カテゴリ:雑感( 1006 )

とりあえず、無事に着いたことを喜ぼう。

大阪に来ています。
なんだ!この青空は!お月さんが見えるじゃないか。

富山を出たのが8:30。着いたのは15:30。7時間かかりました。いつもなら4時間です。

途中のサービスエリアで食事をして、さあ本線に戻ろうかと車を動かしたら、本線進入路にフェンスと、おじさん2人。

「ついさっき通行止めになりました。」


北陸道は雪、風、凍結の三重苦。
名神に入ると「雪?ああ、北陸のほうは大変みたいですねぇ」と、言われてるような気になりました。(被害妄想)

用事は済んだので明日帰ります。また通行止めにならないよう、皆さん祈っててください。

それではまた。
大阪の晴れ渡った夜空の下からgonbe5515がお届けしました。







by starforestspring | 2018-01-24 19:40 | 雑感 | Comments(0)

雪は降る降る車は滑る

22日からの寒波で、東京をはじめ、ふだん雪が降らないところでも積雪があったそうだ。テレビのニュース番組では、雪の上をおそるおそる歩いている人たちや、高速道路上の積雪で、タイヤが空転している車、スリップして横倒しになってる車などが映されていた。

b0137175_19141493.jpg

まったく、お気の毒としか申し上げようがない。

雪が降るのが当たり前の当地では、雪に対する備えということが、物事の基準になっている。車なら売れるのはFFもしくは4WD。FRはまず売れない。買う人がいたとしても、雪が降ったときにはその車を使わずとも通勤通学が可能な人だろう。もしくはよほどの命知らずか。

靴も防寒はもちろん防水対応がしっかりしたもの。長靴を一足持っているのは当たり前。よその土地の方には信じられないかもしれないが、こちらではスーツのサラリーマンが、ズボンの裾を長靴に押し込んだ状態で街を歩いても、誰も指さして笑ったりしない。当地ではごくあたりまえの姿なのだ。>初めて見たときは、私はそういう人から目を離すことが出来なかった。


さて、ごく少数の人だと思うのだけど、雪国に住む人たちの中には、今回のように、雪に慣れていない人が雪に右往左往しているのを笑う人がたまにいる。なにを笑うのか私にはさっぱりわからない。知らないのだから、慣れてないのだからしょうがないじゃないか。準備不足は指摘されてもしょうがないけれど、大変な目にあってる姿を笑っちゃいけない。

だったらあんたは、東京や横浜の都市高速を迷わずに走れるのかと。JRの乗り換えや地下鉄との接続を、迷わずに選択出来るのかと。渋谷の駅の改札を流れる水のように抜けていく人たちに、ちゃんと歩調を合わせることが出来るのかと。


こういう時の上から目線は、コンプレックスの裏返しなのじゃないかしら。


明日から大阪に行きます。『不用不休の外出は避ける』ようにとのお上のお達しですが、行かなきゃいけないものはしょうがない。天気予報によると、暴風雪で北陸道も通行止めになる可能性があるそうな。気温も低く、風も強い。雪は降る降る敦賀に今庄。
雪道の運転に慣れているとはいえ、高速道路は別物だからなあ。なんとか無事に帰宅したいものです。



今宵はここらでよかろうかい。

gonbe5515


by starforestspring | 2018-01-23 19:14 | 雑感 | Comments(0)

フェイクと下衆のはざま

トランプ大統領が「フェイクニュース」という言葉を流行らせてずいぶんになる。フェイクという言葉が表すものが、そのままのとおり“まやかし” なのか、自分にとって都合の悪い情報を一方的に貶める便利な言葉なのか。

情報を発信する、報道するってのとは荷が重いことなのだ。そこに使命感、責任感は携えていてほしい。

小室さんの引退発言に、いろんな人からの同情的なコメントがネットで発表されている。「男女の関係はなかった」という小室さんの言葉も宙に浮いたようになっている。私の知る限り、同情的なコメントの発表がほぼ全部で、「いや、引退は当然の対応です」というコメントは見たことがない。

文春がなぜああいう記事を載せたのか。
「売れるから」
なぜ売れる?
読みたい人がいるから。
なぜ読む?
そういうスキャンダルが大好きな人が多いから。

ウーマンラッシュアワーの漫才の流れと同じじゃないか。

申し訳ないけれど、小室さんの行為はどうやら事実らしい。事実を報道されたことで、ご自身で引退を決められたわけだ。それならそれでしょうがない。小室さんの女性関係という、当事者同士の問題を、無関係な文春がことさら取り上げたことに腹立たしさは覚えるけれど、決してフェイクをばらまいたわけではないのだから。


個人の勝手な思い込みや判断を、さも耳を傾けるべき助言や叱咤激励であるかのように、臆面もなく公共の電波に乗せる番組。自分をなんだかとてもエライ人、ご意見番、重鎮のように勘違いしてるとしか思えない人。私にはそっちのほうがはるかに腹立たしい。


「J2は野球で言えば2軍。そんなとこでやっても意味ないからお辞めなさい(キングカズへ)
「長くやってるだけじゃないですか(レジェンド葛西に)」
「気が小さいんだよ(全日本選手権チャンピオン張本に)」
「日本に戻ってこないでほしい。荒らされる(所属先が決まらないイチローに)」
「その態度がよくない。韓国の選手が『なんだ』と思うような態度を取ったらいけない(ACL優勝浦和レッズに)」


ご自身が「たかが日本で人よりたくさんヒットを打っただけじゃないですか。しかも打つことだけが得意で、守備も走塁も全然駄目でしたよね。」って、ご自身が現役でいらしたころのプレーを見てた私に言われても、笑って聞き流す・・・・なんてことはなさらないんでしょうなあ。

先の理屈で言えば、この人のコメントを舌なめずりしながら楽しみにしてる人がいるからこそ番組は続いてるのだろうし、クビもつながってるのだろう。視聴率を上げるための方策として他に思いつかないのなら、局とは無関係な私に言えることはありません。

が、せめて、野球以外のスポーツで頑張ってる人に対して、人格を否定するようなことをおっしゃるのは、おやめになったほうがいいと思うのです。自分の知らないスポーツに対する謙虚な気持ち。自分と同じスポーツに汗を流している人に対する敬意。そういうものは持ち合わせていただきたいものです。

「朝のワイドショーなんてテレビで言えば井戸端会議、信用出来ない話ばっかり。そこで長くやってるだけじゃないですか、気が小さいからあんな好き勝手を言ってるんでしょ?もう降板していただいて二度と番組に戻ってこないでほしい、荒らされる。なにしろその態度がよくないですよね。なに様のおつもりですか?視聴者が『なんだ』と思うような態度をとったらいけません。」


あら、ご自身がおっしゃったこと、全部そのままご自身にあてはまっちゃった。



・・・・And that's the way it is

gonbe5515


by starforestspring | 2018-01-22 17:12 | 雑感 | Comments(0)

横綱稀勢の里の休場に思う。

横綱稀勢の里が今日から休場である。これで休場は連続5場所。ずっと期待され続けて横綱になったものの休場つづき。こうなってしまうと、“あの時”に無理したのがいけなかったのだ、と言い出す人もいることだろう。

b0137175_16223623.jpg
昔は記録の王、記憶の長島・・・と言われたものだ(今どきの若者は知らないかも)相撲界でも「記憶の稀勢の里」と言われてもいいんじゃないか。考えたくもないことだが、万一稀勢の里が復活を果たせずこのまま引退・・ということになったとしても、私は横綱稀勢の里を忘れないだろう。

b0137175_16223607.jpg

12連勝のあと横綱日馬富士との一番で負け、肩を負傷。翌日横綱鶴竜に惨敗して2敗目。迎えた千秋楽、1敗で優勝争いトップを走る照ノ富士との本割り、左肩にぐるぐる巻きのテーピングをした稀勢の里が勝つなんて、誰が想像しただろう。そして優勝決定戦。もうダメだ!と思った瞬間、体を入れ替えての小手投げで照ノ富士をころがし、逆転優勝。

この二番を見た時の感動は、貴乃花が膝にまともに立てないほどのケガをした翌日に、武蔵丸に本割りで負け、決定戦で投げ飛ばして優勝した時の感動に次ぐものだ。

b0137175_16301542.jpg

その時のケガがずっとあとをひきずり、長い休場のあと貴乃花は引退した。それでも!あの鬼の形相を覚えていない人はいないだろう。

繰り返して言うが、私はこのまま稀勢の里が引退しても立派な横綱として忘れることはない。だが、叶うことならケガの治療に専念していただき、(協会や横審は許してくれないかもしれないが)一年後でもいいから、復活してくれることを願っている。(貴乃花はケガの後7場所連続休場した)

白鵬の最多優勝40回や、最多勝利はすごいことだと思う。その偉業は否定しない。だが、じゃあその40回の優勝で、忘れることが出来ない一番がありましたか?と相撲を好きな人に問うた時、即答出来る人はいったい何人いるだろう。申し訳ないが私には思い出せない。

思い出すのは(思い出してしまうのは)格下の力士に乱暴なカチアゲをかます品のない立ち会いと、相撲に負けた後、勝負審判に物言いを要求し、弓取りが土俵に上がっても見苦しい仁王立ちを続けた姿。それから日馬富士の事件のとき、自分もその場にいたのに、何食わぬ顔して、優勝インタビューのあと観客に万歳三唱を求めた、なんですかそれ?な行為。

朝青龍不在のあと、一人横綱として長らく相撲界を支えてくれたことに対して感謝はしている。が、彼がしたことは、その功績にも泥を塗ってしまうほど、横綱としてあるまじき行為だと思う。私は思うのだ。今後10年たって、どこかで相撲の話になったとき、出てくる名前はジェシー高見山、突貫小僧富士桜、黄金の左の輪島、ウルフ千代の富士、おしん横綱隆の里、そして貴乃花や稀勢の里たちだろうと。

さて、稀勢の里関が舞台を下りたあと、私が今場所の残りを見続けるよすがは・・・・。

柔らかくまっすぐな相撲の朝乃山、
b0137175_16223613.jpg

腕っ節には自信がありますが、なにか?の栃ノ心。この二人である。
b0137175_16223668.jpg

それから、ヤンチャ小僧貴景勝の相撲に惹かれつつある自分を否定できない。。。
b0137175_16232182.jpg

最後に、本日はハリソン君のブログと違って、男の裸ばかり載せてしまったことをお詫び申し上げる。

あれ?今日はマジンガーZだ。


・・・・And that's the way it is.


gonbe5515




by starforestspring | 2018-01-19 16:49 | 雑感 | Comments(0)

置いてきてしまったもの

多くの人が疑問に思うこと。
「鉄の塊がなぜ空を飛ぶ?」

が、

「鉄の塊がなぜ海に浮かぶ?」
という問いについて語られることはあんまりないように思う。鉄を浮かばせるだけの浮力が・・・と言ってしまえばそれまでだが、私にとっては鉄が空を飛ぶことより、鉄が水に沈まないことのほうが不思議でならない。

飛行機を飛ばす、船を浮かばせる・・そのことについて知恵を絞ってきた方々には、誠に申し訳ないことだけど。


そういえば昔、なぜ星は落ちてこないのかとか、水は透明なのに海はなぜ青いのかとか、不思議に思ったことはたくさんあった。地下鉄の電車はどうやって地下にもぐったのかを考えると夜も眠れないというオジサンもいたが、たしかに不思議なことではあった。


最近、そういう不思議がない。疑問に思わないのは、理由がわかってるからというのではなく、「そういうもんだ」「答えを知らなくても困るわけじゃなし」などと、不思議から逃げてるというか、考えることを放棄してるというか。

トシを重ねるにつれ、一年が過ぎるのを速く感じるのは、目から入った情報、耳から入った情報を、すでに知ってるものとして省略して処理するからというのを聞いたことがある。

たとえば木。
高さ3mの木も、10mの木も、大人にとっては“木”という分類に属する同じものとしてしまうが、子供だと“自分の身長の3倍くらいある、緑の葉っぱがたくさんついてる三角形の木” “てっぺんが見えないくらい高くて、葉っぱは茶色、白くて太い枝がたくさんついて、きのこみたいな形をした木”というふうに認知する。

だもんで、木を見たときに、子供はその特徴、違いなどを頭の中で処理する時間がかかるぶん、時が過ぎるのが遅いのだ。大人はその木の特徴、違いなどをすっとぱして、単なる木としてしか見ないから処理する時間が必要ない。だからあっという間に時間が進む。

先日、このことを実感することがあった。車の助手席に座っている時、通り過ぎる風景の中に、知らない建物、知らない店がたくさんあることに気づいたのだ。いつも通る会社から自宅までの道。いつのまにこんな店がオープンしてた?この家の塀は、なんでこんなに複雑なんだ?と。

毎日毎日通る道。運転してる私には、ただの建物。ただの塀。後ろに流れていくだけの、自分には関わりのない、取るに足りない風景でしかなかった。


そうか、こういうことか。


今の家に引っ越して25年、その25年の間に、国道の両側の建物や風景は、私にとってはすでに知ってるものとして、それ自体ではなく、記号でしかない存在になっていたというわけだ。


この冬サハラ砂漠に雪が積もったらしい。
世の中、まだまだ驚くことがたくさんあるにちがいない。


もったいないもったいない。



・・・・And that's the way it is.

gonbe5515





by starforestspring | 2018-01-16 18:08 | 雑感 | Comments(0)

小正月に思う

今日は小正月。・・・といっても、今晩小豆がゆを食べる予定はない。

今年の正月は、箱根駅伝を往路復路とも見ることが出来たし、下鴨神社への初詣にも無事に行ってこられたし。天候にも恵まれ、上出来の正月だったと思う。

学生のころ、私は60才くらいで人生を終えたいものだと、ぼんやりと考えていた。ハタチそこそこの学生にとって、40年後というのは想像出来ないほど未来の話だったし、老いるということがどういうものかよくわからなかった。40年後、自分の体が、心が、環境がどうなってるかなんて想像することさえ出来なかった。

それでも、60才という年齢が、(当時においては)人生の終着点に近づいていること。やりたいことはほぼやりつくしているはず、そんなふうに半ば確信めいて信じていた。

だからいいんだ、60才で・・と。

今、60才で人生を終えても構わないとは毛頭思っていない。まだまだ、やりたいことがあるし、見たいものがある。

それでも、ここ最近思うのだ。今日の次には明日がきて、明日の次には明後日が・・と、毎日が当たり前にように向こうからやってくる・・などと、考えてはいけないと。

無事に正月を迎えることが出来た。次は花見が出来たらありがたい。その次には水無月が食べたいものだ。それも叶えば長岡の花火と送り火が見られたらいいなあ。寒くなったら七輪でメザシを焼いて、熱燗で一杯・・・こうやって、季節の移ろいを、指を折り、肌で感じながら過ごしていければいい。

おひさまは、東から昇ってき、西に沈んでいく。
私がいてもいなくても。


見られるうちは、見させていただこう。
b0137175_17280873.jpg

・・・・And that's the way it is.

gonbe5515


by starforestspring | 2018-01-15 17:40 | 雑感 | Comments(0)

迷走?青瓦台

b0137175_15241102.jpg
文大統領の言ってることがわからない。

「合意再交渉や破棄はしない。
合意は国と国との約束ですから、守らないといけない。

日本が出した10億円と同額を韓国政府が出す。
日本からの金は受け取れない。受け取らなかったことにしたい。もう受け取ってるし。おばあさんたちにも渡ってるし。使ったお金を返してもらって、その分韓国国庫から出し直すのか?

「日本が心から謝罪してこそ(慰安婦の)おばあさんたちも日本を許せるだろう」・・・それでは、これらはいったいなんだったというのか説明していただきたい。


「日本とは心の通じる本当の友人になることを望んでいる」
どの口が言うんだ?合意についていちゃもんつけときながら、「それはそれ、これはこれ」が通用するとでも?これまでにも何度か感じることはあったけど、今回ほどその言葉がふさわしい所業を見たことはない。「厚顔無恥」

b0137175_15252623.jpg

結局、あっちにもこっちにもいい顔がしたい、非難されたくないのだろう。

ただ、ネットで拾い読みしてみると、この大統領のやっていることに、韓国国民すべてが賛成しているわけでもなさそうなのが、救いと言えば救い。

実際、現地に行ってみなければなにもわからないのだ。テレビや新聞で、嫌韓嫌日という言葉が使われる。日本国民ひとしく韓国に対して悪感情を持ってるとは絶対言えない。今回の管官房長官の「1ミリ」発言に憤っている日本人だっているだろう(ただし私の周りには一人もいない)同じように韓国国民のみんながみんな、文大統領の言ってることに賛成しているとも思えない。

近くに韓国人の知人はいないのが残念でならない。なにごとにも100%ありえないけれど、政府内ではなく、国民レベルでどのようにこの問題が捉えられているのか、そこがわかれば私もさらに考えることが出来るのに。。


・・・・And that's the way it is.

gonbe5515



by starforestspring | 2018-01-10 15:38 | 雑感 | Comments(0)

2018年元旦

あけましておめでとうございます。
皆さま穏やかなお正月をお迎えでいらっしゃいますか?

私は、下鴨神社に初詣に来ております。
京都は穏やか!信じられないほどのいいお天気!
こんな日にお詣りさせていただいて、幸せでございます。

こんなブログですが、今年も続けていく所存です。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


b0137175_13370312.jpg



by starforestspring | 2018-01-01 13:34 | 雑感 | Comments(2)

2017年大晦日

2017年、平成29年も今日が最後の一日。

テレビでは黒澤明監督の映画を一挙放映してくれるし、サッカーやラグビーなど、スポーツの中継もたくさん見ることが出来る。仕事が休みなので、録画ではなく、ライブで見られるのがなお嬉しい。

今年もいろいろあった一年でした。
激動の・・・と書こうとしたけど、毎年毎年、なにがしかの大事件が起きてるわけで、今年がとりわけ・・というわけでもないことに気づいた。まあ、大病もせず、ケガもせず、クビにもならず、穏やかな一年だったと言っていいかも。

来年は、定年・・という名の辞表をたたきつけることが出来る年である。私にとっての一大転機となるのは間違いない。

鬼が笑う話をする前に、とにかく今年一年、やってこれたことに感謝。こんなブログを読みに来てくださる方にも心からお礼を申し上げたい。
b0137175_16264856.jpg
来年もよろしくお願いいたします。
みなさまがたに、良い一年が訪れますよう、お祈り申し上げます。


どうかよいおとしを。


2017年大晦日

    gonbe5515拝





by starforestspring | 2017-12-31 16:30 | 雑感 | Comments(0)

韓国はどこに漂着するのか

昔、中国に新しい皇帝が立つと、その前の皇帝が残した歴史は消去されたそうだ。先の政権を否定すること、新しい政権は不自分たちの歴史をそこから始めたそうな。そしてまた、次の皇帝が立つと・・・。同じことの繰り返し。歴史は連綿と続いていかない。


韓国が平成15年の日韓合意についての“検証”を、昨日発表した。朴政権によって行われた日韓合意について正当ではなかったという結論だった。

よその国のことながら、私は心配でならない。

国家同士が取り決めた合意事項、世界に発信され好意的に受け止められた合意事項。それを自分たちの思惑と勝手な理由付けで臆面もなく一方的に“検証”する。非公開としていた内容まで、相手国の了承を得ずにさらしてしまう。

今後、この国と、条約、合意を結ぼうとする国があらわれるのだろうか。今回、自分たちのしでかしたことが、他国の評価をどう変えたのか。守るべきルールを守らず、自国民に対していい顔をしたいがために信義にもとる行為を行うことが、国際社会にどう受け止められるのか。


わかってやってるのなら、なにも言わない。気づいてないのだとしたら、もうお気の毒としか言いようがない。

好きにすればいいのだ。
吠えたければ吠えればいい。少なくとも日本政府は“無視”して、先の合意の履行をこれからも求めていく姿勢を変えないらしい。それでいいと私も思う。


反日といってさえおけば、なんでも通る。そう思ってるなら思えばいい。自分たちの勝手な理屈が、相手にされなければどうなるか。

本当に、お気の毒なことだ。


・・・・And that's the way it is

gonbe5515



by starforestspring | 2017-12-28 22:04 | 雑感 | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

番宣目的のゲストでもいい..
by starforestspring at 10:52
記事、見て来ました。なる..
by ハリソン君 at 19:59
私も昨日の松尾さん卒業の..
by starforestspring at 19:16
再びお邪魔します。今、一..
by ハリソン君 at 18:01
私もこの組み合わせを楽し..
by starforestspring at 12:28
私は知りませんでした。情..
by ハリソン君 at 00:19
ハリソン君、あけましてお..
by starforestspring at 07:49
明けましておめでとうごさ..
by ハリソン君 at 18:56

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ