再会

高石ともやとザ・ナタ-シャセブンが、
長い年月を経て、円山音楽堂で“再会”し、
演奏を共にした時、最後に歌った曲。

♪苦しいことや楽しいこともあったでしょ
♪「生きてて良かった」と、一言だけ聞かせてね。
♪お元気でしたか?十年目の再会
♪踊り明かすなら懐かしいこの歌で

高校生のころ、雨に打たれながら円山音楽堂で彼らの曲を聴いた。
娘たちが生まれて、子守歌に歌ったのは彼らの歌だった。

伝説の地、岐阜椛の湖で三人の姿を見たのが最後になった。
2003年、省悟さんがこの世を去る。
がんだった。
そして翌年、じゅんじさんの、あの忌まわしい事件・・・。

悲しい結末を迎えてしまったナタ-シャセブン。
笑顔でステ-ジを共にした“仲間”を失ってしまったともやさん。
いまどんな気持ちなのだろう?

この曲を昨夜久しぶりに聴いた。
そんなこんなを思い描いていると涙が
・・・・・ポトッ。

   gonbe
# by starforestspring | 2008-05-09 21:52 | 音楽 | Comments(0)

映画というもの

NHKBS2で放映中の黒澤明特集。
帰宅が遅くなるので、リアルタイムでは観られない。
毎朝録画予約をして、出かけている。

コッポラやル−カスとの対談も興味深かったが、
淀川長治さんが、黒澤監督について語る映像には、驚いた。
あんなのがあったんだ。。

亡くなる2ヶ月前の撮影だったとのこと。
痩せておられたし、言葉も若干不明瞭なところがあった。
#同じ言葉を三回繰り返すところは健在だった#

我が家には、黒澤監督と、淀川長治さんの著作が結構ある。
それ以外にも、映画に関わる本は、多い方だと思う。
それらを読んでいると、彼らが心血を注いだ“映画という芸術”が、
いかに奥深いものなのかということを知ることが出来る。

巷間様々な種類の“映画”が氾濫している。
人によって楽しみ方はそれぞれなので、
どんな映画を観ようと他人がとやかく言うことではない。

何も言わない。
だから、何も言わないでほしい。
黒澤監督やチャップリンやカラックスの作る映画が好きなだけ。

幸せなんだ、観てると。

   gonbe
# by starforestspring | 2008-05-08 21:37 | 映画・ドラマ | Comments(0)

わかれみち

さだまさしの曲『主人公』に、こんなフレーズがある。
♪時をさかのぼるチケットがあれば、欲しくなる時がある。
♪あそこのわかれみちで、選び直せるならって。

たしかに「あそこでもういっぺん!」というシーンが、ある。
ひとつは大阪駅での友人の提案に対する答え。
ひとつは、進路相談での、恩師の提案に対する答え。

もし、あのとき出した答えと反対を選んでいたら、
今どうなっていただろう?

比較なんか出来ないし、それ自体意味もないのはわかっている。
ただ間違いないのは、
今の職業にはついていないだろうし、
今の土地にも住んでいないはず。
そして、今の家族とも暮らしてはいない。

『主人公』は続けている。
♪もちろん今の私を悲しむつもりはない。
♪確かに自分で選んだ以上、精一杯生きる。

今は素敵な家族に囲まれて、幸せな生活を送っている。
なにより、自分で選んだことなのだから、後悔もしていない。
とはいえ、
何かの拍子に、あのふたつのシーンに我が身をワープさせてしまう、
そんな自分が、確かに、ここにいる。

わかれみち。
それは、通り過ぎてから、気がつくもの。

   gonbe

主人公  YouTube
# by starforestspring | 2008-05-07 08:21 | 雑感 | Comments(0)

マミヤプレスS ふたたび

明日は久しぶりの休日。
天気予報は、一日中晴天。

ようやく、マミヤプレスSを持って、出かけられそうだ。
前回、6回シャッタ−を押したはずなのに、写っていたのは2枚。
なぜか?
なんと、フィルムの装填の仕方が違っていたんだそうな。

フィルムを入れて、巻き込んで、
ある一定のところまでは“フタをあけたまま”フィルムを巻き込む。
そうすると、“START→”という文字が現れるので、フタはそこで閉めなさい・・・。
それからまた、ひたすら巻きなさい。。

ブロ−ニ−というタイプのフィルムは、
これがあたりまえなのだそうだが、
今、巷で使われているフィルムはほとんど35mm。
ほとんど手をわずらわせず、勝手に巻き込まれていくもんなあ。
現代のカメラは、本当になんでもかんでも“自動”でやってくれているわけだ。

全部機械がやってくれる分、
人間の創造力とか、工夫とかで使う脳の力が落ちて、しまいに・・・・
・・いやいや、そういうことを考えるのはよそう。

でも、

東海道を歩いて伊勢参りをした、弥次さん喜多さん、
車を見たら・・・びっくりするだろうなあ。
燃える思いを三十一文字(みそひともじ)にたくし、
文(ふみ)のやり取りをした平安の貴族たちや、
巻紙でしたためられた手紙をかついで、ひたすら走った飛脚さんたちが、
ケ−タイを見たら・・・びっくりするだろうなあ。

こういう楽しいカメラを遺してくれた亡き父に感謝しつつ、
明日、朝早くから三脚とカメラとを車に積んで、出かけるつもり。
さて、どうなりますやら。
乞うご期待。

   gonbe
# by starforestspring | 2008-05-06 19:50 | 雑感 | Comments(0)

銀の笛

“花嫁の父”は、娘の披露宴で演奏するために、
60歳を越えてからフルートの猛練習を始めた人だった。
当日演奏した曲は「アヴェマリア」と「白鳥」。
ところどころ音を外しながらも、最後まで演奏した父上は、
少し微笑み、そしてさっそうと席に戻っていった。

「○○をやりたいんですが、なかなか時間がなくて」
「○○を始めたいと思ってはいるんですが」
というセリフをよく耳にする。

そういうセリフを言っている間は、
結局、本気モードになってはいないのだ。

言うは易し、行うは難し。

先の話の“花嫁”は、
その演奏の間中、ずっと父上を見つめ続け、
演奏終了後、涙で顔をくしゃくしゃにしながら、
誰よりも大きな拍手を“父”に向けて送っていた。


   gonbe
# by starforestspring | 2008-05-05 02:58 | 雑感 | Comments(2)

録画予約は完璧。

昨夜、「椿三十郎」が放映された。
「あばよ!」
あんなにかっこよく、このセリフが決まるのはやはり三船敏郎さんしかいない。
>織田裕二クンも同じセリフを言ったはずなんだが、どうだったんだろう?

今日明日は作品ではなく、ドキュメンタリ−が放映される。
正直言って、こちらのほうが、より楽しみ。
黒澤監督のインタビュ−を集めたDVDを持ってはいるが、
それ以外でのいろんな監督の言葉、撮影時の様子が放映されるらしい。

以前、影武者を撮ってるときの監督に密着して作られたドキュメンタリ−を観たことがある。
黒澤監督は後年、この番組を観て、
「ぼくはあんなにしょっちゅうしょっちゅう怒っちゃいないよ」
と、少し憤慨していたらしい。

同じものが放映されるのか、または別のものなのか、
どちらにしろ、作品が出来るまでの裏舞台、
今風に言えば、“メイキング”を観られるというのは、ほんとうに楽しみ。

   gonbe
# by starforestspring | 2008-05-04 08:24 | 雑感 | Comments(0)

試食

観光地とかに行くと、
名産品を売ってる店には必ず“試食品”が入ったお皿が置いてある。
男女を問わず、みんなつまようじとかを使って、もぐもぐやってる。

なぜだか、それが出来ない。
絶対、出来ない。

衛生面に問題があるとか、恥ずかしいとかが理由ではない。
たぶん、
「味見して、美味いか不味いか確かめてからでないと買えないの?」
買って不味けりゃ、自分を恨めばすむ話。
覚悟を決めて、とっととレジに持ってけよ〜!」

・・・ということなのだろう、と自己分析。



デパ−トやス−パ−で試食があって、横に販売員の方がおられたら、近づかない。
「どう?」
「あ、おいしいです」
「でしょ〜!」
という予定調和のやりとりが耐えられない。

平気でぱくぱく試食をしていく嫁曰く、
「考えすぎ」


愛媛県松山市に住んでいたとき、
市場でミカンを売ってて、その前に皮をむいたミカンが置いてあった。

市場のおじさんが、「甘いよ甘いよう!」と、
道行く人々に声を掛けながら、
「にいちゃん、ひとつどうじゃ?」といきなり目の前にミカンを突き出してきた。

逃げるタイミングを失したので、
「これ甘いの?」と聞くと、
「おおう!もちろんじゃ、食ってみい」

ひとつ食べたあと、
「いりません」と答えたら、そのおじさん、
「甘かろうが〜?ん〜っ?」
「すっぱいミカンが好きなんです」>これホント
「・・・・・」

「よく殴られなかったね」妻が笑いながら言った。

   gonbe
# by starforestspring | 2008-05-02 21:34 | 雑感 | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

昭和を知る愛煙家には、今..
by starforestspring at 10:33
私がタバコを常用し始めた..
by marrella at 21:01
marrellaさん、こ..
by starforestspring at 20:13
糖尿病予備軍ですか。私は..
by marrella at 17:02
長文のご返信ありがとうご..
by marrella at 21:31
3本の記事を興味深く読ま..
by marrella at 21:27
趣味:ドライブ 昔の若..
by starforestspring at 19:51
”箱スカ”、懐かしいです..
by marrella at 14:00

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ