2012年 06月 13日 ( 1 )

西桐生駅

b0137175_1359035.jpg

「また明日ね!」
明るい笑顔で手を振る魚子。
返事を返せず、目線を下げてしまう葵。

そのシーンの舞台、「西桐生駅」は、こじんまりとした可愛い駅でした。
待合場所もそれほど広くなく。
客待ちでしょうか?駅の前には、タクシーが停っていました。
運転手さんらしき人が車から降りて誰かと喋ってたんですが、私たちが駅に入りそして出て行くまでずっと、そのままでしたね。
・・・大丈夫なんでしょうか?


『対岸の彼女』を見直しました。
『サロメ』の舞台で間近に見た多部未華子さんと比べれば、それはもう幼いというかなんというか。スッピンですからもちろんですが、本当に子ども子どもした顔です。
そんな顔だちをした少女が、普通に、自然に高校生を演じている。
が、その一見自然な演技の中に見せるほんの小さな動き、視線の移動、表情の変化。
それらから、見る者は外面からは伺い知れない彼女の内面にあるものをいつのまにか感じ取ってしまいます。

魚子の内にあるもの。
それを知らなければ、彼女の行動、彼女の言葉、彼女の表情の元になるものは見えてこないでしょう。

「あんなとこに私の大切なものはないんだもん」

この言葉は決して強がりなんかではない。
いや、それは多少あるかもしれないけれど、それよりも彼女自身が長い時間をかけて彼女自身の手でつかみとった言葉、境地だろうと思います。だからこそ周りがどうであれ、魚子自身はすっくと立っていることが出来た。

しかし・・

彼女が高校生ではなかったら、もしかしたら強いままでいられたかもしれない。駅のベンチで「帰りたくない」と涙を流すことなどなかったかもしれない。

抜け出したい願望と、抜け出せない現実と。


「また明日ね!」
b0137175_13585715.jpg


魚子が笑顔で手を振ったその駅のホームに立ちながら私は、『対岸の彼女』の思い出せるだけのシーンを、頭の中でリプレイしていました。

gonbe5515

私は普段から「正しい日本語」を使うことを心がけておりまして、本来であればこういう正しくない“あて字”を表現の一手段として使用することを避けているのですが、今回に限り自分自身に許可することにします。

あの場所は本当に

『撮っておき!の場所』
b0137175_13585520.jpg

                                                                            でした。


下のほうに並んでるふたつのボルト、右側はあのシーンのとき、多部未華子さんのスカートの下に潜り込んでたヤツです。
こいつが日本語を喋れれば、いろんなことを聞いてみたいところです。


b0137175_13585231.jpg

by starforestspring | 2012-06-13 14:14 | サロメ計画『サロメ』 | Comments(7)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

本当に涼ちゃんは困ったち..
by starforestspring at 09:03
リョウちゃんはとんでもな..
by ハリソン君 at 20:56
>sanaseさん お..
by starforestspring at 14:09
ニュースになるほど京都は..
by sanase2013 at 20:30
ハリソン君、おはようござ..
by starforestspring at 08:55
観られたんですね。良かっ..
by ハリソン君 at 00:20
ハリソン君、ありがとうご..
by starforestspring at 12:25
向田邦子さん、読み物はま..
by ハリソン君 at 23:18

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
サッカー
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ