2018年 06月 18日 ( 1 )

喫茶店について考える。 その2『きのした』

高校生の頃、私は一人で河原町に出掛けることが多かった。京阪の三条か四条の駅で降り、河原町や寺町をなんとなくぶらぶらする。時々岡崎や御所、二条城へ出かけ、これまたなにをするということもなくぶらぶら歩く。不思議にそういうのが楽しかったのだ。

ある日、人の波にちょっと疲れて、歩道の端の立て看板の陰で立ち止まった。前を足早に通り過ぎていく人たちを眺めるともなく眺めていると、視界の端に『コーヒー150円』という貼り紙が入ってきた。

当時、繁華街で飲むコーヒー1杯は200円から300円の間だったような気がする。その中で150円は破格の安さである。驚いて貼り紙に近づくと、それはずっと奥に続く暗い路地の入口の壁に貼ってあり・・・。

という記事の冒頭で、そのときのことをこう書いている。

ーーーーーー
人ひとりがやっと通れるくらいの路地の入り口に、
“コーヒー150円”という貼り紙が貼られている。
が、そこから見えるのは暗い路地だけで、
その奥にある(はずの)店は見えない。
ーーーーーー

これが『きのした』との出会いだった。

この店ほど通った店はない。そして私は、この店を誰にも教えなかった。この店は私の隠れ家、秘密の場所にしておきたかったからだ。これはどうやら他の人たちにとっても同様の認識だったらしく、この店にいた客のほとんどがおひとりさまだったような気がする。

b0137175_14272892.jpg

一人でコーヒーを飲んでると、ママと客との会話が小さく聞こえてくる。ママは、初めてとおぼしき客にコーヒーを出すとき、必ず「まずはブラックで召し上がってみて下さい」と言っていた。ママは当時40代だったろうか。30代には見えなかったけれど、もしかしたらもっと若かったのたかもしれない。(高校生には年上の女性のトシを推測するなんて芸当はできない)

店の隅には、ノートとボールペンが無造作に置かれていた。ノートに綴られたつぶやきや夢や叫びを読むのは楽しかったし、時には自分でも書き込んだ。なにを書いたのかは覚えていない。なにを読んだのかも覚えていない。けれど、『飢餓海峡』と大きく太く書かれた文字を見た時の強烈な印象だけは忘れられない。

店内のそこここに、コーヒー豆が入っていたであろう樽が置いてあった。椅子の代わりにしたり、足置きにしたり、不思議に使い勝手がよかったものだ。その樽に座り、持ってきた文庫本を開く。ふと顔を上げて流れている音楽に耳をすます。

そんな時間を過ごしたあと、暗くて狭い路地を戻って、大通りに出ると、そこには路地の奥では聞こえなかった喧噪があたりまえにある。暗い路地から出て、まぶしい日差しに目を細めるたびに、土の下から地上に芽を出した双葉になったような、そんな気がした。空を目指して伸びていく実感があった。


この店に入り、そして出ることを繰り返すうちに、私は大人に近づけたような気がする。



gonbe5515




by starforestspring | 2018-06-18 14:28 | 思い出 | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

ハリソン君、おはようござ..
by starforestspring at 08:55
観られたんですね。良かっ..
by ハリソン君 at 00:20
ハリソン君、ありがとうご..
by starforestspring at 12:25
向田邦子さん、読み物はま..
by ハリソン君 at 23:18
sanaseさん、おはよ..
by starforestspring at 09:03
鈴愛の気持ちはよくわかる..
by sanase2013 at 20:25
ハリソン君、おはようござ..
by starforestspring at 07:54
たしかに『半分、青い』は..
by ハリソン君 at 23:25

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
サッカー
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ