<   2013年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

月と日本語

ご存知の方も多いと思うのですが、こういう本があります。

『月とにほんご』


井上純一さんの前の著作『中国嫁日記』はブログで発表されてるものとかぶったものが多いのと、立ち読みで済ませられる(と思った)ので購入しませんでした。

が、この本は買っちゃいました。
その決め手になったのは次のセリフ。

「ビルは“建てられるもの”で、”建っている”は変です。“ビルが建っている”はビルに意思があって、“自分から建っている”の感じ」
「日本人はビル生きてる思てマスカ?」

月さんのこの主張に笑っちゃったのですが、同時にナットクも出来たからなんです。
我々日本人はもちろんビルに意思があって建ってるなんて思いません。
「建っている」は建築物がそこに存在することを指し、意思を持ってそこに“たって”いるのであれば、“立っている”という言葉を使いますからね。
私たちはその二つの文字の違いを、日本語を長く使っている間に、対象物によって頭の中で何の苦もなく選択してるわけです。

しかし、口から発音すると、ふたつとも「tatteiru」ですから、日本語を長く使っていない人たちにとってはその選択がなかなか難しい。そういうことだと思うのです。

自分にとって当たり前のことが、別の人にとっては当たり前ではない。
私、こういうのに気づく、気づかされるのって大好きなんで。

『月とにほんご』、なかなか楽しく読まさせてもらってます。

書店ではたぶん平積みで売られてると思います。
見かけられたらお手に取ってみてください。

gonbe5515

ただ、一気に読むと、あっという間に終わってしまいそうなのが残念。
by starforestspring | 2013-02-28 22:27 | | Comments(2)

I am back! ,too.

富山ではここ二日雪が降らず晴れ間がのぞく天気です。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

やりました。
28日に1日を余して計画完了。
私は戻って参りましたよ!

ホッと一息です。
今回の仕事に比べれば、これまで大変だと思ってた仕事がいかに“甘い”ものだったか・・・。
世の中にはいろんな仕事があるもんですね。

録画した番組がたまってます。
DISCASのDVDも封を開けないままほったらかし。
あ、でもお酒は順調に減りつづけました。
どんなに遅く帰っても飲みましたもの。

・・・そんな自分をほめてやりたい。>ダメですか?

新しい仕事に取り組むことにうれしい気持ちがあるんですね。
初っぱなからこれですから、これからどんな展開になるんだか。。
でもまあ、人間は環境に慣れていく動物ですから、何とかなるんじゃないかと思います。

とにかくやるだけのことをやって、一年後どんな結果が出ているか。

それを楽しみにして、やっていく所存です。


gonbe5515

問題は2年目があるかどうかなんだが・・・
by starforestspring | 2013-02-27 16:58 | 雑感 | Comments(2)

みなさまへお知らせ

前にちらりと書いたことがありますので、ご記憶の方もいらっしゃると思いますが・・・。

このたび私、仕事のことで、新しいステージに上がることになりました。
 #と言っても、私はミュージシャンとか舞台俳優とかそういう類の者ではありません。

そのため、今日から月末まで、いろいろやらねばならないことが多く、毎週楽しみな水曜日(定休日)の“朝からジャックダニエル!”も諦めねばならない状況となってしまいました。


ので、


しばらく投稿が滞ると思います。

お楽しみの方には大変申し訳ございませんが、その間は過去記事の検索、カテゴリーごとの記事などをお読みいただければ幸いです。

開設当初の記事など、今とはまったく雰囲気が違っててそれはそれなりに(本人としては)面白いものです。あの頃の署名は“gonbe”でしたねえ・・(遠い目)


そういうことでみなさん!
スミマセン!

gonbe5515
by starforestspring | 2013-02-23 23:19 | 雑感 | Comments(6)

多部未華子さんが食わず嫌いにご出演!

昨日は久々に仕事が午前様になり、睡眠時間が3時間しかありませんでした。
普通なら、今日一日眠くてしょうがないはずなんですが、
不思議なことに、元気ハツラツ!オロ・・(以下略)

本当に快調!なんですよ。体が軽くてね。頭もスッキリ。もちろん寝る前にお酒は飲みましたよ(ほんのちょっぴりです)
ここ半年くらいのうちで、サイコーの状態と言ってもいいくらいでした。
なぜでしょう?
もしかして、50を越えると睡眠時間は3時間くらいがベスト?
・・・・なわけないですよね。

本当にビックリです。


ビックリといえば・・・・
多部未華子さんがとんねるずと共演するそうな。

「え~~!?」

まさかあの番組に出演するとは思わなかったなあ。。
出演者のキャラクターがまっすぐ伝わるという点では、他の大勢と一緒の“雛壇”に比べればいい番組だと思いますがね。
食わず嫌いに相葉くんと出るらしい。
ここ半年くらい、食わず嫌いは見てないので最近のことは知りませんが、毎度おなじみのパターンだとしたら、タカさんの横に多部未華子さん、ノリさんの横に相葉くんですよね。多部未華子さんがタカさんの“イジリ”をどう受け流すかが見ものでしょう。(イジリをイジリと認識できない可能性も否定出来ない)

タカさんが例によって多部未華子さんの肩を抱いたり、後ろに倒れ込んだりは・・・しないと思います。そういうのを許さないオーラが今の多部未華子さんにはある!

で・・・思ったのは、

もし多部未華子さんが負けたら、罰ゲームはなんでしょう?
変顔でしょうか? 
「誰か・・・わしが罰ゲームをする事に異存があるかぇ!?」でしょうか?

個人的には、歌うところとか、一人二役で一人芝居をやるとかが見てみたい。

録画予約、さっそく済ませました。
来週の木曜日です。
またまた新しい多部未華子さんが見られるかもしれません。
みなさまお見逃しなく!

gonbe5515

結局とんねるずのお二人しだいだと思うのです、ゲストの魅力を引き出すか否かは。
変なイジリをして、楽屋オチのネタに終始したら許さないから!>タカさんノリさん。
by starforestspring | 2013-02-22 20:32 | 多部未華子さん | Comments(0)

城田じゅんじさんのこと

最近のブログレポートを見ると、
検索ワードのトップは常に「多部未華子」さんなのですが、
最近また「城田じゅんじ」さんが上位に上がってきました。

ご自身のサイトもオープンされてますし、
そこにたくさんのコラムもかいておられます。
その中には私の愛する『高石ともやとザ・ナターシャーセブン』のものもあります。

近頃、城田氏の名前を検索した方が私のブログに多く来られるようになったのはたぶん、彼の仕事が順調で、ステージをご覧になった方が、家に帰ってからパソコンに向かい今日すごい演奏を聴かせてくれた人の来歴を知りたくて・・という流れもあるんじゃないかと想像しています。

私は(これまでに何度も書いてますが)いまだに城田氏について複雑な心情から抜け出せないままでいます。自分でも驚いているんですが、ほんとうに彼についての最初の記事を書いたときからなにも変わっていません。

これから変われるのかどうかもわかりません。

変わりたいか?と問われたら・・・・無言でいるしかないのですけど。


城田氏のサイトのトップページは明るい色調で、相変わらずのやさしい笑顔が中央にあります。

ナターシャセブンのときのまま、たった一度だけ一緒にお酒を飲んだときのまま、椛の湖で省吾さんと笑いながらリハーサルをやっていたときのまま。


わたしには、ちょっとツラいトップページです。。

gonbe5515
by starforestspring | 2013-02-19 21:32 | 音楽 | Comments(3)

『志村どうぶつ園』はやっぱり私には合わないなあということについて

志村どうぶつ園、見ました。
多部未華子さんとコハクのシーン以外はすっ飛ばしましたけど。

だめなんですよね、ああいうお涙頂戴的な引きの画を見せられると。
男はね、人前で泣いちゃいけないんだよ!

映画やドラマで男が泣いてるのを見るのは、まあしゃあないかな・・と思うのですが、スタジオにいるみんなでビデオを見て、それで泣いてるっていうのは私はダメです。
めちゃめちゃ拒否反応です。

泣かせたいんでしょ?
涙を見せることで番組を見てる視聴者にも泣いてもらおうっていう魂胆でしょ?

好かねーー!

泣いてるところを見せることで視聴者を泣かせるんじゃなくて、
笑ってるところを見せることで視聴者を泣かせてみろと。

・・・・だったら見てやる。


gonbe5515

なんか今日、エラソウ。
by starforestspring | 2013-02-17 20:26 | 映画・ドラマ | Comments(9)

ネット社会の楽しさと怖さ

もう15年くらい前のことですが、あるMLに入ってました。
MLの共通項は「多胎児の親である」というものでした。

双子の親にはふしぎな習性が備わってしまうのです。相手も双子の親である、それだけで初対面であっても「私たち、友だちよね?」って微笑みあえるんですよ。
#私なんかいまだに双子の赤ちゃんと一緒のパパママを見かけると話かけてしまいます。
そういう人たちの集まりですから、とても雰囲気のいい楽しいMLでした。

その中の一人に、ほとんどの投稿にレスをつけてくれる人がいました。
私はその人のレスが楽しみだったし、たぶん他のみなさんもそうだったと思います。
レスのつけかたもお上手で、元ネタの話がそのレスによってどんどんふくらんでいくんですよね。

ところがある日、
その方のレスに対してキレた人がいたのです。
それはもうすごい剣幕で。「こんな人がいるMLなんか抜けさせてもらいます!」という捨てゼリフを残して、その方はいなくなってしまいました。
なにが問題だったのか、何に対してキレたのか、そこのところはなにも言わずに感情的な言葉だけ投げつけてその人はいきなりMLから姿を消してしまいました。

その問題とされたレスなんですが・・・
このレスを読んでなぜ“キレる”のか、まったくわからない内容だったのです。
表現も穏やかだし、言い回しだって誤解されるようなものでもないし。

レスをつけたご本人が受けたショックはいかほどだったかとおもいます。
その後、多くのメンバーさんから「気にしないでね」「あのレス、なんの問題もない思います」というような励ましの投稿が延々と続きました。もちろん私もその一人でした。

のちにその方から直接メールをいただきました。
「表情や口調、語尾の様子がわからないネットの世界での言葉のやりとりなので、いつも文章には気をつけていた。書いたあと、正面から後ろから、左から右から解釈が出来ないかチェックしてから投稿していた。あのレスも問題ないと思って投稿したんだけど・・。でも私の文章が一人の人を怒らせてしまったのは事実。気にしないようにするけれども、文章の怖さを改めて思い知らされました。」
こんな内容でした。

直接会ってる状態でのやりとりならなんでもない言葉でも、文章になれば誤解をしてしまう、誤解を生んでしまう、争いのタネになりかねない。

人と人とのつき合いに思いやりと心配りが欠かせないように、文章のやりとりにもそれを忘れてはいけないと思います。自分がよくても、相手にとっては刃になる言葉があるかもしれない。笑いのネタとして書いたものでも、読む人にとっては傷口に塩をすり込まれるようなものかもしれない。

そういうあらぬ誤解を生まないための手段として、ネット投稿独特の手法がいくつもあります。
私は、自分が書いた文章に細心の注意を払うことを忘れないために、それらの手法を極力使わないようにしています。・・が、それでもどこかで、誰かの気持ちを逆なでしてしまったことがきっとあるんじゃないかと思うのです。

書く側も読む側も相手の立場に立ってみる。
書いた人の気持ち、読む人の気持ちを考えながら、書きそして読む。
そうしてお互い同士の意見を交換できれば、無用の誤解が生まれる可能性を少なくなるとおもうのですが。。。


PCを使って他人になりすまし、犯罪行為を行って逮捕された人がいます。
リアルな世界なら出来ないことも、ネットの世界なら出来てしまう。
とても恐いことではあるのですが、だとしてもそれを実行するかどうかは結局使う人の心ひとつのはずです。

活発な意見交換、反対意見の応酬というものは、神経を研ぎ澄まし、知的好奇心を刺激するので願ってもないことですし大歓迎ですが、自分のことは完全肯定、他者に対しては敬意を払わない、のみならず相手の人格・存在を否定し、認めない方とのやりとりは謹んでご辞退申し上げたい。

・・・・・と思います。

荒らしたくもないし、荒らされたくもないのです。

gonbe5515
by starforestspring | 2013-02-16 21:54 | 雑感 | Comments(3)

隕石落下

おはようございます。
朝刊を読みました。

>何事もなく、今日が終わろうとしています。

と、昨日書きましたが、ロシアで隕石落下。
負傷者700人を超え、その他大きな被害が・・とのこと。

小惑星との関連はないそうですが、大変な事態が起きたのはまちがいなく。

慎んでお詫び申し上げます。
m(_ _)m

gonbe5515
by starforestspring | 2013-02-16 07:28 | 時事 | Comments(0)

書道ガールズ キックアス

そう言えば今日、小惑星が地球に最接近すると言われてた日ですね。
・・・何事もなく、今日が終わろうとしています。
ラストホープの撮影の合間をぬって、多部未華子さんがまた地球を救ってくれたんでしょう。
多部未華子さん、ありがとう!



おとついベッドに寝そべりながら『書道ガールズ』と『キックアス』を観ました。
b0137175_2149848.jpg


私が観る映画として『書道ガールズ』を意外に思われる方がもしやいらっしゃるかもしれませんが、私書道嫌いじゃないんです。
#好き嫌いと書の上手い下手は比例しませんから誤解のないよう願います

本音のところをいえば墨をする作業が好きなんですね。
主人公里子が書道について語る言葉の中に「書道とは自分と向き合うこと」というのがありましたが、墨を擦る行為もそれにあたると思います。

映画自体は、フラガールとかスウィングガールズとかを思い出させるような、どこかで観た設定が多くてなんだかなあでした。
ラストの「書道パフォーマンス甲子園」で、四国中央高校書道部の演技のとき、主役の里子が足を滑らせてしまい、一同あぜん・・っていうシーンがあります。そこで顧問の先生がなんかブツブツとつぶやいているのですが、なぜか私、『鹿男あをによし』、大和杯での剣道の試合での小川先生のセリフを思い出してしまいました。

「あきらめるな!大和杯獲るんだろ!」
>本作の顧問は、小川先生ほどには里子を力づけることできなかったようです。

小島藤子さんが、なかなか難しい役どころ(『純と愛』におけるチュルチュルちゃんのような?)で出演しておられました。
ああ、なんかこの人、気にかかる。。



『キックアス』
b0137175_21491034.jpg

ようやく・・というか、おまたせ・・というか。wowowで放送されたやつを録画してたんですが、なぜだかここまで観ないまま引っ張ってしまいました。
実にたくさんの人が死にます!
しかもそのほとんどは11才のかわいらしい少女に殺られちゃうんです。
憎い仇のボスの部屋に続く廊下での戦闘シーン、リモコンを操作してスロー再生で観ました。
ちゃんと脳天がぶち抜かれてるし、喉の真ん中にぽっかり穴があいてるのが確認できるし。
今時の映像処理技術ってすごいですね。


この映画の、見せ所のひとつと言っていい、廊下のシーン。
b0137175_21501171.jpg

ヒットガールがベルトに差してたマガジンを前方に放り投げ、空中に浮いてるそのマガジンを、両手に持ってる銃に二つ同時にカシャーン!って装着するんです。走りながらですよ!

普通の再生の時には「え?今なにやったの?」ってわからなかったのです。
スロー再生にしたのはそれを知りたかったからなんですが・・驚きましたねえ。
実にカッコイイじゃないですか!

調べてみたら、今年の6月に『キックアス2』が公開予定?だとか。
どうしようかな。観に行こうかな。
観に行くだろうな・・。


gonbe5515

にしてもクロエちゃん、大きくなりすぎてるんじゃ?
by starforestspring | 2013-02-15 22:02 | 映画・ドラマ | Comments(4)

センチメンタル

オーケストラの音合わせのような音が聞こえる。
それはひとしきり大きくなったあと、突然消える。
入れ替わりにギターのアルペジオが入り・・・そして

♪はーるかな はーるかな 見知らぬ国へ
♪人で行くときは 船の旅がいい

井上陽水さんの二作目のアルバム『センチメンタル』の第一曲目、
「つめたい部屋の世界地図」

このころの陽水さんの歌詞はまだ直接的で簡潔なのだけど、それでも陽水さんの特徴である独特の言葉の世界の片鱗が感じられます。

私はこの曲を、よく聴きました。
部屋を真っ暗にして聞いていました。
四畳半の部屋にいる自分が、防波堤の先っぽにすわってるような気分になれましたから。


このアルバムが私は大好きです。
ひとつひとつの曲からいろんな想像をめぐらせたものです。
赤いエプロンをして分厚いセーターをもてあましてる“キミ”
夜の高速道路を矢のように走りつづけるバス。
和歌のような『神無月にかこまれて』
妹と自転車に二人乗りしてでかける『夏祭り』私はこの曲を聴いたとき、歌に出てくるおにいちゃんにとって、祭りってどんなものなんだろうと、ひとしきり考えたものです。祭りをこんなにも“暗く”歌った曲は他にないんじゃないでしょうか?

もうおっさんになってしまった私ですが、このアルバムを聴くと毎日飽きずにこのアルバムを聴いていた頃のことを思い出します。ホントにあの頃は、ほかにやることがないのかってくらい、レコードを聴いてましたね。

多くのアルバムを世に出している井上陽水さん。
『氷の世界』での変身ぶりで、ファンを戸惑わせた井上陽水さん。
“大御所”となられて今もご活躍なのは祝着なのだが、私が一番好きだった陽水さんは、
『断絶』『センチメンタル』『陽水ライブもどり道』の頃。

ファンのみなさんからは失笑を買うかもしれないけど。
ま、こういうヤツもいるということでご寛容のほどを。。。

gonbe5515
by starforestspring | 2013-02-14 21:02 | 音楽 | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

趣味:ドライブ 昔の若..
by starforestspring at 19:51
”箱スカ”、懐かしいです..
by marrella at 14:00
とあるサイトでこの映画を..
by starforestspring at 14:35
いきなりハリソンの映画、..
by ハリソン君 at 23:34
今日も今日とて、みね子に..
by starforestspring at 18:41
やっぱり、そうですよね。..
by ハリソン君 at 00:03
marrellaさんこん..
by starforestspring at 11:19
gonbeさん、野球..
by marrella at 22:24

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ