カテゴリ:雑感( 1083 )

閑話休題   ブログを書くということ

もうかなり前に、NHKで放送されていたNHKらしからぬ番組に『サラリーマンNEO』というのがあった。毎週楽しみにしていたのだが、もうやってくれないのだろうか。

その番組のワンシーンで今でも覚えてるのが、新卒者が企業面接を受けているところを別室でコメンテーターがモニターで見ているというコント。面接官が「それでは自己紹介をお願いします」と尋ねたとき、新卒者が「あ、ぼくブログやってますんで、それを読んで下さい。ぼくのことはブログを読んでもらえばわかります。」と答える。そのやりとりを見ていたコメンテーターが「お!でましたね。これが今はやりの“ブロガー” ですよ。」というもの。

当時、私はブログをやっておらず、そのコントを見て「へえ、そういうもんか」と簡単に受け止めていたのだけど、ブログを始めた頃にわかった。あれは嘘だね。

自分と日常的に顔を合わせる人が自分のブログを読んでいるとわかっていて、どれだけ正直に自分の思いをブログに書けるだろうか。私には書けない。そもそも、そういう人たちにブログを通して素の自分を知ってもらおうとは思わない。口で言えばいいのだ。

はっきり言って、仕事の取引先、会社の上司部下、そういう人たちに、素の自分を知ってもらったところで、なんの得もない。摩擦をおこす可能性が増えるだけだ。

私は、ふだんの記事でももちろんそうだけど、特に「それでいいのか日本人」のカテゴリーにある記事は、今の私が考えていること、信じていること、そうでなければと思っていることを書いている。(書いたあと考えが変わった場合はその記事を削除している)もし、これらの記事を、私のまわりにいる人が読んだらどうなるか。

極端な話、失職するかもしれないし、ある業者さんとは、間違いなく取引停止になる。

日常生活に及ぼす影響を考慮して匿名で書いていることを非難したい人はすればいい。顔で笑って心で舌打ちをしていることを卑怯と呼ぶなら呼べばいい。心の奥で考えていることをおおっぴらにすることで、いらぬ軋轢やトラブルを招くとわかっていて誰がそんなことするものか。社会で生きるということは、ある意味ビジネスなのだ。

誤解しないでもらいたいのだが、ずっと貝でいるというのではないのだ。そういう話をしていい相手、出来る相手と意見を交わせる機会には、私は嬉々として自ら思うところを述べさせてもらってる。


私はこのブログを周囲の誰にも教えていない。gonbe5515の顔を知っているのは、多部未華子さんの舞台をご一緒させていただいたときにお世話になった人たちだけだ。だからこそ私は安心して思うところを書ける。「こんなこと書いて大丈夫かな」といらぬ心配をする必要がない。

私はこのブログで自分の心を解放している。ふだん大きな声で叫びたいのに飲み込んでいる言葉をここでさらしている。そうすることで私は、明日も誰かの言葉に相づちを打ち、愛想笑いだってすることが出来るのだ。


gonbe5515




by starforestspring | 2018-11-07 13:22 | 雑感 | Comments(0)

西の空、落ちた葉。

今になって気づいた自分が恥ずかしいけれど、京都橘吹奏楽部のユニフォームは、わが山科中学バスケットボール部のユニフォームと同じ色だ。

・・・「ワシの同級生のいとこがな、高校のとき甲子園に出たことあんねん」と同じレベルの話だな。



神社の森や、公園を歩いていると、元気な木に紛れて、枯れてしまった木を見つけることがある。近づいてみるとその木は、樹皮がカサカサで剥がれかけていて、枝に触れると力をいれないうちに乾いた音を立てて折れてしまう。まだ葉をたくさんつけている同じ種類の木があるのに、その木は幹と枝だけが寒々しく空に向かって伸びている。

考えてみれば落葉というのは、木が冬を越しやがて来る春を待つための、生きる知恵なのだ。葉を落としてはいても死んではいない。死んだふりをするだけ、死んだように見えるだけ。

枯れ木は風にあおられるか、雪の重みでつぶれてしまうか、そうでなければ人の手によって、その体を折り、横たわることになる。間違いなくその日は来る。枯れ木に次の春はやってこない。

そんな木を見つけてしまったとき、私は目のやりばに困ってしまう。葉のついていない幹は、冷たい風の中で、ますます寒々しく見え、周囲に落ちている小枝を踏むと、私の足の下で“乾いた音”のサンプルとして提出したくなるような音を出してばらばらに砕ける。

何が言いたい。私にどうしろと。

西の空がオレンジ色を濃くしていく。落ちた葉がその色に染まっていく。冷たい風が首すじを通りすぎる。そんなところで向かい合う枯れ木と私。


もの思う秋、空にはオリオン。


gonbe5515

秋風に あへず散りぬる もみぢ葉の ゆくへさだめぬ 我ぞかなしき <よみ人しらず>
 



by starforestspring | 2018-11-06 13:30 | 雑感 | Comments(0)

秋深し隣はなにをする人ぞ

立山連峰が冠雪し、朝晩はコートなしではさぶいくらいの富山からこんばんは。今日はおひさまが当たってるところはぽかぽかと暖かいのだけど、日陰に入るとじんわり寒い。まさに秋そのものというような一日でした。

この秋、あいにく行楽とはまだ無縁です。無縁というより、興味が薄れてきたというのが正確かもしれません。あんまり、出掛ける気にならないのです。家にいて、DVDを見て、気が向いたら庭の草むしりとか、車の洗車ワックスとか、そういうふうに過ごす休日が、今の私にとっては一番ありがたい。若いころにいろいろ出掛けた反動かもしれません。

と言っても、行きたいところがないわけじゃない。命あるうちに一度は訪れてみたいところはあるのです。出雲大社、高千穂。江ノ電にも乗ってみたいし、ふるさと京都にだって行ったことがないところはたくさんあります。ゆずの名産地、水尾はなんとしてでも行ってみたい。

そういうところに実際行ってみると、やっぱり私は写真を撮るに違いありません。確かにここに来たぞという証拠というか、後日懐かしく思い出すためのよすがというか。そういう意味ではカメラで切り取った風景、一瞬というのは貴重です。

私はフィルムのころから、下手の横好きでカメラに親しんできていますので、どうしても最近の“とにかく撮る”“なんでもかんでも撮る” の風潮になじめないところがあります。子供を撮るにしても、鳥居を撮るにしても、人物を取るにしても、撮影者はいつも立ったままスマホをかざしボタンを押す。アングルも、フレームも、対象の後ろに映りこむものの選択もおかまいなしで、同じ姿勢で撮っている。

本人が気にしていないのですから、他人の私がとやかく言うことではないのです。ないのですが、ああいうふうに撮られた写真がどれほど大切にされるのかはなはだ疑問です。>それこそ大きなお世話なんですが

フィルムに残してきたものが、データとして残すものに変わったために、写真というものに対するアプローチがより敷居の低いものになったのでしょう。それゆえに誰にでも気軽に撮れるものになり、誰にでも楽しめるものになった。

それはわかるのです。わかるのですが。。。

そんなもの撮りますか?それ撮ってどうするんですか?また撮るんですか?さっきと同じじゃないですか?というシーンに出くわすと、イラっとしてしまう私です。



だから私は嫌われる。


gonbe5515



by starforestspring | 2018-11-03 18:56 | 雑感 | Comments(2)

身の置きどころ

次の休みに映画に行こうと思い、いつもの通りチケットをネットで買おうとパソコンを開いた。観たい映画のスケジュールを開き、座席を指定し、チケット種類を選択する。ニョーボと二人で行くときは夫婦のどちらかが50才以上であれば対象となる「夫婦50割引」を選択する。これだと一人1,100円で買えるのだ。

今回はニョーボの都合がつかず私一人なので割引は使えない。だもんで「一般」を選んだ。価格は1,800円。すぐに確定ボタンを押すつもりだったのだけど、座席位置をもう一度確かめたくなって画面を戻し、座席の位置を確かめたあと、またチケット種類を選ぶ画面になった。

確定ボタンを押そうとしたその時、私の目の端に「シニア」の文字が。慌ててマウスを動かし、その部分に視線を移す。そこには「シニア」という文字と“60才以上”という文字が。

b0137175_15291869.jpg

そういえば私、先月60才になったんだった。
おいおい、するってえとなにかい、おいら、「シニア」でチケットが買えるってことかい?1,100円だぜおい!

どうしましょう。私これからどこの映画館に行っても、どの曜日に行っても、どの時間に行っても、1,100円で映画を見ることが出来てしまうのです。子供がバスに乗ると、大人料金の半分でいいみたいなもん?

優遇というのか特権というのか、とにかく私は60才になったことで、割引してもらえる身分になった。「今まで長い間税金を納めてきてくれてありがとう。そのお礼と言っちゃあなんですが、割引料金で映画を観ていただいて結構です」「60年も生きてて、さぞご苦労もおありだったことでしょう。これからは映画を安く観られるようにしますから、のんびり(余生を)楽しんで下さいね」

なんかそんなふうに言われているようで、どんな反応をすればいいのやら。。。大人になるまでは、「大人ではない」ということで、子供料金。60才になってからは、「長いこと大人をやってきたから」ということで割引料金。

さて、これからどうする。

チケットのもぎりをしてもらうときに、「割引料金で入らせてもらいます。どーもスミマセン」と、平身低頭で通るべきなのか、「これくらいしてもらってもバチはあたらんじゃろ」と、堂々胸を張って通るべきか。

1,100円のチケットを確定させたあと、パソコンの画面を見ながらいろいろ考えたことでした。


gonbe5515



by starforestspring | 2018-10-23 15:37 | 雑感 | Comments(0)

買うか借りるか

最近ハリソン君が多部未華子さんご出演の作品の紹介をずっとして下さっている。私にとっても懐かしく、またうれしい記事の連続である。それに触発されて、また観ようかなという気分になってきている今日この頃。

レンタルで充分!っていう意見はもちろんあるだろうし、それを否定するつもりはないけれど、購入のメリットはとにかく観たいと思ったときに、すぐ観られる、これに尽きる。

いつその気にになるかわからない。「あ、観たいな」と思ったときに、レンタル屋さんに走ることは可能だけれど、もしかしたら棚に置いてないかもしれないし、置いてても全部借りられているかもしれない。

そんなことを考えると、やっぱり手元に置いとくのが一番安心で。でも計算すると、セルDVDの価格は、レンタル価格の10倍以上はするわけだ。さて、買ったDVDを10回以上観るかというと・・・微妙なところ。

でも、値段じゃないのですね。そこにある。その安心感にお金を払ってるというか。

本でもそうで。
宮部みゆきさんとか東野圭吾さんとか、太宰治さんとか藤沢周平さんとか。こういう方の作品は、ほぼすべて図書館においてある。借りればタダです。税金払ってる人は胸張って借りればいいのです。

がしかし、本屋さんで買ってきて、書棚に置いて背表紙を眺める。この時のムフフ感は、図書館のそれとはちょっと違うのですね。


「借りればいいじゃない、タダなんだから。」
その言葉はもっともだと思う。思うんだけど手元に置いときたい気持ちは、お金の問題じゃないんだよね。


まあ、なんというか、なかなかわかってもらいにくい問題ではあります。


gonbe5515



by starforestspring | 2018-10-19 21:35 | 雑感 | Comments(0)

Google ChromeCast ultra

b0137175_12324175.jpg

京都橘高校吹奏楽部のパレードと演技を、大きなテレビの画面で見たいがために買ったGoogle ChromeCast ultra。これを買ってから、Youtubeを見る時間が増えた。ふと思い出したタイトルを検索してみると、たいていのものが見つかるのがありがたい。(投稿者によって画質にあたりはずれがあるのがたまにキズ)

昨日は「ひょうきん懺悔室」を見てた。1980年代、あの頃の雰囲気が画面に溢れていた。とにかく出演者のみんなが楽しそうで、やたらに明るい。やってることが楽しくて、見てる人も楽しんでくれてるなら、これほど楽しいことはないよね。>なんちゅう日本語。

b0137175_12270433.jpg
『おれたちひょうきん族』が面白かったのは、出てくる人みんながただただバカだったから。ただのバカなら鼻で笑っておしまいだけど、彼らはただのバカじゃなかった。

芸人だから当然という意見ももちろんあるだろうけれど、それでもなかなかできないと思うのですね、ああいうマネは。しかも楽しそうにですから。そういう人たちをすごいと思ったし、尊敬すらしていたのだ。

現在において「お笑い怪獣」と呼ばれているさんまさんは、この頃に大勢の芸人さんたちから刺激を受け、揉まれたことで今の礎を作り上げたのではあるまいか。


いかにもなコント。やってる本人のテレがすけて見えるお笑いが私は大の苦手だ。見てるこっちが気恥ずかしくなってくる。笑わせてもらう側が、気を遣わなければならないなんて、それはどこか間違っているだろう。プロとして、芸人として、大まじめに観客に楽しんでもらおうとしている心意気に、私は笑えるのです。

そういう意味で、私をずっと笑わせ続けてくれていたとんねるずの「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が見られなくなってしまったことは、実に残念。

b0137175_12270586.jpg
動物の中で笑うのは人間だけだとか。笑うことがない人生なんて、本当につまらない。おおいに笑って笑い転げる。そしたらそのあと、少しはがんばれそうな力が湧いてくるってなもんだ。

「京都橘高校吹奏楽部」、「ひょうきん族」、「細かすぎて伝わらない」・・これらの動画を見るたんびに、こいつを買って良かった、そう思う。


まあ、なんというかその、ちょっとした商品紹介と、満足度のお知らせでした。Googleからいくらかもらってるのかって?そういうわけじゃありませんが、お申し出があったら、お断りはしないつもりです(キッパリ!)

gonbe5515






by starforestspring | 2018-10-14 12:42 | 雑感 | Comments(0)

入社試験最終面接遅刻

わたしは怒っていた。

13時に駅に着いてるはずが、今はもう14時。完全に遅刻だ。
土日休み。給与も今並は保証。こんな条件で迎えてくれるという会社の最終面接に、私は時間を1時間読み間違えてしまった。

なんでこんなことになったのか。

腹が立ってしょうがない。

自分の情けなさがくやしい、

しかし、今からでも遅くないかもしれない。あきらめたらそこでこの話は終わりだ。そう自分を勇気づけて、私は駅に向かうべく支度を始めた。

その時、ふと一枚の紙が目についた。1週間ほど前に届いていた『最終面接受験者のみなさまへ』という通知。そういえばまだ読んでなかったじゃないか!なんたることだ!


<自己申告のお願い>
下記に該当する方は、あらかじめ申告を。
過剰な医療費負担が必要になる場合があり、申告に虚偽があることが後日判明した場合、採用の取り消しまたは就業条件の変更などを通達する場合があります。


1.日常的に、下記のアプリで遊んでいる方。

・艦これ
・ぷよぷよ
・太鼓の達人
・キャンディクラッシュ
・2ちゃんねる

2.   (略)

3.   (略)


・・・この会社はなんかおかしい。駅に行く気持ちが急にしぼんでいった。遅刻して良かったのだとさえ思えてきた。今締めたネクタイをはずして、その文書をもう一度読んだら、なんだか笑えてきた。


・・・・そこで私は夢から覚めた。寝室のカーテンの隙間から差し込む朝の光が見えた。

今の仕事、もう少し頑張ろう。そう心でつぶやいて、布団をかぶり直して二度寝した。




gonbe5515





by starforestspring | 2018-10-13 15:17 | 雑感 | Comments(0)

お詫びと訂正

おはようございます。

昨日、

『透明なゆりかご』の第一回と第二回が、今日の深夜に再放送されるようです。(NHK AM1:40~・AM2:34~)この回を見逃してしまった方、録画をお勧めします。

とご紹介しておりましたが、これは誤りでした。
正確には本日、10月9日の深夜に放映です。

間違った情報をアップしてしまい、申し訳ありませんでした。


gonbe5515



by starforestspring | 2018-10-09 09:00 | 雑感 | Comments(0)

小ネタ集

風邪が治らないので手短にて失礼。


『透明なゆりかご』の第一回と第二回が、今日の深夜に再放送されるようです。(NHK AM1:40~・AM2:34~)この回を見逃してしまった方、録画をお勧めします。

b0137175_12082353.jpg

b0137175_12082258.jpg

そういえば今日、BSプレミアムで『隠し砦の三悪人』が放送される。R2D2、C3POの原型となったお二人はもちろん、三船敏郎さんが、馬上から敵をやっつけるスピード感溢れるシーンをご存じない方はぜひ。

王子ネピアの“鼻セレブ”はすごいなあ。鼻水が止まらないときはこれに限る。今日の新聞にも出ていたけれど、製紙会社各社は、鼻セレブのような高級ティッシュの開発、販売に注力してるのだとか。鼻をかむ機会の多い方は、各商品を比較していただき、ご自身に一番合ったものをお使いください。

最近、私の頭の中では「Down by the riverside」がループしている。京都橘がパレードの最初に演奏することが多い曲だ。私はこの曲がとても気に入っている。原曲が知りたくて調べてみたら、サッチモが出てきてびっくり。聞いてみてなおびっくり。全然ちがうじゃないか、すごいアレンジだなあと感心していたら、最近になってPPMも歌っていたことを知った。それを聞いて納得。なるほど、こっちを吹奏楽用にしたのねと。一日の最初に聴くと、元気が出ていい。

風邪をひく前、『ブラタモリ』箱根編を見た。箱根と言えば、私の人生における数少ない楽しみのひとつ、箱根駅伝の舞台である。箱根にはたしか2回言ってるはず。もちろん観光としていくのだからガイドブックに載ってるようなとこしか回ってない。箱根湯本に行ってみたくなったことと、林田さんがタモリさんと案内人さんとのやりとりに、少し反応し始めたこととが収穫。林田さん、素人発言でもいいから、もっと突っ込んでいいと思いますよ。


風邪はすこしずつ回復している模様。もう少ししたら、いつものペースになるかと思われます。


gonbe5515



by starforestspring | 2018-10-08 12:09 | 雑感 | Comments(0)

風邪を引いたので、一回休み。

みなさん、こんにちは。

俗に「バカは風邪をひかない」と申しますが、あんまりあてにならないようです。バカの選手権があったら、優勝はムリでもベストエイトくらいには間違いなく進める自信のある私が風邪をひきました。

3日くらい前から変だと思ってたんです。のどちんこ(口蓋垂)が垂れて舌の上に乗っかってるし、うがいをすると、そののどちんこまで口から飛びだそうとするし。

熱はありません。
そもそも私、大人になってから発熱した記憶がない。子供の頃は結構熱を出す子ではあったのですが。(そういうときだけ食べられるバナナが嬉しかった)


まあ、あんまり長く書く体力も気力もないのですがひとつだけ。
鼻水を止める「コルゲンコーワ鼻炎フィルム」を服用したあとの睡魔は半端ないですのでご注意を。昨日、職場で午後にこいつを一枚舌の上にのっけたのですが、それからずっと眠くて眠くて。

家に帰ってから、食事も摂らず、お酒も飲まず、すぐにベッドに入って朝まで爆睡したのは私です。(10時間寝た)まあ、途中、自分のセキの音で何度か目が覚めたのですが。


鼻炎シートに懲りた私は、本日コルゲンコーワ鼻炎カプセルを服用しております。そんなに眠くならないので助かってます。(仕事中に寝てしまったら、なにしろ大変)

ということで、書きたいことは山ほどあるのですが、本日はこれにて。寒暖の差が激しい今日この頃、皆様にはくれぐれもご自愛くださいませ。


それではまた。ごきげんよう。


gonbe5515





by starforestspring | 2018-10-07 12:25 | 雑感 | Comments(2)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

検索

最新のコメント

>kazematic-n..
by starforestspring at 16:53
角だらけの文章を書いてお..
by kazematic-night at 22:11
山国釣師さん、おはようご..
by starforestspring at 10:29
私は全く逆の考えかも知れ..
by 山国釣師 at 09:32
marrellaさん、お..
by starforestspring at 19:15
京都橘のパフォーマンスは..
by marrella at 18:38
山国釣師さん、おはようご..
by starforestspring at 11:11
リプありがとう御座います..
by 山国釣師 at 21:11

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

京都橘 オレンジの悪魔たち
お酒の話
サッカー
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ