カテゴリ:雑感( 1060 )

夏休み

b0137175_12171473.jpg

♪麦わら帽子はもう消えた
♪田んぼのカエルはもう消えた
♪それでも待ってる夏休み

今年の夏は梅雨明けが早く、そしてこの猛暑。“命に関わる”なんて言葉が、連日天気予報で連呼されている。

先日、ある人(55歳日本人男性)と話をしてて話題になったのがこの暑さ。地球温暖化だヒートアイランドだと、とおりいっぺんの言葉が出た後、ふと彼が言ったのが、「昔は暑さで人が死ぬなんてなかったのでは?」

♪姉さん先生 もういない
♪きれいな先生 もういない
♪それでも待ってる 夏休み

一人もいなかったということはないはず。でも、10人近くの方が毎日暑さが原因で亡くなるなんて、さすがになかったのではないか。

私が覚えている夏は、今やどこにも見つけられない。風鈴、氷柱、川遊び、プールのあとみんなで食べるスイカ、ステテコ姿のおじさんと、ビール瓶。

昔はよかったというのではない。スイッチひとつで冷たい風が吹き出してくる機械が各部屋にあることはありがたいし、桶に水をためなくても、蛇口をひねれば冷たいのから暖かいのまで自由に出てくる穴もありがたい。今の私は、そういう恩恵を体全部で享受させてもらいながら、この夏をすごさせてもらってる。

♪絵日記つけてた 夏休み
♪花火を買ってた 夏休み
♪指折り待ってた 夏休み

それでも、ときどきはあのころのことを思い出すのだ。あの頃の私たちは、暑さに立ち向かってた気がする。夏休みになると、始まる前の誓いはどこへやら、連日朝から友だちと一緒に川に出かけ山に登り。長じてからは、ボートをこぎ、かき氷を食べコーラをがぶ飲みし。さらに長じて、アロハを着てバイクにまたがり、浜辺で花火を振り回し、ビールを飲み汗をかきながら朝まで過ごした。

“命に関わる”暑さなのだ、それはわかっている。ただ、オッサンには、夏休みに入ったというのに、児童公園や空き地に、小学生の姿が一人も見えないことが少々寂しいのだ。

♪畑のトンボは どこ行った
♪あの時逃がして あげたのに
♪一人で待ってた 夏休み

子供は体温の調節が大人のようにはうまくいかない。そんなことで命を落とすなんて、親には空も自分自身も許せないだろう。とはいえ、夏の暑さに汗みずくになり、冬の寒さに身を縮め、春と秋の風におもいっきりからだを伸ばす。そういう経験の繰り返しも、暑さ寒さに耐えられる体を作るためには必要なのではなかろうか。


♪スイカを食べてた 夏休み
♪水まきしたっけ 夏休み
♪ひまわりゆうだち セミの声

子どもの声がしない夏休みは寂しい。

b0137175_12171108.jpg
子どもの声が聞けぬならせめて、一天にわかにかき曇り、バケツをひっくり返したような夕立を希望。


gonbe5515


#文中、引用させてもらった歌詞は、よしだたくろうさんの『夏休み』です#



by starforestspring | 2018-07-22 12:32 | 雑感 | Comments(0)

名古屋場所あれこれ。

本題に入る前に、年頃の娘を持つ父親として、涼ちゃんに言っとく。
「おまえ、失敬なヤツだな。とっとと帰れ!」


・石浦関のマッチョ。彼がサッカーをやれば、どんなふうになるのだろうと、妄想。

・朝乃山関の立ち合い、取り口、立ち居振る舞いは見ていて気持ちいい。

・竜電関は『96時間のヒーロー、リーアム・ニーソン に似てる。

・逸ノ城関に不思議な魅力を感じ始めてる今日この頃。あの仏頂面がたまらない。

・御嶽海関はなぜあれほどに応援が多いのか。地元でもないのに横断幕の多さは他を圧倒。応援が多すぎて、またその応援方法がこれまでの大相撲にはなかったやりかたなので、正直あまりいい気分ではない。ああいうのをやりたければサッカーの試合に行ってほしい。手拍子など言語道断。

・千代丸関のおなかの見事さ。あの丸さはすごい。また、中央部分に集まった顔のパーツが不思議に魅力的。笑うとかわいいですね。かわいいといわれて喜びはしないだろうけど。

・松鳳山関のコワモテも好き。無口で強い用心棒役が似合いそう。映画界からお声がかからないかしら。

・仕切りごとにピンク色に染まっていく栃ノ心関の肌のきれいなこと!

・十両に落ちた安美錦関、ここまでなかなかいい星のようです。録画してる時間帯では彼の取り組みは映らないのが残念。



大関栃ノ心今日から休場。今場所の楽しみが一気にしぼんでしまった。。。


gonbe5515





by starforestspring | 2018-07-14 18:09 | 雑感 | Comments(0)

食べ物、食べ方。

テレビでスパイスカレーを作っていた。スパイスカレーって、ふつうのカレーとはちがうのか?>昭和生まれのおっさんにはなかなかわかりにくい問題。

テレビでカレーを作っていた人は、鍋を使わず、フライパンを使っていた。ジャガイモや牛肉を使わず、トマトソースやよく知らないスパイスを使っていた。それがカレーだということは今の私には理解できるけれど、昔の私には無理だったろう。


私の知るカレーは、たぶん日本人がそれを食べるようになってからのカレーなのだと思う。私が食べていたカレーはシャバシャバで(それはたぶん我が家の経済状況と無縁ではなかったと思われる)なんと表現していいのかわからない色をしていて、なにが入っているのかもわからないものだった。

私は、ニョーボと一緒になってから、初めて世の“一般的な”食べ物を食べるようになったのだと思う。煮物にしろ、カレーにしろ、世間の多くの人はこういうものを食べているんだよと。ボンカレーやククレカレー、あの粉っぽい味がカレーだと思っていたけれど、実はそうではないんだよと。恥ずかしながら、ニョーボと結婚して初めて普段食べる食物っていうのはこういうものだと教えてもらった気がする。

ナスや白菜の漬物に醤油をかけるか味の素を振るか。七味は使うかつかわないか。コロッケにつかけるのはソースか醤油か。カレーに入れる肉は豚か牛かはたまた鶏か。

食べ物というのは、食べ方というのは、みんな正解でみんなはずれ。だからこそおもしろいし、だからこそメンドくさい。

カレーにウスターソース、かけます?カレーの添え物は福神漬けかラッキョウか、はたまた生卵?
この質問だけで、1時間や2時間、その場のみんなで語り合える。そんな気がする。


gonbe5515



by starforestspring | 2018-06-15 20:31 | 雑感 | Comments(0)

犬について考える。

朝5時にはすっかり明るくなっている今日この頃。暑くもなく寒くもなく、愛犬の散歩にはぴったりの季節。これからは雨対策が必要になるけれど、まあそんなもの、なんとでもなる。

地方都市の、さらに郊外に住んでるので、朝5時の散歩ルートで出会う人はほとんどいない。無駄に広い道路を走って行くのは、近くにある製造業の工場に、商品を納めに来たトラックか、積み込んでこれから都市部に向かうトラックくらい。360度見渡して、見えるのは空と、建物と道路、それから田んぼ。それだけ。そんな中を歩いていると、隕石の衝突を生き残ったのは、私と愛犬だけです・・・みたいな気分にならないこともない。

犬を部屋の中に入れ、一緒に暮らす人。いつも抱っこしていて、話しかける人。犬を膝に乗せながら車を運転してる人。申し訳ないけれど、私には犬とそういう付き合い方はできない。

犬は家畜である(と言ったら、家族に大ブーイングを浴びた)。飼い主と飼われる犬。主と従。家の中に入れたり、抱っこしたり、旅行に出掛けるときも連れていったりなど、考えられない。

犬は犬なのだ。人間ではないし、人間と同様に扱うわけにはいかない。雨の日にレインコートを着せて散歩したり、エアコンのきいた部屋で過ごさせることが、犬にとって幸せなことなのか。そんなことを考える。犬をロープにつなぎ、広くもない庭で飼っている私に偉そうなことは言えない。私にしたって、犬を犬として、暮らさせているわけではないのだし。

人と犬との付き合い方にいいのわるいのはないのだろう。よそ様にはよそ様のかわいがり方があり、家畜と言い切ってしまう私へのブーイングは、もしかしたらもっと大きいかもしれない。

それでも私の姿を見つけると、しっぽを振り、駆け寄ってこようとするわが愛犬の様子を見てると、こんな私でも嫌われてはいないんだと、安心する。と同時に、当然だろ?と胸を張り、まとわりつく愛犬に、ええい!寄ってくるんじゃない!と、軽くキックをかましてみたりもする。



gonbe5515



by starforestspring | 2018-06-11 17:12 | 雑感 | Comments(0)

大谷クンの離脱と『MLBハイライト』の今後


エンゼルスの大谷クンが故障者リスト入りしたそうだ。前半戦での投手としての出場はほぼ絶望とのこと。大丈夫だろうか。オールスターへの出場、そしてホームラン競争にも出るのでは?と噂されていただけに、残念でならない。もちろん一番悔しいのは本人にちがいないのだが。

好事魔多し。災い転じて福となす。七転び八起き。横綱稀勢の里のように、責任感と焦りとで見切り復帰をするのではなく、しっかり治してからの復帰を願う。そしてまた投打に暴れてほしい。MLBでプレーするのは今年だけではないのだろうから、焦ることはないのだ。

エンゼルスにとって、大谷の離脱は痛手だろう。NHKの「MLBハイライト」の制作スタッフにとっても同様ではないか。イチローはもうおらず、岩隈の復帰はいつになるかわからない。上原、青木は日本に帰ってしまったし、ダルビッシュと前田も故障。牧田は3Aに落ちた。田澤はタイガースとマイナー契約をし、再起を図ろうとしてるけれど、メジャー復帰はいつかわからない。田中と平野はコンスタントに頑張っているけれど、いかんせんこの二人は地味に過ぎる。・・等々、番組の目玉にもってこれる選手が不在なのが痛かろう。

でも正直なところを言わせてもらえば、毎回毎回エンゼルスの赤いユニフォームを見せられ、代打の一打席であっても大谷がニュースのトップというのは、正直飽きてきてたのだ。偏ってしまうのは仕方がないにしても、その偏り方が大きすぎたと思う。

MLB30チーム。NHKとしても、ひらたくまんべんなく・・を心がけてはくれてるのだろうが、オリオールズの露出があまりに少なすぎないか>個人の感想です。

投手はヘタレだけど、打つのは花火のようなあのチームは、昔の大洋ホエールズを彷彿とさせて、私にとってはなつかしい友人に会ったようなものなのだ。

大谷クンがいない間に、オリオールズにもっと光を!出来ればパイレーツも。>こっちは江口寿史さんの名作『すすめ!!パイレーツ』の影響。

ジェロニモや満太郎が好きだったなあ。あまり大きな声では言えないけれど(言ってもいけないけれど)マカッチェンにジャイアンツのユニフォームは似合わないと思っている。



gonbe5515





by starforestspring | 2018-06-10 20:32 | 雑感 | Comments(0)

オスとメス、その違いについて考える。

6月6日午前6時。
コーヒーを飲みながらその時刻に気づいたとき、ちょっと背筋が寒くなったのはあの映画のせいにちがいない。


一昨日の “名前をつけて保存” と “上書き保存” で同じような話で、「男はどうして結婚したあともほかの女性に目がいくのか」ということについて聞いた話がある。

曰く、

「オスは自分の子孫を出来るだけ多く残そうとする。メスは一番優れた遺伝子を持った子孫を残そうとする。だからオスはいろんなメスと関係を持とうとするし(名前をつけて保存)、メスはこれぞ!と思ったオスだけを大切にする(上書き保存)。」

オスの節操のなさを正当化するための都合のいい理屈という気もするし、これが一番!と思ったオスのあとに、もっといいのが現れたらメスはそっちに行ってしまうんじゃないのか?というツッコミもありそうだし。

相手に納得していただけるか否かは別にして、上記のセリフを女性に披露するのは、それ相応の覚悟をなさってからにしたほうがよさそうです。


でもまあ、私も男(オス)ですから、いろんな女性に目がいきます。それはもうはっきり認めます。認めますが、一応自分なりのルールは持っているのです。それがなにかと、ここで言うつもりはありませんけど、そいつを頑なに守ることが自分に対するブレーキになってきました。

みんながそれぞれのブレーキを持っているからこそ、社会生活は成り立つわけで。ただ、そのブレーキの種類や強さが違うために、他の多くの人から眉をひそめられる人が、時々登場してしまう。残念なことです。

オスだからこう、メスだからこう・・・というひとからげなモノサシを振り回すのは慎重であるべきです。ですから一昨日と今日の私の記事も話百分の一くらいで聞いておいてください。

なんだかよくわからない話ですみません。


gonbe5515





by starforestspring | 2018-06-06 12:46 | 雑感 | Comments(0)

6月5日午前4時。

b0137175_13463429.jpg
世紀の名作『風雲児たち』を読んでて初めて知ったことのひとつに、高山彦九郎さんは、おばあさまが亡くなられたあと(おばあさまは彦九郎さんに、百姓仕事ではなく、好きな学問をさせてくれたらしい)その死を悼んで三年間の喪に服したのだそうだ。その間外出をせず、外部との接触を断って家にこもり、おばあさまの墓(位牌?)に手を合わせつづけたのだとか。

おばあさまも、お喜びになったことでしょう。

今日は父の命日。毎年お盆には帰って墓に花を供えるけれど、それ以外に行くことはほとんどない。我がことながら実に申し訳ないことである。父は、息子の情の薄さにあきれかえり、愚痴をこぼしながら、今日も焼酎を飲んだくれてるような気がする。そういう息子を持ったことを身の不幸とあきらめていただき、なんとかお目こぼしいただくわけにはいかないだろうか。

いかないだろうなあ。。。

あと何年先になるかわからないけれど、そっちに行ったときには、長年の不孝をお詫び申し上げるので、それまでもうしばらくお待ちいただきたい。手土産としてお酒を持っていこうと思うけど、私はあなたの好きな焼酎が飲めない。たしかあなたも私の好きなウイスキーを飲めなかったはず。

ということで、中間をとって日本酒にしましょう。「妙高山」なんかどうです?ニョーボと娘たちに、私の棺の中に日本酒を忘れずにいれておくようにきつく言っておきます。そういうわけですので、なんとか気を鎮めていただいて・・・。


ホントニもう・・、ドーモ、すみません。>こんなふうに言うから叱られる・・・。


gonbe5515


by starforestspring | 2018-06-05 13:54 | 雑感 | Comments(0)

金木犀について考える

「親はなくても子は育つ」
これが親に向けて言ったことならどうってことないが、幼い子供にむけてのそれなら、「ちょっと待てこら!」と、小一時間問い詰めてみたくなる。

親のない子になりたいと、願った結果ではないのだ。なにを無責任なことを言ってる


庭の金木犀の剪定をやった。
ふくらみすぎ、高くなりすぎのこの金木犀、父が京都から持ってたときは、大丈夫か?と思うほど小さかった。土が合ったのか、持ち前の根性なのか、すくすくと成長し、気がつけば電線まであと一息のところまで。特に手入れもせず、肥料もやらずにいたのにここまで大きくなるなんて。

いや、ホントに、君、すごいわ。

人間は乳母日傘から放り出され、社会の荒波にもまれることで成長していく。君は一人でここまで大きくなったんだ。それなら、剪定という荒波をくぐることで、さらに大きくなれることだろう!がんばりたまえ。そんな大人な気持ちで、ハサミを振るった私です。>誇張あり

数ある樹木の中で、金木犀は広く知られ、かつ愛されている木だろう。風にのって香りが飛んできたとき、多くの人が首を回して香りの出どころを探すはず。オレンジ色の小さな粒のような花をたくさんつけて、甘い香りを送ってくれる金木犀。wikiで調べてみると、昔はくみ取り式トイレの近くにたくさん植えられていたそうだ。なので、年配の方の中には、この香りをかぐと、トイレを連想する人がおられるのだとか。

そんなの知らなかった。勉強になるなあ。おもしろいなあ。



ほったらかされたままなのに、毎年花をつけ、幹を太くし、強く根を張り、空を目指して大きくなった。この金木犀をみてると、飽きることがない。

こんなこと言うのもなんだけど・・・。

「よく頑張った。えらい、君は。」


gonbe5515




by starforestspring | 2018-05-30 13:15 | 雑感 | Comments(0)

千秋楽を前にして考える。

目先の勝利にこだわってはいけない。
未来に向けた、長期的視野にたった中での、今日と明日。

サッカー日本代表の監督人事について、先日こんなことを書いた。同じことを今、西前頭十二枚目朝乃山に対して感じてる。

十日目に安美錦に敗れてから昨日まで、一勝四敗。九日目までの六勝三敗からあれよあれよという間に七勝七敗の相星になってしまつた。安美錦戦で右手を痛めたとかで、もちろんその影響もあるのだろう。

この地位で勝ち越すと、前頭中位まで番付が上がる。すると三役との対戦も組まれるようになる。負け越すとまた幕尻近くまで落ち、三役との対戦など叶わない。

だからと言って朝乃山よ、今日の相撲は、いつもどおり、しっかり当たって前に出て、上手を取って圧力をかける相撲をとってほしい。目先の一勝に目がくらんで、立ち会い変わったり、引いて勝ったりしてはいけない。自分の型を貫いて、それで負けるなら力不足ということ。また下で頑張って、強くなって戻ってくればいい。くれぐれも頼む。前に出て、しっかり相撲を取ってくれ。


昨日安美錦が勝った。いつもの勝ち方ではなく、“前に出て” 勝った。そのときの館内のどよめきって言ったら!渾身の相撲。その言葉にふさわしい勝ち方だった。小泉純一郎さんではないけれど、「よく頑張った。感動した!」

これから昇ってゆく朝乃山。自らの戦い方で現役を貫く安美錦。若者と老兵。過去と未来。

好きなところも嫌いなところもひっくるめて、相撲は面白い。丸い土俵の上、足の裏以外のところが土に触れたら負け。ルールはいたって簡単なのに、どうしてこんなに深いんだろう。

縮図。・・・なんの縮図よ?と問われても一言では説明出来ないのだが、この言葉が一番ふさわしいような気がするのだ。

相撲は縮図。



gonbe5515






by starforestspring | 2018-05-27 17:31 | 雑感 | Comments(0)

気づき

自宅の給湯器が壊れてしまった。今、我が家ではお湯が出ない。朝のひげそりには、ポットで湧かしたお湯を洗面台に流し込んで使っている。こういう不便さは、子どもの頃以来。

ひげそりなんてのどうにでもなるのだが、お風呂はどうにもならない。ポットで湧かしたお湯を風呂場に持っていっても、満タンになるまでどれだけ時間がかかるか!

ということで、家族4人、戦闘開始!・・・もとい銭湯開始。
近辺にあるスーパー銭湯を順番に回っている。私は決めてるところがあるので、そこしか行かないが、女3人は、今日はどこにしよう、明日はどこにしよう・・と、結構楽しそうにしている。私が不思議なのは、クルマで30分以上かかるところにどうして出かける気になるかということだが・・・まあ、それはいい。

私のお気に入りは、クルマで5分ほどのところの神通峡というところにある銭湯。ここは、市が補助金を出して経営しているところらしい。(客が来ないので、整理の対象になっているとかいないとか)ちゃんとした温泉が出てて、湯上がりには肌がすべすべ。おっさんの肌がすべすべになってそれがどうしたという気はするにせよ、きもちいいのは間違いない。

色々調べた結果、給湯器の故障は修理でどうこうなるものではないようで、新しいものに取替えることになった。この機会にエコな給湯器にしようじゃないかということに決定。出費はかさむが、長期的にみればこちらがお得らしい。

それにしても。

お湯が出ない。ただそれだけのことで、“いつもの”暮らしが乱されることに改めて驚いている。ひげそり、食器洗い、シャワー、朝シャン、お風呂。便利に慣れて、日々の感謝が薄れてしまった人間には、こういう故障はとてもいい気づきになる。

出費は授業料。手間は、昔々を思い出す復習。ここしばらく、いい時間を過ごしてる。そう思いたい。


gonbe5515





by starforestspring | 2018-05-26 18:32 | 雑感 | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

ハリソン君、おはようござ..
by starforestspring at 08:55
観られたんですね。良かっ..
by ハリソン君 at 00:20
ハリソン君、ありがとうご..
by starforestspring at 12:25
向田邦子さん、読み物はま..
by ハリソン君 at 23:18
sanaseさん、おはよ..
by starforestspring at 09:03
鈴愛の気持ちはよくわかる..
by sanase2013 at 20:25
ハリソン君、おはようござ..
by starforestspring at 07:54
たしかに『半分、青い』は..
by ハリソン君 at 23:25

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
サッカー
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ