝わり方が違うと思う。

通訳さんもご苦労が多かっただろう。試合中とかは、ごく限られた時間しか与えられないもんなぁ。

次の監督は西野朗さんで決まったようだ。あの監督は私苦手。強気一辺倒のオレがオレがオレが監督が、どんな選手を集め、どんな戦い方を目指すのか。釣り糸を垂れる太公望の後ろ姿を眺める通りすがりの観光客のような気持ちで(わかりにくいたとえだ)眺めることにする。


確実に言えるのは、ワールドカップに出場する日本チームへの期待は半減したこと。逆に興味津々なのは、西野監督がどんな選手を集めるのかということ。残り2ヶ月でなにを目指そうとするのか。

大変だろうなあ、西野監督>もはや人ごと。


・・・・And that's the way it is.

gonbe5515





by starforestspring | 2018-04-09 19:43 | サッカー | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

検索

最新のコメント

>kazematic-n..
by starforestspring at 16:53
角だらけの文章を書いてお..
by kazematic-night at 22:11
山国釣師さん、おはようご..
by starforestspring at 10:29
私は全く逆の考えかも知れ..
by 山国釣師 at 09:32
marrellaさん、お..
by starforestspring at 19:15
京都橘のパフォーマンスは..
by marrella at 18:38
山国釣師さん、おはようご..
by starforestspring at 11:11
リプありがとう御座います..
by 山国釣師 at 21:11

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

京都橘 オレンジの悪魔たち
お酒の話
サッカー
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ