<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

全国に轟く、その名は「富山市議会」

>第一回の再放送を見逃さないよう、新聞のテレビ欄を毎朝チェックなさらんことを。

と、昨日書いたとこなのに、さっそく今日の深夜、放送されるようだ。
再放送早いな、NHK。>それだけ自信作ってこと?


さて昨今、私の住む市の名前が全国に響き渡っております。

国会の代表質問にまで取り上げられ、安倍総理の答弁にもその名が出てきた富山市議会。議員の辞職連鎖が続きに続いて今日は11人目。政治活動費を “ちょろまかして” 酒を飲んだり、懐にいれたり、貯金しておいたり。果ては使ったホテルに依頼(と言う名の強制)をして、使ってもいないお金の領収書を出させ、現金を引っ張る。。。

なにしろ地元なので、県外の新聞よりは詳細にその手口が紹介されてると思うのだが、その手口たるやもう・・・。大人のやることじゃない。ましてや“議員”のやることじゃない。目を覆いたくなるほどの幼稚さ。
b0137175_18344866.jpg

領収書に記載されてる数字の一番前に、もうひとつ数字を書き加えて4桁を5桁にしてる。
その書き加えた数字を、もともとあった数字に“似せて”書いてるところがさらにせこい。

よくもまあそれで、議員でございって議場に座っていられたと思う。よくもまあ、頭を下げてくる支持者のみなさんに、えらそうに挨拶を返せたもんだと思う。面の皮が10cmくらいあるんじゃないか?重くて大変だったでしょう?良心や正義感は軽すぎて風船みたいに飛んでいってしまったんでしょうね。

地検特捜部の皆様は、どんなお顔でニュースをご覧になってるのでしょう?
あ、忙しくてこんなくだらないニュース見てる時間が惜しいか。


地元ではそれほど大事になってる空気はありません。
いつもと変わらず、ふつうの日常のように見えます。
支持者のみなさんは、議員さんに対して
「運が悪かったんやちゃ」
「みんなやっとんがいね」
「もういっぺん選挙に出られ!」
なんて言葉をかけたりしてませんよね?まさかそんなね?
地元の利益が、悪事に勝る・・・なんてことはないですよね?

もし、もし!実際にそんな言葉が交わされてるんだとしたら、あの言葉を思い出して頂きたい。

「国民は、自分達と同程度の政府しか持てない」
「この国民にして、この政府あり」


少なくとも私は、辞職した11人は二度と選挙に出るべきではないと思う。かつて国政選挙で使われた「禊ぎはすんだ」なんてセリフをエラソウに使って、再登場なんかしないで下さいね。そして、去っていく11人と、同じ傷を脛に持つ議員さん!いさぎよく、11人の列の後ろに加わるべきです。そのほうが、これから毎日、枕を高くして眠れる、そう思いませんか?


「市民は自分たちと同程度の市議会しか持てない」
「この市民にして、この市議会あり」


私、その市民の一人としてカウントされるのまっぴらですので、そこのところヨロシク。



gonbe5515
by starforestspring | 2016-09-30 19:06 | それでいいのか日本人 | Comments(0)

『夏目漱石の妻』 第一回

「幸せの雲」
いい言葉だ。このセリフにやられました。
b0137175_20214944.jpg



本来ならば明日の記事になるところなんですが・・つい今しがた観終わったNHK土曜ドラマ『夏目漱石の妻』第一回について、書かずばなるまい!という気分なんで書く。


みなさん!
明後日の夜9時。NHKで放映されるこのドラマを是非ご覧ください。
近来まれに見る“見応えのあるドラマ”でございます。
ええ、わたしが保証します。私の保証なんぞ、どこの銀行だって信用してくれないでしょうけど、このドラマは実にいい!

夏目漱石さん。その妻鏡子さん。
これを長谷川博巳さん、尾野真千子さんが演じておられます。

この二人のことを知っている知っていないは関係ありません。
ドラマ。それ自体が実に秀逸。
第一回をご覧になってない方には申し訳ないけれど、終盤、蚊帳の中での夫婦の会話。その間。その言葉。その表情。そのまなざし。カメラの前で揺れる蚊帳。実に見応えのある画でありました。#ああいうのを蓮舫さんに見ていただきたい。。。

このドラマは必ず再放送されます。
ですのでご同輩。とりあえず明日放送される第二回からご覧になることをお勧めします。
そして第一回の再放送を見逃さないよう、新聞のテレビ欄を毎朝チェックなさらんことを。

私、舞い上がっております。
こういうドラマを作り、放送してくれるNHKに受信料を払っててよかった。


gonbe5515
by starforestspring | 2016-09-29 20:22 | 映画・ドラマ | Comments(0)

国会代表質問に思う

昨日おとついと連休だったので、国会中継を観ることができた。
二階さん、蓮舫さんの質問を聞いたのだけど・・・

二階さんは原稿のまんま読み。朗読です。蓮舫さんは一本調子。ずっと同じリズムで話し続けるから、聞いてるうちに言葉が右から左にながれてしまう。読経みたいなもん?話題の継ぎ目がわからない。聞いてるうちに、「え?いつ話題変わったの?」と。

二階さん、せめて文節みっつかよっつくらいは覚えて、そこを喋るときは顔を上げ、議員さんたちの顔を見るようにしたらどうでしょう?
蓮舫さん 、話す時には、間 と 抑揚 は必須だと思います。
どんなにいいことを喋っても、聞いてる人の耳に届かなければただの子守歌ですよ。

演説(しゃべり)がうまいというのは、政治家の魅力のひとつだと思うのです。
話の内容がわかりやすく、聞いてるうちに引きこまれ、ああそうか、そうだったんだと(同調であれ反論であれ)納得するような、そんなしゃべり方をしていただければ国民の一人としてうれしいですね。


議員さんたち、さん蕎師匠や、さんまさんから話術を教わったらどうでしょう?
#さん蕎師匠やさんまさんが、二階さんや蓮舫さんのかわりに喋ったらたらおもしろいな・・と思ったんだけど(議場全体が耳をダンボにして聞くこと必定!)さすがにそういうわけにはいかないだろうし(おふたりが依頼を受けるとも思えない)


いい演説、聞かせてください。国会議員のみなさん。



gonbe5515
by starforestspring | 2016-09-29 11:43 | それでいいのか日本人 | Comments(0)

『ちはやふる上の句』余話

連続テレビ小説「つばさ」がご縁でお近づきを得たyamarine師匠、 DeepPurplinさん、 NABEさん、 川越のパパさん、かわたべさん(その後どうしておられるのやら)のご尽力を得て、夢のような二日間をすごさせていただいた『サロメ計画』


その途次で訪ねたのが栃木県立足利西高等学校。

訪ねたときはすでに廃校になっており、正門の石塀にそれを告げる貼り紙が風に揺らいでいたのが印象的で、ファインダーをのぞき、シャッターを押しまくったのは私です。

石塀、貼り紙、向こうに見える碑二つ。
『サロメ計画』を思い出すとき、私の脳裏に必ず浮かび上がってくるシーンなのですが・・。

まさかここで出会うとは思いもしませんでした。

この映画が始まって2分24秒で出てくる「東京都立端沢高等学校」
この映像を見た瞬間「栃木県立足利西高等学校」を思い出したのは私だけではないはず。
b0137175_16195175.jpg


今も沢山の映画、ドラマのロケ地として、使われているそうです。

先の記事で私は卒業生さんたちのことに触れさせていただきましたが、こうしていろんな映画ドラマでその姿を残していくのであれば、お気持ちも少しは・・と、勝手に思いをいたす次第。

あなたが通った高校は、ここで生きています。



gonbe5515
by starforestspring | 2016-09-27 16:22 | 映画・ドラマ | Comments(0)

金木犀は哲学する

今朝起きて、外にあるポストに新聞を取りにいったら、金木犀の香りがした。
木の下に近づき、見上げてみると、花はまだ開いておらず、豆粒のようなつぼみばかり。
つぼみのくせにこんなにかぐわしい香りで人を呼ぶなんて、本当に金木犀ってやつは・・・。

その金木犀の木の下には、三日前から彼岸花が咲いてる。
私は植えたおぼえがないし・・・どこから飛んできたのか。

この花が毒を持っているのはよく知られたところ。
幼いころからこの花に近づいちゃいけないと教わってきた。
そんな花が、香りで人を寄せる金木犀の下に咲いてるなんて・・。
妙な組み合わせというか、ぼったくりバーの客引きとホステスというか・・。

いやいや、そんな例えをしたらせっかく咲いた花に申し訳ない。
彼岸花は、この毒性のゆえに、“用途”をもって植えられるとのこと。
田んぼの畦道とかお墓とかによく咲いているのは、訳あってのことだったんですね。

ほんの前まで、半袖Tシャツで愛犬と散歩に行ってたのが、上に一枚羽織るようになった。
もうすぐすると、Tシャツが長袖になり、ジャケットがセーターになり、やがてコートにくるまり、長靴を履いて、雪を踏み分け歩くことになる。

毎年の繰り返し。毎年の繰り返し。
なにを好きこのんで雪が降り積もる中、犬を散歩に連れて行かなきゃならないんだ・・ そう恨めしく思ったことも一度や二度じゃないけれど、そのことさえ懐かしくありがたく思い出す日がいつかくるのだろう。


♪年老いた男が川面を見つめて時の流れを知る日がくるだろうか

このエリアにはすでに足を踏み入れた、そういう自覚がある。
「昨日今日とは思はざりしを」・・ではあったけれど。


毎年の繰り返し、それがありがたく思えるようになった。たしかに。


秋の朝。
金木犀は、なかなかに哲学的。


gonbe5515
by starforestspring | 2016-09-26 20:01 | 雑感 | Comments(0)

『七人の侍』がやってくる!

b0137175_20482883.jpg


新聞を読んでると、たまに、とんでもなく嬉しいニュースに出くわすことがある。

黒澤明監督の作品、『七人の侍』が、東宝系の映画館での企画『午前10時の映画祭』によって、上映されるそうだ。
b0137175_20482983.jpg


b0137175_20482863.jpg


b0137175_20482891.jpg



なにしろ古い作品。黒澤監督の映画についてよく言われる“声が聴き取りにくい”という部分も劇的に改善しているらしい。スクリーンに雨も降らず、音もこもらずに鑑賞できる・・というのは、実に楽しみなことではございませんか?

もちろんこれまで何度もこの映画を観たが、カッコつけではなく、何べん観ても退屈しない。観るたびに、観る部分が変わる。そして新しい発見がある。

b0137175_20482788.jpg


富山で上映される日程を確認した。
10月22日から11月4日まで。
行ける!絶対行ける!この期間、休みは取れる。

このニュースで、元気が出た。
新聞に感謝。


gonbe5515
by starforestspring | 2016-09-25 20:55 | 映画・ドラマ | Comments(0)

『ちはやふる下の句』

昨日の続きです。

DISCASでは、10月12日に『ちはやふる下の句』のレンタルが始まるそうです。
b0137175_12205878.jpg


一応、予約はしましたが、借りるかどうかは現時点では未定。
『上の句』だけでこの作品は充分かな・・・という気がしましてね。
ただ、『下の句』は舞台が近江神宮に移るので、そこはちょっと観てみたいというか。

b0137175_12205770.jpg


この夏、帰省の折に近江神宮に立ち寄りましたが、残念なことに楼門は工事中のため、分厚いシートがかけられていました。映画を観て近江神宮行きを主張した娘にとっても、つきあった私たち家族にとっても計算外の出来事。工事が終わる10月になったら再訪する予定です。

 #時計館2階に展示してあった『全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会』の写真は大変興味深いものでした。



この映画、続編の制作も決まってるとのこと。
東宝は、新しいドル箱だと認識したということでしょうか。
b0137175_12224213.jpg


東宝の思惑は知りませんが、私は、この映画がきっかけになって、かるたというものに、短歌という表現方法に、興味を持ってくれる若い子たちが増えてくれることに期待しています。
三十一文字という限られた字数の中に広がる無限の世界に気づいてくれる人が増えてくれることに期待しています。


この国が持つ文化、その魅力に気づいてくれる人が少しでも増えることを、心から願っているのです。


gonbe5515


『あやしい彼女』のレンタル開始は10月5日(DISCAS)。
都合がつかなくて映画館に出かけられなかった方は、是非ご覧頂きたい。
by starforestspring | 2016-09-25 12:24 | 映画・ドラマ | Comments(2)

『ちはやふる上の句』

上白石萌音さん、『舞妓はレディー』以来久しぶりの再会。
この人の持つ雰囲気は、ほんわかしててとてもいい!

b0137175_21485566.jpg


あ、この映画の主役は広瀬すずさんです。
広瀬すずさんは主役を張っておられました。
明るく可愛く元気よく。その体全部を使ってそのつぶらな瞳を使って。
でも、勝手を言いますが、『海街diary』の時のような陰影のある演技のほうが私は好きです。
キャラクターとしての元気いっぱいの高校生、小学校からの夢を追い続けてる高校生を演じてるわけですから、『海街diary』の時と違ってて当然なんですが。
b0137175_21485632.jpg



僭越ながら私は、脇役でだけど、机クンを演じた森永悠希くんをこの映画の一押しとしたい。

森永悠希くんです。覚えておいででしょうか?『プリンセストヨトミ』で、大輔くんを演じたあの子です。男の子なのに、セーラー服を着て学校に行き、不良たちに石灰をぶちまけられたあの子。お好み焼き屋の大将であり、また大阪国の総理大臣でもある中井貴一さんの息子を演じたあの子。あの子がねえ、この映画で実にいい脇役を演じてましたよ。上白石萌音さんに注目したのは、個人的な好み。森永悠希くんはそのたたずまい、演技。そこに目を持っていかれましたね。

ああ、それから太一くんも応援したくなりましたよ。
「来ないとわかってるなら取りにいけ」
この言葉、とても沁みました。

最近は漫画原作の映画が多くなりました。
長い間連載してる漫画はというのは、連載が続いてる・・イコール固定ファンがいるということなので、ある程度の動員数が確保できるという強みはあるんでしょう。でも長く連載している作品であればあるほど、映画にしたときに“ダイジェスト化”してしまうことは避けられないわけで。そうなった映画を、漫画の固定ファンは素直に受け入れてくれるんだろうかという心配のほうが私なんかは勝ってしまう。

そんなことなら、ダイジェストではなく、映画用のオリジナル脚本にしてしまったほうが、よっぽどいいと思うんだけど>『ドラえもん』みたいに。

私は原作の漫画を読んでないので、原作との比較をどうこうは言えません。
映画としての『ちはやふる』についての感想を言えば、物足りないところがたくさんありました。それはカタルシスの欠如。チームちはやふるがやってきたこと、都大会決勝に至るまでの部員の頑張り、机くんの心が折れてしまってから立ち直るまでの心の揺れ、北央学園との決勝戦、運命戦でのお手つきは、私にとってサッカーのオウンゴールにしか思えなかった。

しかしです!
この映画で、なんとなくでしか知らなかった競技としてのかるたを、これまでよりほんの一歩詳しく知ることができました。そこのところはすごく感謝している。
『下の句』10月12日レンタル開始だとか。
それを観てからこの映画についてもう一度語らせてもらおうと思います。
b0137175_21485658.jpg



gonbe5515
by starforestspring | 2016-09-24 21:52 | 映画・ドラマ | Comments(0)

『ボクたちの交換日記』

b0137175_19464930.jpg

『ボクたちの交換日記』という映画を見た。(BSで放送されたもの)

小出恵介さん、伊藤淳史さん。主役のこのお二人の演技がすばらしかった。
とくに小出さん。感服しました。
わりと“軽め”の役を演じられることが多い・・そんなイメージがあったのだけど、逆にいえばぶっ飛んだ演技からシリアスな演技まで、しっかり守備範囲ということ。

そういえば成海璃子さんとの『きみにしか聞こえない』にもご出演でしたし、名作(迷作?)『キサラギ』にもご出演でした。

売れないコントコンビ“房総スイマーズ”の、低迷、奮起、挫折。それから・・・を描いた作品。事前情報なし、先入観なしで観ました。それがよかったのでしょう。最初の交換日記スタートの“ツカミ”で、しっかり映画の世界に入り込むことができました。
b0137175_19465070.jpg


主役のお二人以外に

長澤まさみさん
b0137175_19465053.jpg

b0137175_19464899.jpg


木村文乃さん
b0137175_19464953.jpg

b0137175_1946515.jpg



佐々木蔵之介さん
大倉孝二さん
ムロツヨシさん
カンニング竹山さん
その他大勢のお笑い界のみなさま

・・・なんか、豪華じゃございません?そうそう、ベッキーも出てた。



大変見応えがあったし、最後まで一気に観ることが出来た。
ただ、私としては長澤さんと小出さん、木村さんと伊藤さんの、なれそめというか結婚にいたるエピソードというか、 そのあたりをもう少し知りたかったというのがあります。なんか、血が通ってないように思えたんですよね。特に木村さん演じる麻衣子さんが。

小出さん、海外に1年のロケにいくんだけど、そのことを長澤さんに告げるシーンがないし、留守を守る長澤さんの苦労も映さないし。1年ぶりの再会って、もうすこしドラマティックなような気がするんだけど。

・・・でもやっぱりそれは、サイドストーリーですしね、そうですね。


2時間をちょっと切る上映時間ということを考えたら、そのあたりばっさりカットして「みなさんのほうで、脳内補完をお願いします。その代わりほかに大切なジシーンをいくつかいれましたから」ということなのかもしれない。


『ボクたちの交換日記』
ベタと言えばベタな作り、ああ、なるほどそうだったのか・・で和解につながるあたりが特に。
でも、繰り返しますが、小出さんと伊藤さんの演技は一見の価値ありです。

お勧めします。



gonbe5515

24日番長の最後の登板、BS-TBSで放送されるようだ。
お見逃しなく。14:00からです。


by starforestspring | 2016-09-22 19:50 | 映画・ドラマ | Comments(2)

夕日に向かって去って行く番長

b0137175_18124596.jpg


横浜の番長、三浦大輔投手が今シーズンでの引退を決めたそうだ。

番長、42歳。大洋→横浜→DeNA一筋の25年。
弱小だったころの大洋。
1998年、38年ぶりの優勝。
両方を知ってる選手。
b0137175_18113148.jpg


ベイスターズの顔。
そう言ってどこからもクレームがこない、くるはずがない選手。

番長がついに去って行く。
夕日に向かって。
「あばよ」のひとことのあと、ふりかえりもせず。

24日の巨人戦に先発するとか。
その試合、ベイスターズの選手はみんな18番の背番号をつけることにしたんだとか。
b0137175_18113287.jpg


この試合は・・見逃すわけにはまいりますまい。
どこの放送局が放送してくれるんだ?


gonbe5515
by starforestspring | 2016-09-21 18:13 | 雑感 | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

趣味:ドライブ 昔の若..
by starforestspring at 19:51
”箱スカ”、懐かしいです..
by marrella at 14:00
とあるサイトでこの映画を..
by starforestspring at 14:35
いきなりハリソンの映画、..
by ハリソン君 at 23:34
今日も今日とて、みね子に..
by starforestspring at 18:41
やっぱり、そうですよね。..
by ハリソン君 at 00:03
marrellaさんこん..
by starforestspring at 11:19
gonbeさん、野球..
by marrella at 22:24

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ