<   2009年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

祇園さんの桜

祇園さんの朱色の門をくぐってしばらく歩くと
大きな枝垂れ桜がある。
かつては“あたりまえ”の桜で、
平日であれ日曜であれ、祇園さんにやってきた人たちが見上げては
「咲きましたなあ」
「へえ、今年はちょっとはよおしたなあ」
などという会話が交わされていた(はず)

ところが、最近はライトアップされたりして大変な人だかりだとか。
観光用のポスターになったことも原因らしい。
前述のような会話がのんびり交わされることも、少なくなったのかもしれない。

京都は桜、たくさんあります。
観光ガイドに載っているところだけではなく、それなりに楽しめる桜があちこちにあります。
ブルーシートを敷いて、酒を飲んで・・というのはあまり似合いませんけどね。

これからの季節、京都には“桜見”の方が多くなるでしょう。
自分だけの桜は、あまり人に教えないほうがいいかもしれません。

♯こんなこと言うから京都人はイジワルと言われるのか?

   gonbe
by starforestspring | 2009-03-31 18:47 | 京都 | Comments(0)

羽根

学校のプールの底から見上げたときとそっくりだった。
神社の森の奥、倒木に腰掛け本を読んでいた時に見上げた空。
濃い緑、薄い緑。
初夏の夏の日差しがいろいろな緑に透かされてチラチラ光り揺れている。
暑さを感じさせるほどではないセミの鳴き声。
時々思い出したように木々をすり抜けてくる、程よく涼しい夏の風。

開いている本の上に、小さな薄い羽根をもった虫が降りてきた。
それは活字の上を右に左に動き回ったあと、考え込むように羽根を止めた。
止まった虫。揺れる光。風。緑。
ほんのしばらくのあとだと思う。虫は飛んでいってしまった。
森になって眠っていた私を揺り起こすように。

   gonbe
by starforestspring | 2009-03-30 12:48 | 思い出 | Comments(0)

egbridge

先日、Winのノートを購入したことを書いた。
Becky!
実を言うと、あれ以来ほとんど移行は進んでいない。
仕事上のデータはExcelとFileMakerがほとんどなのだが、これらのソフトはWinもMacも共通なので、
割と簡単に進むだろうと思っていたら、あにはからんや結構てこずってます。

書式設定が消えてしまったり、ファイルそのものが壊れてしまったり。

それよりなにより、思わぬ落とし穴、“日本語入力システム”の違い。
これまでegbridgeを愛用してきて、その操作性に慣れた身にとって、
Win のそれにどうしても馴染めない。
たとえば、再変換。たとえばドラッグによる文字の移動。
これまで鍛えてきた辞書の移行が出来ないこと等々。

辞書なんかは、ヒマを作ってコツコツと一から登録し直すことができるが、
再変換やドラッグによる文字の移動が出来るのと出来ないのとでは、
文章を書くときのストレスが天と地ほどに違ってしまう。

ならばと、ATOKの導入を検討しているのだが、
購入したものの、ドラッグが出来ないなんてことになってしまったらと思うと踏み切れない。
>デフォルトのものに比べればきっとましなんだろうけどね。

ユニバーサルホイールとか、スマート履歴変換とか、
egbridgeが持っていた機能の数々を手放すことを考えると、
購入したノートを手放した方がはるかにいいのではないかと小一時間。。。

現在ATOKを使っておられる方、是非その使い勝手を教えていただきたいものです。
m(_ _)m

   gonbe
by starforestspring | 2009-03-29 21:54 | 雑感 | Comments(0)

南アフリカ行き

バーレーンに勝てました。>勝ちましたと言えないところが辛い。
勝ち点差、今後の対戦相手を考えた場合、これで南アフリカ行きは間違いなさそうです。

ワールドカップへ行くことだけが目標だった昔と今は違います。
行くのはあたりまえ。行ってどれだけの成績を残せるのか。
それが心あるサッカーファンの正直な気持ちでしょう。

行くだけでいいのなら、クーベルタンや牧野さんが言ってた
オリンピックや高校野球と同じです。

“強さ”を感じられない日本代表でした。
こうすれば点を取れる。
こうなれば強い。
そんなところが全然感じられないまま、“なんとなく”入った点のおかげで勝てました。

ワールドカップベスト4?
岡田さん、本気で言ってるの?

ムリです。
今日、確信出来ました。
日本は強くない。

トップ4に入る力があるとは到底到底到底思えない。

南アフリカへ行けることだけで満足してればいいんじゃないですか?

   gonbe

マスコミはこれから浮かれ記事をどんどん出していくことでしょう。
乗ってはいけません。
浮かれてはいけません。
お幸せな気分でいたい方は、ご勝手に。
by starforestspring | 2009-03-28 21:31 | 雑感 | Comments(0)

バーレーン戦

バーレーンって島国ということをご存知でした?
お手元に世界地図があれば是非開いて位置を確認していただきたい。
人口は67万人。
首都の人口ではないですよ。全国民です。

120000000人の国の代表と、670000人の国の代表とが今戦ってます。
身長、体重。
でかい方が強いのか?という疑問もかかえつつ、今後半が始まりました。

キーパーソンは田中達也。

という予想。

   gonbe
by starforestspring | 2009-03-28 20:24 | 時事 | Comments(0)

歴史の点と線

高校の選択科目で、世界史は取らなかった。

理由。
カタカナの名前や地名が多かったから。
コンスタンティノープル
オスマン・トルコ帝国
なんてのを覚えることが、自分には無理だとわかっていたからです。

で、選んだのは日本史。
でもあまり勉強しなかった。
日本史の面白さを知らなかったのですね。
西郷隆盛。徳川慶喜。新井白石。伊達宗光。
こういう人たちの“名前”は知っていても、その方たちが“なにを”なさったのかは知らなかったのです。

それがみなもと太郎先生の“風雲児たち”と出会ってから劇的に変わる。
「風雲児たち」Amazon でのgonbeのレビュー

年表で覚える歴史は縦の線。
人名で覚える歴史は点。
この本と出会ってから、歴史を横の線で考えられるようになれた。
平賀源内と杉田玄白のつながり。
高山彦九郎と前野良沢のつながり。
縦ではなく、横。
縦が横になるだけで、歴史がどれほど面白くなるか。

「風雲児たち」の影響をモロに受けて、幕末期について、それなりに詳しくなったと思う。
が、今一番知りたいのは日清日露戦争から第二次世界大戦までの間になにがあったのか。
いろんな事件が起こっている。
それらが“横の線”でどうつながっているのか。
そしてどう“縦の線”でつながっていくのか。
それを知りたいと思っている。

教科書で習ったことだけでは、歴史を知ることは出来ない。
学校で習ってることなんて、歴史のほんの上っ面しかなぞっていないのだ。
資料を集め、検証し、考える。
それなくして、真実には近づけないのだろう。
日本がアジアになにをしたのか。
欧米が日本になにをしたのか。
中国が、ロシアが日本になにをしたのか。
現代の視点から眺めていては絶対に見えてこないものがきっとあるはずだ。

それを知りたいと思う。
そして、当時の日本が行ったことに対して、自分なりの結論を出したいと思う。

   gonbe
by starforestspring | 2009-03-27 22:27 | 雑感 | Comments(1)

小沢さん

WBCの影に隠れてしまっていたが
   #ホントはそんなことでは困るのだが#
民主党の小沢さんがまたスポットを浴びている。

政治献金。
いくらなんでも、
「献金してくれた先がどこだったか知らないし、気にもしなかった」
なんていう説明は通用しないと思うのだ。

毎年、自分の口座に知らない人から大金が振り込まれていたら。。。
あなた使えます?
嬉しさより先に、不気味さを感じるのが“普通の感覚”というものではなかろうか。
それを平気で(もしくは何も気にせず)使ってしまうことがある・・と、
信じろというほうがムリな話でしょう。

「いや違う、そうなってしまうのが政治の世界に身を置く人間なのだ」と言うのなら、
政治の世界は既に庶民の感覚とかけ離れたところにいってしまってるということだ。
そういう人たちに“庶民のための”政治を求めたってムダでしょう。
民主党って、庶民の側に立ちますってのをウリにしてませんでしたっけ?
民主党web-site

今月発売の「文芸春秋」に、
「小沢さん、自民と大連合しなさい。それが出来るのはあなたしかいない」
という趣旨のコラムが載っていた。
なるほど、それもありだよな・・思いつつ読んでたのです。
もしそうなれば、今のような
1.揚げ足とりの
2.減点法の
3.ミスした方が負けの
4.子供みたいな唾ペッペの
情けないやり合いはなくなるかもしれないよなあと。
でもどうやらこの提案は自民党のみなさんに受け入れられそうにないですね。

西松建設のことを取り上げて小沢さんの資質を云々というのではないのです。
否定することが変ではないですか?と。
現政権の“意図的な圧力”で検察が動いてるとのたまうのが変ではないですかと。
それって、政治家としてどうなのよ?と言いたいのです。
いっそ、
「西松?ああ知ってますよ。いつも献金してもらってます。・・それがなにか?」
ぐらい言い放ってくれたなら、逆に太っ腹〜とファンも増えたかもしれない。
だって、西松になにも便宜をはかってないんでしょ?
政治献金は法に則って行えば正当な行為なのでしょ?
なんで否定する?
否定するってことは・・・やっぱりなにか・・・人に言えないウラが・・・
と思われたってしょうがないと思うのです。
>現に私はそう思ってしまってる。

民主党も“デストロイヤー小沢”によって、コナゴナになってしまうのでしょうか?

続報を待て。
イチローのあとの主役は一郎だ!


   gonbe
内閣支持率、ちょっと上がったようです。
麻生さん、なにかヒットを飛ばしましたっけ?
>おじいさんの家が焼けたことへの同情?
by starforestspring | 2009-03-26 20:00 | 時事 | Comments(0)

WBC優勝

WBC日本優勝おめでとう。
延長10回イチローの勝ち越しヒットを生で見られなかったのは残念至極。
9回裏にまさかの同点にされて、相手をその気にさせたあとに千両役者のヒットで勝ち越す。
相撲でいえば、徳俵まで押し込まれ、相手に「オ、これはいけるぜ!」と期待を持たせたあと、
「残〜念でした」と。逆に押し返して勝ってしまう。
ただ勝つより以上に相手にダメージを与える勝ちだった。

韓国は強かった。
クリーンアップの威圧感、細いのにすごい球を投げる投手。
弱いくせに、口だけは達者だったころとは大違いだ。
強くなり、言うことは言う。そんな実力を持つチームになっていた。

それだからこそなおさら、この国には勝ってほしかった。
負けていたら韓国の人たちになんて言われてたかと思うと、ぞっとする。
決勝の相手がベネズエラで、今日の9回裏のような展開のあと、サヨナラで負けてたとしても、
「負けちまった・・」と思うだけで、特段悔しくもならなかっただろう。

「右の頬を打たれたら左の頬をだせ」
誰かが昔そんなことをみんなに諭していた。
自分の頬を打った相手に笑顔で応えて反対側を出すなんて・・・・私にはムリです。
韓国に負けていたら、夜も眠れないくらい悔しかっただろう。
酒を飲んで暴れていたかもしれない。

優勝おめでとう。
嬉しかったよ。

   gonbe
サンガもガンバに勝ったことだし。いいことが続くね。
明日は嵐になるそうな。DVDと読書の休みにしましょ。
by starforestspring | 2009-03-24 21:54 | 雑感 | Comments(1)

高石ともやとザ・ナターシャセブン  3

言葉があふれてまとまらない。
ナターシャについて語りたい気持ちはあっても、
それをどう表していいか、わからない。

「街」という歌がある。
「わが大地のうた」という歌がある。
「私の子供たちへ」という歌がある。
「別れの恋歌」という歌がある。




笠木透という人がいる。
高石ともやという人がいる。
彼らの歌に人生を左右されたひとは多くないかもしれない。
が、それほど少ないわけではないだろう。

他にもたくさんの歌手がいて、たくさんのグループがあって、
それでも彼らの音楽に魅かれたのはなぜか。

なぜでもかまわない。
彼らの音楽に魅かれる自分でよかったと思う。

   gonbe
by starforestspring | 2009-03-23 22:46 | 音楽 | Comments(0)

ひとり

二日お休みをいただいた。
不思議なもので、休むとアクセス数が減る。>限りなくゼロに近くなる。
コメントもほとんどつかないし。



そんなときにふと思い出したのは

「咳をしても一人」

尾崎放哉という方の句。
この不思議な句の世界。
自分が動く音しかしない。
これは、寂しいものです。

若い頃に、ひとり住まいは経験済み。
楽しい記憶しかない。
“自由”
それまでの呪縛から逃れることが出来た喜びだったのだろう。
今家族とともに暮らす毎日の繰返し。
“ひとり”になろうとは思わないし、なりたくもない。

それでも、ここのつの文字で表された世界に、想像を広げてみる。

「咳をしても一人」

   gonbe
by starforestspring | 2009-03-22 21:18 | 雑感 | Comments(1)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

私もこのドラマを見たあと..
by starforestspring at 17:57
starforestsp..
by kawachan at 21:41
kawachanさんのお..
by starforestspring at 12:41
貴殿が新しいセカチューの..
by kawachan at 00:44
10の方でコメントさせて..
by kawachan at 20:01
kawachanさん、は..
by starforestspring at 07:26
はじめまして。最近、この..
by kawachan at 17:57
このドラマの存在は見過ご..
by starforestspring at 11:39

Link

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

画像一覧

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
50代