<   2017年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ブラウニングの「春の朝」に思う。


最近、あちこちの国の政治動向を追いかけてると興味が尽きない。
英国のメイ首相が突然ぶち上げた総選挙の行方。
b0137175_20543565.jpg
フランスの大統領選挙の第一回投票の行方。
b0137175_20543538.jpg
トランプ大統領の米国と金正恩最高指導者とのにらみ合いの行方。
それに関わる中国とロシアの動向。

世界が緊張している。それぞれの国について詳しく知るわけではないけれど、新聞を端から端までじっくり読んでるとそれなりに概略はつかめるような気がする。


日本の内閣府は(北朝鮮から)弾道ミサイルが飛んで来た場合にとるべき行動をHPにアップした。今朝記事を読んだ時にはさすがに驚いた。それはつまり、あらかじめ知らせておいたほうがいいと思われるほどに、その可能性が高まったという判断によって行われたものなのだろうから。

日本海に面する県は、ゆめゆめ油断めされるな。もしかしたら地上部隊だって来るかもしれません。

米国が平壌を爆撃しても、すべての核弾頭を一気に発射不能にするのは困難なのだとか。北朝鮮は残った核をどこに向けて発射するのだろう?
b0137175_20543548.jpg
そんなことは起きないかもしれないし、明日いきなりそうなるかもしれない。もしかしたら今この時にもう、爆撃命令が出されてるのかもしれない。あるいはカウントダウンが始まっているかもしれない。


「神、そらに知ろしめす。すべて世は事もなし」


その神さまは今、どんな表情をしてらっしゃるのか・・・・。


gonbe5515






by starforestspring | 2017-04-23 20:57 | それでいいのか日本人 | Comments(0)

こんな脚本を書いたのは誰だ?  2

正直に言うと、私はイチロー選手のファンというわけではない。
そのプレーに魅力は感じてる。すごいなあと思う。尊敬もしている。だってあのトシになってもまだ、あの体型と、運動能力を保つためにどれほどの努力が必要なのかと想像するだけで、イチロー選手が日々欠かさないトレーニングと節制が想像出来る。

でも私が好きなのはノモだし、田澤だし、上原なのだ。なにが違うのかは上手く説明できない。たぶん、イチロー選手を身近に感じることが出来ないのだね。孤高の人というか、なんというか・・・気軽に「ファンです」と言える対象ではないのです。

一夜明け、つらつら思うに、彼のやったことはやっぱりすごいことなのだと改めて思う。世に「記録より記憶に残る選手」という言葉があるけど(たいていそれは、王選手に対する長嶋選手を指すことが多いけど)、イチロー選手はその両方をファンの心に残したのだと思う。


何年か先、
「2017年の4月19日、セーフコフィールドでイチローがホームランを打ったのを、お前おぼえてるか?」
「イチローがセーフコフィールドで最後のホームランを打ったとき、オレはスタンドにいてそれを目の前で見たんだ」
b0137175_23314493.jpg
こういう言葉を発する人がいるに違いないと思うのだ。
あのホームランのとき、時間と空間を共有した人は、一生自慢したっていいと思う。
うらやましいよ、そりゃあ。

イチロー選手は、50歳まで現役でいつづけるつもりと発言している。マーリンズはそれを受けて、好きなだけ続ければいいと、イチロー選手の意向を尊重している。
実際に50歳まで現役を続けれらるかどうかわからないけれど、イチローという選手が、MLBにおいて、すでにレジェンドになっていることは間違いない。

広島と近鉄が争った1979年の日本シリーズ。
私は21歳だったが、なぜかあの江夏の21球をテレビの前でずっと見ていた。(当時近鉄シンパだったので)21球目、石渡選手が三振した瞬間、大きなためいきと同時に、自分がすごいものを見たんだということだけはわかった。

4月19日、セーフコフィールドにいた人々は、ずっと語り継ぐに違いないと思う。



それにしても・・・
そのホームランボールをスタンドでキャッチした人、ボールをイチロー選手に返したとのこと。ベースボールというスポーツが、彼の地では“文化”になってることを、改めて思い知らされた次第。
b0137175_23314497.jpg
かわりにサイン入りバットをもらったらしい。よかったですね。ずっと自慢してください。胸をはって自慢したっていいと思う。「イチローのあのホームランをキャッチしたのは、このオレだ!どうだい?」

gonbe5515


by starforestspring | 2017-04-22 23:35 | 雑感 | Comments(0)

こんな脚本を書いたのは誰だ? 

私はレッドソックスのファン。体が小さくてもぶんぶん振り回すペドロイアが大好き。同じ理由でアストロズのアルトゥーベも好き。あとはドジャースのカーショー、ジャイアンツのバムガーナー、マーリンズの田澤。細かいことは抜き、力と力の勝負!ってオーラを発散する選手が多いし、それがMLBの魅力だろう。

MLBを見るようになったのは、野茂がドジャースに入団した時だった。彼は、小手先抜きの真っ向勝負を見せてくれた。打たれたホームランも多いと思うが、それはやっぱり勝負の結果だからしょうがない。相手が勝ってノモが負けたということ。向かってくるノモに、バッターはバットを思い切り振って応えたのだ。そういう勝負があるんだということを教えてくれたことが、私が“野球” から“ベースボール” に鞍替えすることにした理由だった。

b0137175_18400463.jpg

そんなMLBの中にあって、イチロー選手ってのはちょっと異色。並みの選手なら内野ゴロでアウトのところを、彼はヒットにしてしまう。ご丁寧にそのあと盗塁まで決めてしまう。ただの内野ゴロに打ち取ったはずなのに、ツーベースを打たれたのと同じことになるのだから、投手にとってはやってられない。

また、走者2塁でライト前ヒット。この場合、普通ならセカンドランナーのホーム生還は“既成の事実” として、セカンドが中継に入って送球をカットし、 打者走者の進塁を防ぐことに重きがおかれるのだが、イチロー選手はライトの深いところからレーザービームで2塁走者を刺してしまう。

「エリア51(セーフコフィールドにおけるイチロー選手の守備範囲)」に飛んだヒットでホームに帰ってくるのは、決して「既成の事実」ではなく、勇気と決断とを要求されることなのだ。昨日のアナウンサーがイチロー選手のことを「エリア51を統治していた皇帝」と言ってたけど、まさにそのとおりだと思う。

“ただの内野ゴロ” がヒットになることを快く思わない人もいたようだ。(チャーリー・ハッスル氏とか)その気持ちはわからないでもない。しかし、並みの人間ならアウトになってしまうところを、セーフにしてしまうというのは、打球をフェンスの向こう側まで飛ばす技術と遜色ないことではないのか。

Ichiroは、それまでアメリカの人々が見たこともないようなヒットを長年にわたって打ち続け、レーザービームに代表される華麗なる守備で見る人の心をつかんだ。彼のプレーを見るために人々は球場に足を運んだのだろうし、その期待を裏切らなかったからこそ、その次もまた人々は球場に向かったのだ。

Ichiroがシアトルにいた12年間。Ichiroはシアトルのファンに、新しいベースボールの形を見せ続けた。打つことで、走ることで、投げることで、見たこともなかったようなプレーをファンに見せ続けた。チームを移ることがごく当たり前のこととして捉えられているMLBにおいて、12年間もの間、彼がマリナーズにとどまったこともまた、シアトルのファンは勲章を授与されたかのように、誇らしく感じているのではないか。

だからこそ、チームを去って5年にもなる選手に対し「Welcome back! Ichiro!」と書いたプラカードを掲げ、打席に向かうIchiroに(敵チームの選手なのに!)スタンディングオベーションを送る。マリナーズはボブルヘッド人形を2万個も来場者にプレゼントする!彼が12年間ホームグラウンドとして走り回ったこの球場で、チームとファンたちは、最上級の敬意と感謝と期待とを持ってIchiroを迎え、接した。

b0137175_18400434.jpg
その
Ichiroが、彼らに、素晴らしい一打で応えた。

最終打席、初球高めの球を体をバネのように使って振り抜くと、ボールはライトスタンドに向かって一直線。観客は総立ち、大歓声。アナウンサーと解説者もしばしの沈黙で球場が沸き返る様子を伝えてくれた。

その後、球場を包んだのは「Ichiro! 」コールだった。

サードを守っていて、その打球がライトスタンドに吸い込まれるのを見ていたシーガー選手は「鳥肌が立った」というコメントを残している。それはきっと彼だけじゃない。スタンドにいた大勢のファンが、そうだったに違いない。そうでないわけがない。あの雰囲気で、あの状況で、あのホームラン。太平洋を越えた国で、テレビの前にいた私も同じだったもの。

b0137175_18400411.jpg

チャーリー・ハッスル氏、このプレーヤーに対し、まだなにか言うことがおありですかな?


gonbe5515


かつてイチロー選手は「ホームランはいつでも打てる」と言ったことがあったが、このホームランこそ“狙って打った”ものに違いない。


by starforestspring | 2017-04-21 18:54 | 雑感 | Comments(0)

『ゲームは終わり』

記憶をたどるために過去記事を検索してて、見つけた記事の日付が2008年だった。

あれ?と思ってこのブログの一番最初の記事を見てみたら、日付けは2008年4月10日。あらら・・・いつのまにか、満9周年を過ぎてるではないか。9年かあ。自分でもこれだけ長く続けることになるとは思ってもいなかった。今や生活のリズムに欠かせない一拍となっているこのブログ。日常だから、それがあたりまえだから、9周年!って浮かれて祝うことさえ忘れてしまっていたんだ。

なんだかそれが嬉しいぞ。

b0137175_20362638.jpg
『ゲームは終わり』というアルバムがある。
五つの赤い風船の、解散コンサートを録音したアルバム。
解散したのが1972年。早すぎる解散だったのではないかと、私は思うわけです。
ただ、このアルバムは、(過去記事にも書いてるとおり)歌と一緒にいろんな情景と匂いと光と音と、それから暑さがくっついているアルバムなのです。五つの赤い風船のアルバムでありながら、一番印象に残っているのは斎藤哲夫さんの『吉祥寺だし。アルバムの最後の曲『これが僕らの道なのか』の一節、「本当のことを言ってください、これが僕らの道なのか」ってフレーズは、のちのち私を縛ることになるし。

なにより枚方ですよ。
当時の枚方は、大阪府に属するくせに、「大阪とはちゃいまんねん」みたいな、ちょっとすかした感じの町でした。なんていうか・・・機械的な、レゴで組み立てられた町、そんな印象を私は持ちました。その町の一角で、私は青春のひとときを過ごしたわけでありまして、そしてまたそれが、なんとも強烈な記憶なのであります。

b0137175_20362374.jpg


そんな時間の中で聞いた『吉祥寺』『これが僕らの道なのか』『私は地の果てまで』・・・等々、このアルバムに収録されている曲は、45年を経た今も、あの情景と匂いと光と音とを、持ち続けたままなのです。

なんていうのか・・、『氷の世界』『元気です』『ひらひら』『やぁ』『ダルシマ』など、すり切れるほど聴いた好きなアルバムはたくさんあるのに、この『ゲームは終わり』だけは別格の位置。


なんだかよくわからないけど、そうなってるんだからしょうがない。
私のはこれなんですけど、あなたのは?


『ゲームは終わり』
枚方の匂いとは関係なく、このアルバムのCDの復刻を待ち望んでいらっしゃるかたは多いようです。が、申し訳ない、私はそこに入るつもりはございません。これは、このアルバムは、レコードで聴いてこそでしょう。


なんにせよ、名盤です。それはきっと間違いない。



gonbe5515



by starforestspring | 2017-04-20 20:40 | 音楽 | Comments(0)

『ブルース・ブラザース』

私はこれまで、いろんな恥ずかしいことをしてきたと思うし、実際今でも思い出すたび「キャッ!」と叫んで穴に飛び込みたくなることを数え切れないほどやってきた。最近はそういうことも少なくなり「トシをとるのも悪くない」などと、安心していたのだが・・・。

お恥ずかしい。
実にお恥ずかしい。
これを観ていなくて「私、映画が好きでしてね、ハハハ。。」なんて、よく言ってきたものだ。どっかに穴はないかしら?ないなら自分で掘ろうかしら。

b0137175_19285966.jpg

b0137175_19285836.jpg


『ブルース・ブラザーズ』

ヤンチャで、善人とは言えない大人に育った兄弟、ジェイクとエルウッドが、昔世話になった孤児院の窮地を知る。二人は教会で神の啓示を受け、あるアイデアを思いつく。そう、これは神から与えられた使命。二人は神の使いとして、昔やっていたバンドを再結成し、金を稼いで孤児院を救おうと動き出す。


この映画が面白いってことは、知ってはいたのです。実際、レンタル店で借りてきたこともあるのです。・・・いやいや、言い訳はやめましょう。とにかく最後まで一気に観たのは今回が初めて。ご覧になってる方も多いと思うので、なにを今さら・・でしょうけど、あれですね、こんな映画、今ではゼッタイ作れませんね。カーチェイス、ライフル、ぶちこわされるショッピングモール。現代ではCGで撮影されるようなことが、この映画では実写でやられてる。それを観るだけで、最近の映画に慣れてしまった私には爽快でした。本当に、ようこんな映画作った!

b0137175_19285937.jpg

b0137175_19285999.jpg
b0137175_19285947.jpg
いろいろあって(このいろいろがおかしくてたまらない)無事二人は孤児院を救うことが出来る。が、もちろんハチャメチャやってきた二人は刑務所に直行。そして二人はそこでも・・・。このラストがまたいい。

観終わったあとの気分が実に清々しいです。映画館で観たとしたら、出口に向かう足取りは軽いでしょう。そのあとに飲むコーヒーも美味しいに違いない。

レイ・チャールズ、アネサ・フランクリン、ジェームズ・ブラウン、キャリー・フィッシャー、ツイギー。そしてまさかのスティーブン・スピルバーグ。ゲスト出演するってことを知らなかったので、画面に出てきたときは驚きました。しかもそれが次々にご登場なのだからもう、すごいです。こういう映画をみんなが作りたかったんでしょうきっと。

b0137175_19285907.jpg
b0137175_19315945.jpg

お茶目でおかしくて、楽しい映画でした。
いやあ、BSには感謝しなくちゃ。


gonbe5515

ラスト近く、それまで二人のハチャメチャに従順につきあってきた白黒ダッジが、力尽きて “分解” してしまう。その姿を一瞬見つめるエルウッドのシーンには泣いた。

最後に出てくる“撮影クルー”の写真に、トドメの笑い。
そうそう、そんな時代でしたよね、1980年。





by starforestspring | 2017-04-19 19:44 | 映画・ドラマ | Comments(0)

秘すれば花

昨日の朝、いつもの道を会社へ車を走らせていると、前方に捨てられた本が風にページをめくられているのが見えた。通り過ぎる時に視線をやると、まごうことなきあれはエロ本。女性の裸とおぼしきものが、運転席からもしっかり見えた。

今日、やはり同じ道を会社に向かって車を走らせていた。昨日と同じところに、昨日と同じ本が、昨日と同じように風でペラペラめくれてる。見慣れた肌の色と、見慣れた黒い部分と。

24時間経っているのに、誰も拾わなかったのか。誰もゴミ箱に持って行かなかったのか。

鴨川にかかる橋の下に、仲間と一緒に“基地”を作り、平凡パンチや週刊実話、その他アヤシイ本を持ち寄って息をのんでページをめくった小学生の頃。あそこに持ち寄った本はバス停や駅のホーム、それからゴミ箱の中に捨ててあったものを、周りの様子を伺いながらくすねてきたものだった。

“基地”に集まる友人は、信頼できると信じられるヤツだけ。信頼?小学生にとってそれの意味するところはただひとつ。秘密を語らない、それだけ。出町柳近くにかかる橋、その下の隙間に集い、集めてきた本を順番に回し、順番に息をのむ。黒く塗りつぶされたその向こうにあるものを想像し、妄想する。

私は母親を知らないので、子供のころ、大人の女性と一緒に風呂に入った経験がない。当然大人の女性の体がどういうふうになっているのかも知らない。それを教えてくれるのはパンチであり、実話であり、あやしげな雑誌であった。

大人たちが、自分たちに見せないように遠ざけていたものがこれだということはわかっていた。見てはいけないものを見ている、それもわかっていた。でも、目の前にあるものは実体ではなかった。所詮は紙に印刷された平べったいもの。そこから実体を想像し、形や手触りを想像したのが、今にして思えばわたしの ヰタ・セクスアリス。

声変わりを終え、ステディが出来、そうなるようにそうなって、それを知ったのが16歳。それからそれなりの数の女性の協力を得て、それがそれであることを知り、それがそんな風であることを知る。

そして幾星霜。今の私にあの頃の勢いはない。「ああ、この女性となら」と思う対象はいるけれど、所詮は妄想。それを期待するわけでもなし、現状に不満があるわけでもない。我がニョーボは本当によくしてくれているし、ここが終着点だと心から満足している。

にしても!この世のおおっぴろさはなんとしたことか!
黒塗り?ぼかし?モザイク? それっていったい、いつのこと?
ヘアー解禁。180度開脚。あの頃見えなかったもの、見たかったものが、見たいわけでもないのに見えてしまうこの時代。


今ならわかる。あの橋の下で、ああかもしれない、こうかもしれないと妄想したあの時間が、一番楽しかったと。見えないものの形を想像し、触れられないものの手触りを想像し、聞いたことのない声を想像し。

『 秘する花を知ること。秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず、となり。』
アスファルトの道路にペラペラなびく、それとわかるエロ本。二日間、誰にもどうともされなかったエロ本。考えてみれば哀しいエロ本。


『秘すれば花』
知らないからこそ、知られないからこそ意味と価値を持つ、偉大なるもの。


『秘すれば花』
このトシになってこそ、いろいろ考えてしまう言葉ではなかろうか。


gonbe5515






by starforestspring | 2017-04-18 20:45 | 雑感 | Comments(0)

省略の妙

富山に残った娘(彼女は最初、東京の大学に行くと言っていた)が、最近DVDを見るようになった。彼女はこれまで、音楽一辺倒で、映画を見ることはまれだったのに。それなら・・と、私がDVDとBDに録りためたいろんな作品を勧めてみるのだが、これが全く興味を示さない。どうやら大好きな成田凌クンや広瀬すずさんが出演する映画を狙って観ているらしい。彼女の今の関心事は、『ちはやふる』の続編だとのこと。・・・まあ、最初の一歩は誰しもそんなもんかもしれない。



今日の『ひよっこ』で、懐かしいものを見た。
父の失踪を母から打ち明けてもらったみね子が、バスの中ではしゃいでいると、それを不自然に感じた時子と三男から問い詰められてしまう。理由を明かさないみね子に「あんたはずっと黙ってることなんか出来ないんだから」と時子に突っ込まれ、隠しきれずに打ち明ける・・というシーン。

時子の詰問にみね子が「はい」と答えたシーンから、場面が切り替わって小さな橋を渡るバスの姿が入る。そしてまた車内のシーンに戻ると、その時には父の失踪を打ち明けるみね子の話は終わっている。映像作品ではお約束の手法だろう。見ている我々は、打ち明け話の内容をすでに知っているのだから、同じ話を繰り返す必要はない。要は登場人物(時子と三男)(車掌さんと運転手さん)がその話を“聞いた”ということが見るものに伝わればいい。

みね子が時子と三男に話をする時間がちゃんと存在したことを見るものにわからせ、かつそれを省略すること。そのためにバスが走るシーンが二つのシーンの間に挿入される。映像であればこそ使える手法だと思う。映像(=時間)を省略しながら、なにが起きたのかをちゃんとわからせる。こういうのを「省略の妙」と言うのではあるまいか。

 「文章の中の、ここの箇所は切り捨てたらよいものか、それとも、このままのほうがよいものか、途方にくれた場合には、必ずその箇所を切り捨てなければいけない。いわんや、その箇所に何か書き加えるなど、もってのほかというべきであろう」

これは太宰治さんの言葉だ。その一節に内包されていることごとを説明しすぎないようにし、あえて行間に潜ませて、読者の想像の世界を制限してしまわないようにする。これも省略の妙を言っておられるのだと思う。



娘は、東京行きをやめ、富山に残った理由を話さない。ニョーボが言うには、一人暮らしが不安だったんじゃないかということだ。なるほどと思う反面、それだけだろうかという疑問もある。娘二人を、いっぺんに大阪と東京とに送り出し、それぞれ一人暮らしをさせる両親の、経済的負担を慮ってのことなのじゃないかと想像したりする。で、それとなく娘の様子をさぐるのだけれど、彼女はいつもと変わらずのほほんと暮らしている・・・ように見える。

“省略の妙”
娘はその使い方だけは知っているのかもしれない。



gonbe5515



by starforestspring | 2017-04-17 20:50 | 雑感 | Comments(0)

余白の美

墨をすって筆で文字を書く。
そんなことをしなくなって一体何年経つのか。
両手の指では足りない。両足の指を足してもまだ足りない。

カシ子さん、鳩子さんが筆を持って文字を書いてる姿を見て、すっかり忘れていた我が身の恥を思い出してしまいました。
「墨をすると、心が落ち着くものです。文字を書く前に墨をすることで、気持ちを整えるのです。」
習字の先生がそんなことを教えてくれてたけれど、もちろん子どもの私にそれを理解することは出来ず。椅子に座って墨を前後にこすってるより、広いグラウンドでサッカーボールを蹴ってるほうが絶対いいと思ってましたし。(そんな私が今、草むしりをしてると無心になれるのは不思議だ)

白い半紙に黒い墨。
白と黒。色はふたつあるのだけれど、習字を始めた頃の私は、黒、その一色だけが色だった。半紙は背景であり、黒を乗せるだけのもの。そんなふうに軽く考えていた。そんな私に一大転機をくれた人がいた。彼女は子どものころから習字一筋ウン十年、立派な師範様でいらっしゃる。その作品を見せてもらったとき、半紙に書かれている文字を、私は解読出来なかったが、半紙の中にある文字と、半紙とのバランスが実に何とも微妙な美しさを作り出してることはわかった。ほんの1cm、上にいったり横にずれたりしたら、きっと全然違う作品になるだろうということは想像できた。

黒い文字。それを支える白い紙。
そのふたつがそれぞれに存在し、同じ場所にいることで、より以上の美をつくりだすことが出来る。なんだかとてもいいことを知った。そんな気分だった。

なにも書かれてないところ、すきま。無。そんなふうに思えるところが、ホントはとてもいい仕事をしており、その存在なくして映えるものこれなし・・・なのだと知ることは、山菜の苦みを美味しいと気づくことに似てる気がする。

見えぬけれどもあるんだよ
見えぬものでもあるんだよ

金子みすずさんの『星とたんぽぽ』を読んだとき、泣きたくなるほど共感出来たのは、墨と半紙の間柄に気づいていたからではなかろうか。

見えないものにこころを寄せる。
書かれてないことに思いをはせる。

『余白の美』いいなあ。


gonbe5515


by starforestspring | 2017-04-16 20:52 | 雑感 | Comments(0)

『ツバキ文具店』

単発の時はよかったのに、連続ドラマになってなんだかなあになってしまった『視覚探偵日暮旅人』。出演してらっしゃった多部未華子さんがお気の毒なような気分になってしまって、「仕事をもう少し選んではくれないか?」と事務所に言いたかった私ですが・・・「ヒラタオフィス、やれば出来るじゃないか!」

b0137175_12381904.jpg

金曜日夜10時放送の『ツバキ文具店』
静かなたたずまい、ゆっくり流れる時間。味わいのあるいいドラマになりそうな予感がします。『あやしい彼女』で現場が一緒だった倍賞美津子さん、あの『つばさ』の女社長、富士真奈美さんとのご共演は、タベリストにとって嬉しいサプライズでした。まして、多部未華子さんのセーラー服姿や、ヤンキーファッションがまた見られるとは、想像もしてませんでしたよ。

b0137175_12381958.jpg

『べっぴんさん』が破綻してしまうきっかけ作りに利用されてしまった>個人的見解 江波杏子さんまでご出演です。字幕によると彼女の役名は“バーバラ婦人”なのですが、“バーバラ夫人”の間違いじゃないかなあ。

代々続く手紙の代書屋。そんな仕事が今もあるのか?と思うのですが、鎌倉という町と、おばあさま(倍賞美津子さん)の存在と、鳩子が受けてきた教育(訓練)とが、それを納得させてしまうから不思議だ。


文章を扱う仕事。文章に関わる仕事。リタイアしたら、そんな仕事に就きたいと思っている私がイメージしていたのが、まさにこの代書屋。だけど、墨をするところから始めるなんて考えもしなかった。慶事と弔事で墨をする方向が逆になるなんて・・・聞いたことなかった。勉強になるなあ。

原作者の小川糸さんの作品を今ちょうど読んでるところです。(ツバキ文具店ではない)ツバキ文具店もたぶん読むことになると思いますが、ドラマはドラマとして、楽しませていただこうと思う。これからどんな仕事が舞い込んでくるのか、悩みながら後を継ぐことを決めた鳩子が、どんな手紙を書くのか。興味津々です。

b0137175_12381929.jpg

金曜日が楽しみ。


gonbe5515


by starforestspring | 2017-04-15 12:40 | 映画・ドラマ | Comments(0)

人体の不思議

b0137175_19394341.jpg

人間を60年近くやってると、体のあちこちにガタがきてくる。
若い頃から点検を怠らず、おかしなところをみつけたらすぐに対処して、今にいたっても若いころの状態を保っておられる方もおられようが・・・・あいにく私はそれほどマメではなかったので。

その中で最たるものが歯。
本人、じつはこれが意外でしょうがない。
小学生のころから歯の検診は大好きだった。だって自信満々だったし。虫歯なんて一本もなかったし。「歯医者に行ったときのあの“キーン”って音、ホント嫌だよねえ」と友人たちが言い合ってるのも、なんのことだかよくわからなかったし。私が初めて歯医者に行ったのは、20歳のとき。友人の同伴者として出かけた歯医者(初めて入った歯医者さんには興味津々だった)のドクターに「おともだち?せっかくだからみてあげようか?」の言葉に乗せられ診察台に乗ったら「ああ・・親知らずがありますねえ。これは抜かないと」なんて言われてしまい。のちのち大変なことになるからと脅されて、次回診察を予約。そして、次々に抜かれてしまったのだった。あの夜の寝られないほどの痛みは今でも忘れられない。(抜いた親知らずは上下左右の計4本)

今に至って、虫歯はないのに、歯茎がその頑丈すぎる歯を支えられなくなったようで。

そんなワケで、私の口の中は、今やサイボーグ状態。
今日も今日とて治療に出かけ、新しい人工歯の調整をしてきたところ。

そこで思ったのだ。
人間の体って、ほんとうに不思議だ。
生まれて成長するにつれ、体のあちこちの部分が“ちゃんと機能するように”ヌシの知らないところで”勝手に調節してくれてる。歯のことを言えば噛み合わせ。上の歯と下の歯は、いったいどうやってお互いがぴったり合わさったときに、突っつきあったりすることもなく、スカスカな隙間を作ることもなく、食物をすりつぶし、ちぎれるような形に整うだろうか。

足の指、手の指。それぞれに長さとか形状とか、ヌシが「こんな風になれ」と指示したわけでもないのに、物をつかんだり、キーをたたいたりするのに都合のいい形に揃ってくれる。

人間の体ってほんとうに不思議だ。

私という人格が、他の誰とも同じでないこともまたしかり。

みんな違う人格で、同じ人はいない。顔かたちがそっくりでも(一卵性双生児)性格や好みは違うし。#我が家の娘たちは二卵性双生児で、顔かたちはちょっと違うけど、寝相は同じというおもしろいコンビ

体がサイボーグ化していっても、心がそうならなければいい。
人とは違う趣味嗜好を持っていても、人に話せば「え・・そ、そうだったんですか?」という性癖を持っていても、それが私という個体の識別方法。

あと何年この体がもつかわからないけれど、これからはもう少し労った使い方をしていこうと思ってる。気をつけながらね。調子が悪ければムリをしないようにして。こころもからだも、おなじ瞬間に壊れる。そんなのがいいな。

とにもかくにも、ヌシの知らないところでいろいろ頑張ってくれてて本当にありがとう。
b0137175_19394303.jpg

gonbe5515

ツバキ文具店』本日より放送です。





by starforestspring | 2017-04-14 19:40 | 雑感 | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

私もこのドラマを見たあと..
by starforestspring at 17:57
starforestsp..
by kawachan at 21:41
kawachanさんのお..
by starforestspring at 12:41
貴殿が新しいセカチューの..
by kawachan at 00:44
10の方でコメントさせて..
by kawachan at 20:01
kawachanさん、は..
by starforestspring at 07:26
はじめまして。最近、この..
by kawachan at 17:57
このドラマの存在は見過ご..
by starforestspring at 11:39

Link

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

画像一覧

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
50代