『ポテチ』

b0137175_16525507.jpg
濱田岳くん。
なかなか味わいのある俳優さんで私は好きなのだが、彼が出演する映画で、またひとついい作品を見つけた。

『ポテチ』
原作は伊坂幸太郎さん。監督は中村義洋さん。映画『フィッシュストーリー』と同じコンビ。

小説を原作として映画になった作品があると、「原作のほうがおもしろかった」「映画の主人公は、原作のイメージと違う」などという、原作と映画との比較論議がよく出てくるのだが、私は実に不毛な行為だと思っている。

そもそも小説は文字、映画は映像と、表現方法が違うのだから、二つを同じまな板の上に並べること自体おかしい。小説は小説としておもしろいかどうか、映画は映画としておもしろいかどうか、それだけの話でいいではないか。


で、この映画(DVD)は一昨日観た。
68分という、映画にしては驚くほど短い。あっという間に終わる。ご出演は濱田岳くん、木村文乃さん、大森南朋さんなど。なんというか、とてもユルい映画で。濱田くん演ずる今村クン、大森クン演ずる黒澤さん、いずれもしゃべり方に抑揚が少なく、しかものんびりしてるもんだから、聞いてるとぬるめのお風呂に入ってる気分。

b0137175_16525449.jpg

大きなしかけがあるわけでもなく、派手なアクションシーンがあるわけでもない。ただ淡々と進む物語の中に、ちょっとした伏線があり、小さな偶然によって巻き起こされる不思議な事件があり・・・。

うまく出来たお話だと思います。3時間も4時間もある長編を、じっくり鑑賞するのもいいですけれど、こういう“短編”で、なるほど・・とうなずいてみるのも悪くはありません。とにかく大げさな話ではないので、お気楽に。チョイ役で松岡茉優さんがご出演だったのですが、最初のご登場シーンですぐに彼女だと気づかなかった私を、誰も責めはしないと思う。

唯一ツッコミを入れるとしたら、球場での試合の様子。あれでプロ野球の試合というのはあまりにショボすぎでしょう。いくら地方球団と言っても。。
b0137175_16525409.jpg
映画観終わってから、Amazonとかのレビューを読んでたら、通行人役で竹内結子さんが出てたらしい。こいつを見逃してしまったので、もう一度借りて確認しようかと、思案中。


なお、小説は映画を観た翌日(つまり昨日)、会社の近くの図書館に走って借りてきて、家に帰ってから一気読み。(映画と同様、短編ですから)こちらもおもしろかったです。私は映画を観てから小説を読みましたのでそれほどだったのですが、映画を観る前に小説を読む人は、話の冒頭でコロッとだまされてしまい、「なんだよ、そういうことかよ!」と、だまされたことに笑ってしまうでしょう。

b0137175_16525496.jpg

短編を書くのは、長編を書くのと同じくらいむずかしいものだそうです。おつかれさまでした、伊坂選手。映画も、小説も観てよかった、読んでよかったと思える作品でありました。



♪手ひらけばそこに 五本の指があり
♪ふりかえればそこに まっすぐに影ふたつ
♪一年たち二年たち かわらずもろもろの上に

   中山ラビ 「祈り」 より抜粋



・・・・And that's the way it is.


gonbe5515


# by starforestspring | 2017-11-11 16:54 | 映画・ドラマ | Comments(0)

松木節の憂鬱

今日、日本とブラジルのサッカー親善試合がフランスで行われる。
が、残念ながら、放映は朝日放送。「もしかして今回は違うかも・・」と、かすかに期待して番組表の解説者の名前を探した。おあいにくさまというか、やっぱりというか、松木安太郎氏の名前だった。

これで今夜は、音声なしで観戦することに決定。

サンケイスポーツのネット版に「ハリルニッポンなめられた!ブラジル“1.5軍”でイングランド戦の練習扱い」という見出しが出ていたけれど、この見出しを書いた人も松木病感染を疑ったほうがいい。相手チームとの戦力比較で出場選手を選ぶというのは、当然のこと。ワールドカップでもない、ユーロでもないただの“親善試合”なのだから。力こぶいれてどうするんですか?>見出し書いた記者さん

胸に手を当ててよく考えてみるがいい。日本はこれまで、ブラジルから“なめられない”だけの実績を残してきたのかどうかを。ワールドカップは16強どまり。対ブラジル戦、フル代表では一度も勝ってない。特にここ5年間での3試合で、日本はブラジル相手に1点もとれておらず、逆に失点は11点。これで“なめずに” “対等に” などを望むのは虫がよすぎます。人間、謙虚な気持ちは大切にしたいものです。

このへんのことも全部知ってるはずなのに、「大丈夫、勝てます」「なにがおこるかわかりませんよ」「ブラジルを驚かせてほしいですね」などと、砂糖にメープルシロップをかけたようなことを言うから、私は松木さんの解説を聞きたくないのだ。

自分の国のチームに肩入れしたい気持ちはよおくわかる。わかるけれども、聞いてるほうが「キャッ!」と言って逃げ出したくなる提灯解説はつくづくやめてほしい。だいたい、“解説”しに来てる人が、ファンと同じ目線で試合を見て、想像、願望、妄想を言葉にしてしまってどうすんの?


キックオフは21:00です。
雑音に惑わされないようにして、サッカー観戦を楽しむつもりです。


では最後に最近お気に入りになってきた、素敵な歌詞のご紹介を。

♪みんながもっと白くなれば
♪心の中まで真っ白になれば
♪もうすく春がやってきます

   加川良 「もうすぐ春が」 より抜粋


♪君は君のことが 好きでありますように
♪僕は僕のことが 好きでありますように

   加川良 「流行歌」 より抜粋


♪あああ~あああああ~ああ 
♪あああ~あああああ~

   さだまさし 「北の国から」 より抜粋



・・・・And that's the way it is.

gonbe5515


# by starforestspring | 2017-11-10 16:54 | 雑感 | Comments(0)

言葉あれこれ 2

私が自分の文章を見直す時、いつも心にとめているのは、敬愛する太宰治先生の「文章の中の、ここの箇所は切り捨てた方がよいものか、それとも、このままの方がよいものか、途方にくれた場合には、必ずその箇所を切り捨てなければいけない」という言葉だ。

昨日の記事は、最初に書いたものからほぼ1/3が削られたものだ。削る前と削ったあととを比べると、確かに削ったあとのほうが読みやすくなっている。じゃああの1/3はなんだったんだと言いたくなるけれど、削ったあとのほうがわかりやすい文章になってるところが笑える。>gonbe比>

ところで、最近の中学高校で、短歌の授業ってのはどのくらいのコマ数があるのだろう?短歌を勉強・・・というか、短歌に親しむことで、言葉を連ねていくことの楽しさに触れられるのではないかと思うのだけど。英語の授業とかも大切かもしれないけれど、古典の時間を増やすことも是非ご検討いただきたいものです。>文部科学省さま


昨日はユーミンの「雪便り」から感動した部分を紹介させてもらったけれど、今日は中島みゆきさんと吉田拓郎さんの数ある素晴らしい歌詞の中から、今思い出したものを。


♪あえなく私が 波に砕ける日には
♪どこかでおまえの舟がかすかに軋むだろう
♪それだけのことで 私は海をゆけるよ
♪たとえ舫い綱は切れて嵐にのまれても

    中島みゆき 「二隻の舟」 より抜粋


♪くもりガラスの窓をたたいて
♪君の時計を止めてみたい
♪ああ僕の時計はあのときのまま
♪風に吹き上げられたほこりの中
♪二人の声も消えてしまった
♪あああれは春だったんだね


    吉田拓郎 「春だったね」 より抜粋


やっぱり、いい。。。



・・・・And that's the way it is.

gonbe5515


# by starforestspring | 2017-11-09 19:01 | 雑感 | Comments(0)

言葉あれこれ 1

ひさびさにユーミンの曲を聞いた。その中の一曲「雪便り」の最初の一節、

♪赤いダウンに腕をとおしたら
♪それは素敵な季節のはじまり
♪山の雪便り サッシのベランダ想いは屋根を越え

に、今更ながら感動してしまった。

この一節を聞いただけで、冬の到来、都会に住む主人公、雪に覆われた山への憧れ、山に住む友人の存在・・ほかにも主人公が山で経験した忘れられない思い出などを“想像”することが出来る。

井上陽水さんは、曲を作るとき、辞書を引いて歌詞に使う言葉を探していたそうだ。NHKのドキュメンタリー『氷の世界40年』で紹介されていたが、アルバム『氷の世界』の中の「心もよう」の歌詞は、発表された曲の歌詞に決まるまで、何度も何度も書き直されたらしい。書き直される前の歌詞は、発表されたものとは似てもにつかないもの。最初の形から、最終形に至るまでの変化は劇的で、それだけに最終形のすばらしさに感心しないではいられない。

♪さみしさのつれづれに
♪手紙をしたためていますあなたに
♪黒いインクがきれいでしょう
♪青い便箋が悲しいでしょう

言葉は・・・どれを使うかによって、読む人に伝わるものが違う。伝えたいことを伝えたい形のままに伝えるためには、選択には慎重でなければならない。選択を間違えたがために、あらぬ疑念を招き、しなくてもいい争いをしなければならないこともあるのだ。

私には文章を練る才能がない・・ということに、もう何十年も前に気づいているけれど、それでも書き終わったあとの推敲は欠かせない。自分の思うところをまっすぐに伝える文章になっているかどうかを確認しないと不安でたまらない。

一から十までを説明してしまうような文章しか書けない私にとって、「赤いダウン」で冬を想起させ、「黒と青」を脳裏に描かせ、それが悲しみを表す組み合せに思えてしまう、そういう文章を書ける人は崇拝の対象である。


昨今の、何人いるのか誰がどういう名前なのか、ディープなファンでなければ覚えきれないほどの人数で構成される、歌を歌うグループに歌詞を提供している某プロデューサーは、ユーミンや陽水さん、中島みゆきさん、吉田拓郎さんの歌を、ソラで歌える年代のはずなのに、どうしてああいう“中学生の作文”のような歌詞しか渡さないのだろう。思いを言葉にしたらああいう言葉にしかならないのか、書けるけれどもあえて書かず、中学生でもわかるような言葉だけを選んでいるのか、どちらなんだろう。後者だとしたら、聴く者をなめた行為としか思えないのだが。


「月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり。

やまとうたは人の心を種としてよろづの言の葉とぞなれりける。

行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。

言葉には、心を広げる、大きくふくらませる力がある。その力を含んだ文章を読むことで、読者は想像を広げる訓練を重ねることが出来るのに、豆腐や綿飴のような文章ばかりを読ませてどうするんだと。いきなりの岩おこしは辛かろうけれど、おかきを食べ、スルメを味わうことを繰り返していけば、岩おこしだって噛める歯と顎を手に入れることができるはずなのだ。


豆腐や綿飴のような文章ばかりを読んで大きくなった子どもが

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。

の“国境”を、なんの比較も想像もせずに“こっきょう”と読むようになる。“夜の底”とはなにかを深く考えずに読み過ごすことになる。

もったいないことだ。




・・・・And that's the way it is.


gonbe5515



# by starforestspring | 2017-11-08 20:25 | 雑感 | Comments(0)

秋も深まり最近の月の出は19時前。ここ数日、昇ったばかりの月がとても大きく、丸く、そしてきれいだ。月が昇ってくるのは、立山連峰のむこうがわから。山のシルエットとオレンジ色の月との対比が実に見事。余計な理屈抜きで、ただただ単純に、すごいなあと見とれてしまう。

こういうのを月も地球も、お互いを知らずに何十億年と続けてきたのだろう。地球で多くの生物が生まれ、そして死んでいくのをも知ってか知らずか。

熊谷守一さんという絵描きさんがおられた。我が家の書棚に「熊谷守一 画文集ひとりたのしむ」気ままに絵のみち 熊谷守一」がある。絵と、書と、言葉とが紹介されている。


「心が毛羽立ってるなあと思った時」に開くと、毛羽立ちが消えていくような気がする本だ。私には、この方の描かれた絵がことのほか心に沁みる。

熊谷守一さんは、庭に大きな穴を掘り、その底に座って昆虫や猫や花などを描いておられたそうだ。その穴が宇宙だった・・と本では紹介されている。

天体をいただくのも宇宙。海の中も宇宙。ミクロの世界も宇宙。穴の底も宇宙。
心に宇宙を持てたなら、人はそれまでとはちがう人になれるのではなかろうか。

もうしばらくしたら、また月が昇る。
昨日と同じ。一昨日とも同じ。10年前も100年前も。

明日もきっと昇る。
地球の上でなにが起こっても。
月は黙って、静かに静かに昇ってくるのだ。


・・・・And that's the way it is.

gonbe5515



# by starforestspring | 2017-11-07 18:10 | 美術 | Comments(0)

日本シリーズ余話

一昨日のこと。

仕事をしている私のスマホに、SMSメール着信音が鳴った。「誰だろう?ニョーボか?娘か?」と思ってスマホを手にとってみたら・・・。

「○○です。」という書き出し。
「え?」

なんと送り主は、25年前に転任していかれた、私の大先輩。当時若手だった私たちのリーダーとして、関係各方面に△△(←会社名)に○○あり」と勇名をはせたお方。若手たちからは尊敬と畏怖の視線を浴びつづけ、それに臆することなくブイブイ言わせてた方だ。


25年前、私たちはあるプロジェクトに携わっていたが、そのプロジェクトの目鼻がついた頃、○○さんの直属の部下3人(私もその一人)が寿司屋に集められた。連れだって店に向かった3人は、きっとプロジェクト完遂おめでとうのお祝いだろうと思ってのれんをくぐったんだ。で、乾杯が終わってビールを一口飲んですぐに○○さんが「実はワシ、来月から社長秘書として、大阪勤務になったんや」一同唖然。よくもまあ、ビールを吹き出さなかったもんだ。

「そ、それはどういうわけで」
「社長に聞いてくれ」
「いやいや・・だっていきなり大阪なんて・・
「そうですよ、第一○○さんおらんなったら私らどうなるんですか?
「まあ、3人で力合わせてがんばってくれや」
「いやいやいや」×3

その後の話で、社長が富山に視察にいらしたときに、案内役としてついた○○さんの対応を社長がおもしろがり(いい意味で)、その後社長が出したそれとわからないテストにも、○○さんは文句のない対応をしたことが決め手だったとか。全国に展開するグループの末端から、いきなり本部の社長室への大抜擢。

その後、時たま富山にいらっしゃるのだが、そのたびに容貌が変わっていかれ。。。最初はヒゲ。そのあとメガネ。そして極めつけはストローハットにリュック。「今から立山に登られるんですか?」というような風体で「おう!gonbeくん、元気か。ちょっと机借りるで」とリュックから出したポットで水を飲んだあと、マシンガンのように電話をかけまくる。かける相手は札幌だったり八代だったり広島だったり。



知る人ぞ知る伝説の人なのだ。その伝説の人が送ってきたSMSメール。一体なにごと?と思って開いてみたら。。

「横浜、勝つといいね!」

○○さん・・いつからそんなに軽くてタイムリーな話題を語られるようになったんですか?


今は引退され、神戸にご在住。○○さんと一緒に仕事をさせていただいていた頃、私はまだ30代。毎日新しいことを覚え、覚えるたびに自分が強くなったような気分になり、もっと強くなりたくて、新しい仕事にぶつかっていた。なんであんなにがんばれたんだろうと振り返ってみると、それは間違いなく○○さんの存在があったから。


本当にひさしぶりに、ヒゲとメガネとストローハットの○○さんのお姿を拝見したような気がした。スマホの文字は、それが誰からであっても同じ文字で表示されるはずなんだけど、「横浜、勝つといいね!」の短い言葉が、あの丸くて、元気がよくて、飛び跳ねたような、○○さんの文字に見えた。


これからもどうか、お元気でいらしてください。横浜は負けてしまいましたけど。


・・・・And that's the way it is.

gonbe5515





# by starforestspring | 2017-11-06 18:42 | 思い出 | Comments(0)

番宣 11月6日午後9時BSプレミアム

ベイスターズ、負けました。
全然悔しくないのは、やはりセリーグ3位、CSで勝ち上がってしまって、ほんとかよ?の日本シリーズを戦ったからでしょう。日本シリーズはやはり、セリーグとパリーグの1位同士の争いってことに戻したらどうかと思うのですが、いかがなものでしょう?

「gonbeが応援したチームは負ける」というジンクスが、今回も生きてしまったワールドシリーズと日本シリーズでございました。これだけ当たると清々しい気分です。

b0137175_17395223.jpg
今朝の新聞で見つけたのですが、明日夜9:00から、BSプレミアムで『ショーシャンクの空に』が放映されます。始まってからしばらくは心がふさぐ展開なのですが、刑務所に入り、看守の税金対策にアドバイスをし、褒美としてビールを手に入れるあたりから、俄然面白くなっていきます。

b0137175_17395289.jpg

私の記憶もおぼろげなのですが、この映画の中で使われるオペラ『フィガロの結婚』の中の『手紙の二重唱』を聞いたのが、その後オペラに興味を持つようになったきっかけだったかと記憶しています。


終盤の盛り上がり、種明かし、レッドの苦悩、そして再会と笑顔。
b0137175_17395250.jpg
私はこれまでいろんな映画を観てきましたが、この映画のように、観終わったあと心が洗われるような気分になった作品はそれほど多くはありません。大勢の方がご覧になった映画だと思いますが、もしまだ未見の方がおられましたら、「是非」とお勧めしておきます。


・・・・And that's the way it is.


gonbe5515




# by starforestspring | 2017-11-05 17:45 | 映画・ドラマ | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

marrellaさんおは..
by starforestspring at 10:15
>『君の名は』ご覧になり..
by marrella at 22:02
marrellaさん、ご..
by starforestspring at 21:14
『春との旅』は私も大好き..
by marrella at 21:03
昭和を知る愛煙家には、今..
by starforestspring at 10:33
私がタバコを常用し始めた..
by marrella at 21:01
marrellaさん、こ..
by starforestspring at 20:13
糖尿病予備軍ですか。私は..
by marrella at 17:02

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ