<   2016年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

こんな夢を見た

え~っと。。。

今日もおいでくださいまして、ありがとうございます。
ですが・・・本日の記事はたぶん読むに値しないものだとおもいますので、このままスルーしていただいたほうがいいかもしれません。

「読むに値しないもの」ならアップしなければいいじゃないかというご指摘、ごもっとも。
ですが、私としては、自分自身のために記録を残しておきたいという願望がございまして。

本日に限って言えば、読んで下さる方々のことを考えず、自分自身の都合でアップすることを決めたということです。

ですので、私以外の人にはおもしろくもなんともないと思われますので、このまま別のブックマークをクリックするか、仕事に戻られるかしたほうがいいかもしれません。

なんかすみません。。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日の記事は、夜中(AM2:40)に目が醒めた私が、直前まで見ていた夢を、慌ててパソコンに打ち込んだものです。
編集なしのそのまんまなので、なんじゃこりゃ?なところもありますが、寝ぼけながらもパソコンに向かった心意気に免じてお許しください。


久々に、多部未華子さんが私の夢にご登場!

私と多部未華子さんは同じ劇団に所属する劇団員。今回の舞台は二人で主役。
今日は公演を終えて、出演者仲間のみんなと地元に帰途中。
超特急。新幹線とはちと違う。新型。

多部未華子さん、みんなにチケットを配ってる。
私と彼女とはごく親しい友人を除いては密かな仲。
席が隣同士になるようにと頼んでいたのに、そんなこと聞いてませんみたいな態度でチケットを配ってる。チケット配り終わるまでに時間がかかりそうなので、ヒマ。

そのとき、へんなオッサンに絡まれる。
「あんた、舞台に出とったな。なにもんや?」
「え?俳優ですけど」
「俳優はわかっとんねん!どういう人やって聞いてんねん!」
「なんやこのオッサン」


席に戻る。
多部未華子さん。チケットもらう。
席にいったら私の横の席には誰も座ってない。
あとからやってくる多部未華子さん。
「え?やっぱり隣同士の席取っててくれたんか?」
「忘れるわけないやんか」

二人で楽しく語らい。
「ごく親しい」友人登場。
男一人、おんな二人。
「なんやあんたら、そんなとこにおったんか」
「次の駅で5分停車や。電車の前で並んだとこを写真撮ろ」

次の駅。
駈け出す未華子&女友人二人。
時間来る。もどってこない未華子&友人二人。

探す。
もう一人の男の友人もいないことに気づく。
発車時刻。運転士さん、一番前の車両を切り離して探しに行ってくれる。なんとこの先頭車両、空を飛ぶのよ!
空から三人+一人を捜すも見つからず。
あきらめて発車するために駅に戻り、車両を接続しようとしたとき男から私のケータイに電話が入る。

「今、実家に戻ってる」
「どこにおんねん!」
「口では説明しにくいから、これ見て!」
「え???」
空高くあがる昼の花火。
「そこかあ!」
「運転士さん!」
「よっしゃあ!」
もう一度飛び出す先頭車両。


着いたところが石油精製所。
降り出した雨と、さっきの花火に反応したスプリンクラーで建物中ザーザー水が落ちている。
友人のオヤジさんは余命が残り少ないことを知って、近しいものに後のことを頼み、身辺整理をしてたそうな。
実家が駅に近いので、未華子さんと二人の女ともだちとで、見に行こうという話になって家に帰ったら、オヤジさんが倒れていたらしい。救急車を呼んで事情を聞かれたりしてるうちに発車時刻をすぎて・・

「なんやねんそれ」
「しゃあないやんけ、おれもびっくりしたんや」
「それやったらワシにも声かけや」
「おまえ、おらへんかったやんけ」
そうなのだ、私は写真を撮りにいこうという未華子たちの誘いを断り車内に残っていたのだった。
精製所の内部はきれいさっぱり物がなくなっていた。
会社の社訓と社長(つまり友人の父親)の写真だけが額に入れられ壁に残ってた。
その写真を見ると、なんとさっきのおっさん!


今回の公演も見に来てた。
息子とお気に入りの多部未華子さんの演技を楽しみにしてたらしいが、多部未華子さんが私とつきあってるのを小耳にはさんで、その相手を見に来るというのも目的の一つだったらしい。それで、未華子と出来てる私に絡んできたということか。


そこにおっさんの友人登場。
おっさんが息子にと彼らに託していた手水鉢をもってくる。
その鉢に水を満たすと、綺麗な音がする。
「なんやこの鉢」
「○○○いいましてな、おやっさん、お気に入りでしたんや」
「すごいな」
「これだけやおまへんで、こうしますとな」
その鉢の水に手をつけようとてを近づけていくと、何とも言えぬ共鳴音
「おお~!」
「どうだす?たいしたもんだっしゃろ。おやっさん、この鉢を未華子さんにゆずるつもりだしたんや」
その言葉を聞きながら涙を流す未華子。
その横顔を見つめる自分。


そこで目が醒めました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なんだかよくわからん夢でしたが、多部未華子さんと恋人同士という設定には大満足です。
ホントにすみません。。。。


gonbe5515
by starforestspring | 2016-04-30 23:23 | 多部未華子さん | Comments(0)

『道頓堀川』

宮本輝さんの『道頓堀川』というのを今読んでいる。

私は書店でこの方の名前を見つけるたび、あのNHKの名アナウンサーにしてその後参議院議員として活躍された宮田輝さんと混同していけない。正直に告白するけれども、宮本輝って書いた背表紙を見るたび、宮田輝さんのあの柔和なお顔が私の頭に浮かび、目の前にある本はあの方が書いたものなのだ、そう認識しておりました。

違います。全然違います。

宮田輝さん
b0137175_20445050.jpg


宮本輝さん
b0137175_20445292.jpg




別人だと分かったけれど、これからもやっぱり宮田輝さんのお顔が浮かぶに違いない。


で、『 道頓堀川』
今、中ほどまで読み進み、ようやく小説世界になじんできたころ。
喫茶店。アルバイト。2階の狭い部屋。ビリヤード。通天閣。天王寺。ヤクザな暮らし。
出てくるもの出てくるもの、懐かしくってねえ。
いや、もちろん小説の世界と私が経験した世界とは違います。
違うんだけど、“宮本輝” って三文字を見て、“ 宮田輝さんのお顔”を思い出すのと同じで、“喫茶店” “通天閣” “天王寺”っていう文字を読むと、私の頭に映像が浮かび、耳には音が聞こえ、あの匂いが鼻を刺激するのです。


道頓堀川にかかる橋の上から通天閣は見えるか見えないかなんて描写とかもう、たまりません。

たぶんですけど私、宮本輝さんの作品はこれまで全然読んでないはずです。
 #映画『泥の河』は観たけど
道頓堀川を読み終えたあとの気分が良ければ、他の作品にも手を伸ばす・・かもしれません。


紙に乗った文字を読む。
それで見えたり聞こえたり嗅げたりするんですから、ありがたいことです。



gonbe5515
by starforestspring | 2016-04-29 20:52 | | Comments(0)

素晴らしきバカリズム脚本

b0137175_11273357.jpg


今となっては遅きに失した感もあるんですが、4月の5日に放送されました『素敵な選TAXIスペシャル~湯けむり連続選択肢』をつい先ほど観終わりました。みなさんはご覧になりました?

実に素晴らしいドラマでした。

単純なようでいて、複雑。
捨てキャラのようでいて、主役。
なんでもない出来事のようでいて、実はあとになって効いてくる出来事。
一つ一つ別々のようでいて、実はみんなでひとつ。
b0137175_11274955.jpg

楽しませていただきました。すごいね、この脚本は。
アイデアをひねりだす苦労は人に任せ、オイシイとこだけいただきま~す的なのが多い昨今、バカリズムさんの作品は視聴者を楽しませるために、いろいろ考えました感がたっぷり。

「おお~そうきたか!」
「あ、なるほどね!」
「そ、それで・・どうなるの?」
「もしかして、これがあとになってきいてくる?」
見ているときに、そんなことを考えながら次の展開が待ち遠しくてしょうがない。
そういう脚本ですよ。


また、出演者のみなさんが、たのしそうでね。
b0137175_11274585.jpg

竹野内さんはもちろんだけど、瀧本さんとか清水さん、いい味出てます。
特に瀧本美織さん。
b0137175_11334311.jpg

最後の最後になって「空手の有段者」だったなんて、マリッジブルーに悩む女性をはかなく演じていたのに、そのギャップに驚くし、そういう使い方をするところがすごく楽しいし。

それからなんといっても松重豊さん。
b0137175_11273511.jpg

全てのエピソードにちょっとずつ顔を出してくるから、きっとなんかあるんだろうなあと思ってたら、最後の最後に主役に踊りでてきましたよ。そこにもってきて玉川さんのあのボールが効いてくるなんて・・・松重さんがガラスのドアに近づいて行くのを見たとき、「あ、あのボールがきっと・・・」と予想できたし、またその予想を裏切らないんだもの!
b0137175_11274395.jpg


清水富美加さんも、元ヤン教師がお似合いでした。「ごくせんを見て・・」というセリフがあとになって効いてくる妙がたまらない。
b0137175_11334599.jpg


清原果耶ちゃんもご出演でした。
b0137175_11375451.jpg



ほんとに良くできた脚本だと思います。
バカリズムさんは「脚本バカリズム」ってテロップが出ただけで見てみたくなる人となりました。
これから、ひいきにさせていただきます。


次回作、楽しみです。


gonbe5515
by starforestspring | 2016-04-28 11:45 | 映画・ドラマ | Comments(0)

東の人と西の人

タイトルを書いてて思わず♪昼寝をすれば夜中に・・・と口ずさんだのはご愛敬。

『とと姉ちゃん』がおもしろくないです。
森田屋に行ってからが特に。
浜松にいたときはおもしろかったのにという意味ではないです。
まだ子供の常子に、「ととのかわりを」と言い残して逝ってしまうととになんだかなあと思ったのが全てでした。あれは・・どうなのよ。そこは君子さんにお願いすべきではないですか?お嬢様然としてて、天然っぽくって、どう見たって頼りがいがあるようには思えない君子さんですが、だからといってそこをスルーして娘に自分の役目を託すっていうのはどうなのよと。君子さんに託しちゃうとドラマになりませんから・・と言われてしまうかもしれません。でもさ、普通娘に託します?

そこでひっかかってしまってからこっち、朝の15分があんまり楽しくありません。

加えて!
森田屋の面々のキャラ設定はなんだ!よくわからん!
浅草で80年続いてた仕出し屋が震災で深川に引っ越してきました。
元は東京浅草、べらんめえ口調でゴメンナサイ。怒鳴ってるようにしか聞こえないかもしれませんけど、これ普通ですから。

って言いたいのかなあ。。。。

その“べらんめえ口調”なんですけどね、元関西人としては、やっぱりすご~く強圧的に聞こえるわけです。全てが断定的、上から目線。そういう風に。
「いえ、東京ではこんなのあたりまえですから。方言ですから気にしないでそこはひとつ」
って言われても、元関西人にあの口調はキツイ。

雇う側と雇われる側。
年上と年下。
経験者と未経験者。
その辺の差はわかります。わかりますけど・・・。

関東では、あたりまえだけど?
そう言われたら再びゴメンナサイなわけですが。

お祖母さんのセリフには愛情を感じられるのに、まつさんとか大将にそれが感じられないのは、やはり私が悪いのでしょうか?


東と西。
その壁の高さと厚さ、それから自分の人間としての小ささを考えてしまう今日この頃です。


gonbe5515
by starforestspring | 2016-04-27 21:06 | 映画・ドラマ | Comments(0)

多部未華子さん『さんまのまんま』ご出演

b0137175_221222100.jpg


ようやく、放送されました。
いやあ、待った待った。

いわゆるところの“バラエティ番組”ご出演なわけですが、
さんまさんと一対一の多部未華子さんは、楽しんでらっしゃるようにお見受けしました。
このへんは、さんまさんのお人柄なのでしょうね。

“素”に近い多部未華子さんを観ることができた、そんな気がしています。
b0137175_2212246.jpg


「そうやろ、芸能人やから、マスコミのこととかあるやろし」
「ああ、全然気にしないですね」
「あ、多部さんって気にしないの?」
「全然気にしないです」

このあたりのやりとりの時の多部未華子さんの表情を拝見してますと、
計算とかポーズとかではなく、素直に本心を申し上げました・・って感じですね。
b0137175_22122565.jpg


TDLでの目撃情報もあるそうですし、たぶんあちこち出かけてらっしゃるのでしょう。
マスコミも“交際を秘密にしてるカップル”は絶好のネタになるので必死に追いかけるでしょうけど、“いつでもどうぞ、気にしませんから”っていうカップルは撮っても、「だから・・なに?」と言われて部数アップにつながらないから放置してしまうんでしょうね。

多部未華子さんの“スクープ”が雑誌に載ることはまずないとみました。


この番組を観ながら、多部未華子さんが女優として「監督の思うように演ずる」ことに目覚めたのはいつごろなのだろうかという疑問を抱きました。いつかのインタビューでインタビュアーから「監督がこうしてって言われたときに、私はこう思うっていうのってないの?」って聞かれて「ないですね。いくらでも変われます」って答えておられました。あの境地に達したのは、いつ頃だったのでしょう?

考えるのですけど、わかりません。


gonbe5515

『対岸の彼女』あたり?
by starforestspring | 2016-04-26 22:14 | 多部未華子さん | Comments(0)

ローマの休日

昔、ヨーロッパ特急という映画を観たことがある。
武田鉄矢さんが演ずるカメラマンと、ガブリエル・サニエ演ずる王女とがひょんなことから二人でヨーロッパを電車で旅する(追っ手から逃げる)映画。私、あの祇園会館でこの映画を観たのです。ガブリエル・サニエが可愛らしくて!しばらく彼女のことばかり考えてました。その後、『ローマの休日』を観たとき思ったのが、「ガブリエルの出てた映画とよく似てるなあ・・」

『ヨーロッパ特急』が『ローマの休日』からヒントを得て制作された、もしくは翻案された映画であるというのは、ずっとあとになって友人から聞きました。なんといいましょうか、若いって、恥ずかしいってことと同義語ですね。



昨日、『 ローマの休日』を観ました。
何年振りになるのやら。。でも、飽きずに観られました。
いい映画はいつまでたってもいい映画のままです。

オードリーヘップバーン演ずるアン王女を見てて思いました。
この役、多部未華子さんがやってるのを見たい!
王女の気品と可愛さと苦悩と哀しみをきっとうまく表現してくれると思う。
b0137175_22404054.jpg

b0137175_22403794.jpg


特に、ラストの記者会見のシーン。
多部未華子さんがどんなふうに演じてくれるか、想像するだけでワクワクします。

この映画、“映画的な”シーンが沢山あります。
王女が薬のせいでジョーのベッドで寝てしまうまでのくだり、スペイン広場でのアイスクリーム、ベスパで暴走するところ、真実の口のシーン、ダンスパーティーの乱闘、見所は満載、オードリー演ずるアン王女の可愛らしさって言ったらもう・・。>当時23歳か24歳。
b0137175_22404456.jpg

b0137175_22404255.jpg


リメイクが無理なら『ヨーロッパ特急』のような翻案ものでもいいから、多部未華子さんがアン王女のような明るさと強さとを表現出来る機会を与えてあげてほしい。一日だけの休日を謳歌する王女。それを多部未華子さんで観てみたい。


gonbe5515
by starforestspring | 2016-04-23 22:42 | 多部未華子さん | Comments(2)

『サウンドオブミュージック』

b0137175_11414358.jpg


サウンドオブミュージックを観ました。

私が持ってるブルーレイは『サウンドオブミュージック制作45周年HDニューマスター版』というやつですが、3枚組で内容がてんこもり!全部みるのにいったい何時間かかるんだという・・・。
(今は50周年記念版といのが販売されてるようです)

この映画に出てくる人たちは本当の家族に見えます。
それが映画の魅力になっているのは間違いありません。
大佐、マリア、子供たち7人、マックス、男爵夫人、ロルフ、ナチスの高官。
どの一人が欠けていても、この映画が成立しなかったんじゃないかとさえ思います。
b0137175_11414080.jpg



オープニング。
マリアの結婚式。
エーデルワイス。

この三つのシーンは特にお気に入り。
というか・・・思わず泣いてしまうシーンですね。


特にマリアの結婚式には、心打たれました。
あの荘厳さは素晴らしい。
修道院の尼さんたちがなぜ教会の中に入らない(入れない?)のか、そこが謎のままなんですが、それをおいてもあのシーンの撮り方は素晴らしいと思います。
後方から祭壇に向かってのロング。真横からのマリア、ルイーズ。正面で大佐を捉え、祭壇前に進む二人と、司祭を納めたあと、祭壇の上方にカメラがアップしていく。マリアの結婚は、その荘厳なる調べに背中を押され、敬虔なる信者として、神の前で誓いを立てる。神との契約。神に対して夫となる人との愛を誓う。うん、本当に素晴らしい。

最近の、日本におけるファッションとしての結婚式に対して、もの申したく思います。
普段協会にも行かず、聖書も読まず、キリストの生誕、降臨も知らず、キリストの苦悩も知らず、
ただ、ウエディングドレスを着て、たまさかの式を挙げる。

本当にそれでいいんですか?
一生に一度の愛する人との大切な儀式をファッションにして、本当にいいんですか?




そんな私の個人的な思いは別にして、とにかくこの映画は素晴らしいのです。
万一あなたがこの作品をご覧になってらっしゃらないのなら、今すぐご覧になるべきです。
平成の世に忘れさられつつあるもの、大人になることへの恐れとか憧れとか、人との関わりの中で得られる楽しみとか、自らの意志を貫く覚悟とか、それを支える絶対的な信頼とか、そういうものを見つけることが出来るのではないかと思います。
b0137175_11413812.jpg


まあ、オッサンのたわごとと聞き流していただいて結構。

でもね、繰り返しますが、私はこの映画と『メリーポピンズ』を観る機会を得られたことが、自分の人生にとっての幸福だったと信じて疑いません。



gonbe5515


リマスター版の映像は確かに美しいです。
これからご覧になる方は、ぜひこちらを選んで下さい。
今は50周年記念版です。吹き替えはいらないとおもうけど。
by starforestspring | 2016-04-22 11:59 | 映画・ドラマ | Comments(0)

『あさが来た!』スピンオフ

b0137175_20121872.jpg

ふゆちゃん萌え~なあなたに朗報!

今日知ったのですが、『あさが来た!』のスピンオフが明後日放送されるそうです。
予告を見るかぎり、亀助さんが主役の模様。
ふゆちゃんも予告に出てましたよ!

亀助さんがふゆちゃんとの結婚をふゆちゃんのお父さんに認めてもらおうと、奮闘する・・みたいなストーリーの模様。亀助さんはもちろん、雁助さん、うめさん、美和さん・・みんな若返ってご登場です。よのさんなんか生き返りますから!

楽しみなのは、ふゆちゃんのお父さん役をやった方をもう一度見られることですね。
あの方、登場シーンでの印象は強烈でした。出番も多くなく、あっという間に退場されたのを残念に思っておったのですが、今回はたっぷりと演じていらっしゃるようで。。

いやあ、楽しみです。

4月23日 午後9時~10時30分 BSプレミアム

お見逃しなく!


gonbe5515


ふゆちゃん萌え~な方々は、もうとっくにこの番組のことを知っていて、
「gonbeのやろう、今頃気がつきやがった、情けねえやつ・・」
と、笑っていらっしゃるのかもしれない。。。
by starforestspring | 2016-04-21 20:13 | 映画・ドラマ | Comments(0)

『あやしい彼女』再び・・最終回

『あやしい彼女』再び・・お読み下さってありがとうございます。
本日をもって、このシリーズはおしまい。


映画はいい。


映画に関わって下さった全てのみなさまに感謝申し上げる。


ありがとう!



私もね、うん、がんばりますよ。


まだまだ人生は長いのだ。
カツみたいに、ハタチに戻れたら・・・・・


とりあえず、旅に出よう。
とりあえず、友だちを大切にしよう。
とりあえず、生きてることに感謝しよう。


gonbe5515
by starforestspring | 2016-04-20 12:04 | 映画『あやしい彼女』 | Comments(9)

『あやしい彼女』再び・・5


昨日、結局『サウンドオブミュージック』を最後まで観ました。
BDの特典映像も。これがまた、内容盛りだくさんで!
近いうちにこの映画について書くつもりです。


で、『あやしい彼女』
この映画を観て、シーンを思い返して、思う事は、やはり多部未華子さんの圧倒的な存在感です。
いやもちろん、タベリストとしてのひいきめはあると思います。ですが、それを差し引いても、やっぱり多部未華子さんの魅力があふれた映画だと言い切っても、どこからも異論は出ないだろうと思います。

多部未華子さんという女優がいる。その女優に監督が役についての説明、演技のリクエストをする。女優多部未華子さんとなった人がその人物に変身し、リクエストに応える。そこにいるのは、多部未華子さんという女優ではなく、女優多部未華子さん。・・・・うーん、上手く表現できませんが、雰囲気だけ掴んでもらえたら幸い。


節子がしゃがむシーンが何回かありましたが、そのとき節子は膝を左右に大きく開いてしゃがんでました。若い女性は普通そういう風に左右に開かないと思うのです。膝をそろえ、どちらかに寄せてしゃがみません?見た目は20歳でも中身はごまかしようもない73歳。しゃがみ方ひとつにも、そういうところを表現している。私はそこに感服したのです。


とにかく、多部未華子さんの笑顔はサイコーです。
クルクル動く目は、ほかの誰にも真似の出来ないもの。
顔全体の筋肉を使って作り出す表情はいったいいくつあるのか。
どんな動きも出来てしまう、身体能力と勘は、訓練のたまもの?天性のもの?

ぶっとんだ演技が出来て、シリアスな演技も出来て、素はシャイなようでいて、実は明るく笑う女性で。歌も歌えてステップも踏めて。

こんなコが彼女だったら、どうします?毎日楽しくって仕方がありませんよね!
いや、逆に誰かに取られたらどうしようって心配か?>そりゃあ自分に自信のない人が言うセリフ。


『デカワンコ』『永遠の0』この2作品に出演してた女優が同一人物だと君知るや?
『君に届け』『ドS刑事』この2作品に出演してた女優が同一人物だと君知るや?
『山田太郎ものがたり』『源氏物語千年の謎』この2作品に出演してた女優が同一人物だと君知るや?
『鹿男あをによし』『浪花少年探偵団』・・・このへんでやめときます。


多部未華子さんは、今日も行くのだ。
「おはようございます」の挨拶のあと、女優多部未華子さんに変身するために。


gonbe5515


多部未華子さんは、やっぱり女優です。
芸能人とかタレントとかではない、まぎれもない女優です。
by starforestspring | 2016-04-19 22:51 | 映画『あやしい彼女』 | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

趣味:ドライブ 昔の若..
by starforestspring at 19:51
”箱スカ”、懐かしいです..
by marrella at 14:00
とあるサイトでこの映画を..
by starforestspring at 14:35
いきなりハリソンの映画、..
by ハリソン君 at 23:34
今日も今日とて、みね子に..
by starforestspring at 18:41
やっぱり、そうですよね。..
by ハリソン君 at 00:03
marrellaさんこん..
by starforestspring at 11:19
gonbeさん、野球..
by marrella at 22:24

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ