カテゴリ:ブラジルワールドカップ( 15 )

私見 グループリーグ敗退の理由 3

サッカーを見る方々にお願いを。

スポーツニュースとかでゴールシーンだけを見てる人がいらっしゃると思いますが、少しずつでいいですから、試合全部を見るようにしませんか?そして選手ひとりひとりの動き、ボールを持ったとき、ボールを持ってないとき、守ってるとき、攻めてるとき。そういう時々の選手の動きを見るようになれば、選手個々の働きがわかるようになると思います。そして評価が出来るようになると思います。

ゴールシーンだけ見れば、アシストした選手と決めた選手の動きしか見えません。
でも、試合の中ではいろんなシーンがあるのです。
トラップをミスしてボールを失い、それを決められた選手。
相手のカウンターの芽を、素晴らしいタックルで防いだ選手。
パスコースを読んで相手ボールを奪い、前線に蹴り出した選手。

そういう仕事をしている部分が見えません。
ゴールを決めた本田、岡崎は、その点については褒められるべきですが、同時にチャンスをはずした岡崎や、相手の得点に直結するようなボールの奪われ方をした本田もいるってことを忘れてはいけないのです。そんな働きを見ることが大切だし、そうすることでサッカーの面白さがより分かるようになると思うのです。

そして、信賞必罰ですよ。
頑張った選手は褒め、手抜きした選手はけなす。それがいいのです。そういうシビアな目で見ることが、選手をもっと強くするのだと思います。
グループリーグで負けて帰ってきて、しかも勝ち点を1しか獲れず、得点も2点。そういう選手達に対して「よくやった」とか「感動をありがとう」とか、私には信じられませんね。
選手も言われたくないんじゃないですか?たぶん彼らが一番わかってますよ、自分たちの仕事の評価を。


私が朝日放送でサッカー中継を見るもんじゃないって言うのはそういうことです。
自分のチームは褒めまくり、相手のチームはゼッタイ褒めない。褒めないどころかくさす。日本の選手がミスしてもスルー。それじゃいかんでしょ。相手チームに対する素直なリスペクトも大事でしょ。

今回コテンパンにやられたのはきっと次回に生きると思います。生かさなきゃいけない。
繰り返しになるけれど、タッパもない、エリア内での強さもない技術もない今の日本の現状では、ボールをとってカウンターに賭けるのが一番だと思う。
3対2とか3対1とか、4対2とか、とにかく相手ペナルティーエリア内で数的優位を作り出す。そして決める。

そこに磨きをかけませんか?

gonbe5515

最後にもうひとつ。
今後は咬ませ犬的マッチメイクをやめていただきたい。
弱いチームに勝って喜ぶより、強いチームに負けて悔しがる方が、チーム強化に有効です。

『ドーハの悲劇』
『ジョホールバルの歓喜』
とかいう言葉がありますが、今回のこのグループリーグ落ちを
『2014の屈辱』と名付けたいですね。

#ホントは『ブラジルの屈辱』がお気に入りなんですが、ブラジルが屈辱を受けたように取られそうなので泣く泣くボツ。
by starforestspring | 2014-06-29 22:47 | ブラジルワールドカップ | Comments(0)

私見 グループリーグ敗退の理由 2

これは日本がずっと前から抱えてる問題ですが、ペナルティエリア内で怖い選手がいないですね。
こいつにボールを持たしたらヤバイ!っていう選手、どこかにいないでしょうか?
偶然を待ってたってしょうがないので、育成するしかありません。
強いFWが出てきたら、少しは試合になるんじゃないかと思います。

それにしても・・
せっかく連れて行ってるのに斎藤をなぜ使わなかったのでしょうか。
代表選手全員がプレーのチャンスをもらえることは少ないとわかっていても、斎藤のプレーは見てみたかったです。ペナルティエリアでどんなアイデアでボールをさばくのか。そういう楽しみが彼にはあったのに。


これからのことを話しましょう。

監督選抜方法。
監督の方針でチームを作るのか、協会の方針に沿う監督を選ぶのか。

オフト・ファルカン・トルシエ・ジーコ・オシム・ザッケローニ。
これまで日本代表を率いた外国人監督です。
オフト・ファルカンはヨチヨチ歩きだった日本代表にサッカーの基礎を教えてくれました。
トルシエ以降でワールドカップに出場することになったのですが、これらの監督の目指していたものはそれぞれ違うように思います。
監督の方針次第で、日本のサッカーが変わったように思います。
監督に丸投げ・・という面はなかったのでしょうか?

これからは、より強力にJFAが主導を握ってはどうでしょう。
JFAが協議を重ねて日本の目指す方向、強化策を決定し、その方針に沿って適切な指導育成を期待出来る監督を選ぶ。
監督といっても、いろいろです。
戦術には長けていてもそれを選手に理解させることが出来ない人。
人柄はよくて、選手ともコミュニケーションをとれるんだけど、結果を残せない人。
自分のめざすサッカーを実現出来そうな選手を選び、そうでない選手は選ばない人。
上手い選手、出来る選手を集め、その面子でベストな戦術を作っていく人。

世界にはとにかくいろんな監督がいらっしゃいます。
その中から、JFAのめざす日本代表チームの姿を強い意志と行動力とコミュニケーションとで形作っていく監督を選んでいただきたい。

個人的には・・日本語の習得に前向きな人を希望。

長くなるので、次回も続きます。

gonbe5515
by starforestspring | 2014-06-28 21:14 | ブラジルワールドカップ | Comments(0)

私見 グループリーグ敗退の理由 1

サッカーは朝日放送で見るものじゃないなと。
解説のセリフが聞いてて恥ずかしい。言ってる本人は恥ずかしくないんだろうか?
日本選手をほめまくり、相手チームへは否定的なことばかり。
もうほんとにやめてほしい。
喋ってる言葉を字に起こして読み返してみたらどうですか?きっと自分でもわらえると思いますよ。


『役者殺すに刃物はいらぬものの三度も褒めりゃいい』

代表選手たちに対してどうこうではなく、マスコミが代表を持ち上げ、褒めまくったことで、日本人は勘違いをしてしまったように思います。ベスト16はもちろん、ベスト8か、もしかしたら・・・と。もちろんそんなこと夢物語だと思っていた人もおられましょうが、世間の雰囲気はそんな感じでした。なぜか。テレビも、雑誌も、新聞も「いける!」とあおりまくったからです。

選手達は・・・高い目標をかかげることでモチベーションを上げようとしてたのでしょう。それはいいんじゃないでしょうか。自分たちを信じることが出来なければ、向かってなんかいけませんからね。
でも、信じることと勘違いとはちがいます。冷静に、自分たちの実力を推し量ることをしていたのでしょうか。

実際の実力。FIFAの世界ランキングはそれほどあてにならないと聞いていますが、それでも今回のC組はランキング通りになりました。8位と12位のコロンビアとギリシャが抜け、23位と46位のコートジボワールと日本が落ちました。

どうして日本が勝ち抜けなかったのか。
素人ではありますが、サッカーが大好きなファンの一人として、好き放題に言わせていただきたいと思います。


<勝ち抜けなかった理由だと思うこと>
1.大久保を選んだこと。大久保とセットで中村憲剛を、選ばなかったこと。

ザックの言う、熟成とは一番遠いところにいたのが大久保です。
それなのになぜ彼を選んだのか私には理解出来ません。
ザック自身の言ってることとやってることが一致しないから。
どうしても大久保を使いたいのなら、大久保といつも一緒にやってる憲剛を呼ぶべきでした。そして岡崎、大迫、柿谷とは別のオプションとしてのあつかいにすべきではなかったかと思います。そうすれば、大久保ももっとやれたかもしれない。

2.戦術のバリエーションに欠けたこと。
パスで崩して裏をとる。スピードで相手を上回る。
この戦術が通用しなかった時の二の矢がなかったこと。
  #斎藤という二の矢を連れて行ってるのに使わなかったのも不可解。

グラウンダーでダメなら高さもしくはセットプレー。どこのチームも持ってるオプションです。でも日本にはそれがありませんでした。
日本のコーナーキック、ほとんどがショート。なんでかといえば、ゴール前に放り込んでも的がない。クロスの精度なのか的が小さいからなのか。高さで勝てないからはじき返されるのがわかってる。だから方角を変えてボールを入れるしかない。こんなコーナーキック、怖くもなんともないですわな。実際、コーナーキックから点を取れていない。

高さをもつ選手を連れていくべきでした。

それからセットプレーのバリエーションに欠けました
本田と遠藤とを同時出場させなかったのはなぜでしょう。
FKは本田。CKも本田。ボールをセットして蹴るのはいつも本田。
いっつも本田だもの。で、枠にもいかない。まわりの選手も使わない。壁にぶちあてるばかり。
遠藤がいれば相手も考えたと思います。また、遠藤一人にして本田がゴール前に張れば相手のマークも分散したはず。

とにかく日本の攻めは相手チームにとっての脅威にはなってなかったように思われます。
こうくるに決まってるとわかってれば、守りようもあるってもんです。

つづく。

gonbe5515
by starforestspring | 2014-06-27 21:29 | ブラジルワールドカップ | Comments(0)

新監督?

今日は大阪に出張です。
今車中ですが、意外なニュースを見つけたので少しだけ。

ザッケローニ監督の後任人事がすでに進められていたようです。
メキシコ人のアギレ氏。
スペインエスパニョールの元監督で、メキシコ代表を率いたこともあるとか。

私は常々メキシコのサッカーに対して尊敬と憧れを感じている者です。
そのメキシコのエッセンスを日本代表に注入してくださる可能性のあるこの人選には、諸手を挙げて賛成します。ラモス瑠偉氏の入閣があればなお嬉しいですが。。

メキシコは決勝トーナメント一回戦でオランダと対戦します。
日本と同じような体格のメキシコの選手たちが、高さと強さ、速さとしたたかさを兼ね備えるオランダ相手にどんなプレーをするのか。
決勝トーナメント一番の注目試合です。

でも、監督人事はそう簡単には進まないのが通例ですよね。
それなりの時期から次の監督の人選を水面下で進めていたらしいのは前回の教訓を生かしたと言えるでしょう。まだ決まったわけではありませんが、楽しみは増えました。ブラジルとかオランダとか日本が真似のできそうにないサッカーを目指されるより、身の丈に合ったスタイルを追求してくれる監督が希望です。

他国の試合を観戦してて思うことがヤマほどあるので、いつか折をみて書いてみるつもりです。

それではごきげんよう。さようなら。

gonbe5515
by starforestspring | 2014-06-26 10:21 | ブラジルワールドカップ | Comments(0)

戦い終えて陽が暮れて

まあ、ちょっと陽が暮れるには時刻が早いんですが・・・・。

早起きして観戦しました、コロンビア戦。
いろんなことがわかったゲームでしたね。


世界における日本サッカーの立ち位置。
日本チームがこれから手にしていかなければならないもの。
テレビ朝日でサッカーを見るものじゃないってこと。

ザック、これまでありがとう。
そしてさようなら。
夢を見させてくれたことに感謝します。
・・・夢のままに終わったことが残念だけど。

気持ちが落ち着いてからまた書きます。

gonbe5515

ホンットに今さらなんですが、
今日『東京バンドワゴン』の第8話から最終回までを鑑賞(?)しました。
やれやれです。ホッとしました。
喉の奥の魚の骨が取れた気分です。あとひとつ残ってますがね>僕のいた時間
感想?
それはノーコメントで。。
by starforestspring | 2014-06-25 10:39 | ブラジルワールドカップ | Comments(0)

ザッケローニの後任監督は誰に?

明日早朝、日本対コロンビアの試合が行われます。
今のところの予定では、
5時半に起きて、録画してるやつを追っかけ再生しながら観戦するつもり。

ビール(もちろんモルツです)は買ってあります。
つまみがないので、仕事が終わって帰るときにコンビニに寄るつもり。>もちろんローソン。

なにかお勧めのつまみはあるでしょうか?

ザッケローニ監督の後任として、ピクシーの名前が挙がってるそうです。>読売新聞
ザッケローニはこのワールドカップが終われば退任でしょうから。

ストイコビッチは好きな選手でしたが、代表監督としてとなると・・・・悩みどころです。
著名な監督の名前がこれから挙がってくるのでしょうが、誰を選ぶにしろ、候補の一人にラモス瑠偉氏を入れていただきたい
#代表監督になれるライセンスを持ってたっけ?>ラモス
ビーチサッカーでは監督として実績がありますが、11人の方ではどうでしょう?未知数というか、大丈夫か?という懸念の声の方がたくさん上がりそうですが、私は“アリ”だと思っています。

このブラジル大会を見てて強く思うのは、試合をしてるメンバーの表情・・顔つきの厳しさです。
もちろん日本だって必死な表情を見せていますが、なんかね、私としては、まだまだ他国の選手のそれには及ばないように思えてならない。

精神論でどうこうなるものではないことは重々承知していますが、それでもまず“ハートありき”であることは間違いないところではないでしょうか。

好きなチームではないけれど、韓国の低調ぶりはどうしたことか。
もっとガチガチやってたでしょうに、昔は。
日本とやらないと気合いが入らないんでしょうかね?
技術や戦術はさておき、サッカーはハートが一番!って最も感じさせてたチームだったのに。

さ、明日は早起き。
今日も録画した試合を見てから寝ることにします。

gonbe5515
by starforestspring | 2014-06-24 21:14 | ブラジルワールドカップ | Comments(0)

エクアドル対ホンジュラス それから窪田くん

昨日はエクアドル対ホンジュラスの試合を見ました。
おもしろかったですよ。
エクアドルとホンジュラス。どこにあるかご存知ですか?

私がサッカー観戦するテレビの前のテーブルには世界地図が置いてあります。
試合をやってる国の地球上における位置がわからなかった場合、地図を開いて探すためです。
エクアドルとホンジュラス、そんなに離れてはいないのですね。
お国柄とか、文化とかもよく知らないので、iPadで「困った時のWikipedia」を実行します。

「へ~~」

両国とも公用語はスペイン語だそうです。
してみると、試合中チームメイトに出してる指示は、お互いに理解できるというわけです。
ワールドカップという大舞台での国際試合でありながら、J1の試合のような雰囲気が漂う両国の戦い。
エクアドルが見事な逆転勝ちを収めました。
でもホンジュラスもよくやったと思いますよ。

時々観客席にカメラが振られるのですが、そこで映る女性陣は美人が多かったことも、試合観戦を楽しいものにしました。ふだん滅多にお目にかかることのないお顔立ちをしてらっしゃいましたので。
>だってかの国の人々を身近に拝見する機会なんてありませんもの>北陸の小都市




さて、
そうやって観戦を終え、眠りについた私ですが・・・。
なんとなんと、久しぶりに多部未華子さんの夢をみました。
しかも!窪田くんと一緒なんですよ。
b0137175_17381427.jpg


二人がデートしてる時にですね、タベリストなYさんとDさんがおふたりに話かけ、別のタベリストのお家(Mさんち?)にお誘いすることに成功。
そこに私とKさんが慌てて飛び込み、お食事をご一緒するのですが、多部未華子さんは早々にホテルに戻られます。
「明日早いから今日はこれで失礼させていただきます」
窪田くんは、まだ飲み足りないようだったし、なにより彼が実にいい青年で。
多部未華子さんが帰ってしまうのは残念でしたが、タクシーで帰った彼女を見送ったあと、窪田くんを囲んで男ばかりの酒盛り。
ひやかすの、うらやましがるの、どつきまわすの・・・・>まあ、男の飲み会ですから。
時間の経つのも忘れて飲んでたのですが、さすがに窪田くんも帰る時刻となり、ご帰還。

残されたタベリスト5人が余韻を楽しむように語り合ってるところになんと!某ホテルのコックさん(ユニフォーム姿でご登場)が大皿に盛った料理を届けに来てくれました。
「多部未華子さんからの差し入れです」
「え。。え~~!!」
お心遣いに感謝するタベリスト5人。
追い打ちをかけるようにまた別のコックさんが料理を持って登場。
「窪田さんからお届けするように承りました」
「え。。え~~!!」

一同、感謝感激雨あられ>死語

「やっぱ多部未華子さんていい人ですよね」
「窪田くんもね、いい青年だよ」
「なかなかいませんよね、こういう心配りが出来る人。」

もうすっかりこのカップルのファンになった一同、二人の幸せを願いつつ、アルコールとつまみでいっぱいになったおなかのなかに、お二人からの心づくしの料理をつめこもうと奮闘するのでした。

めでたしめでたし。。。。

gonbe5515

まあね、夢ではそうですけどね。
心情として私は、窪田君に対して相変わらず複雑な感情を持ってることを、正直に告白しておきます。
by starforestspring | 2014-06-22 17:38 | ブラジルワールドカップ | Comments(6)

ワールドカップ9日目

決勝トーナメント進出決定チームが徐々に決まり始めました。
一番のサプライズは失礼ながらコスタリカでしょうか。
ウルグアイ・イングランド・イタリアと一緒のグループでウルグアイ、イタリアに連勝ですものね。
強化試合で日本に負けたチームがウルグアイとイタリアを撃破なんて・・・わからんもんです。

決勝トーナメントに入ると一発勝負。
グループリーグとは違う気合いの入った試合が見られると思います。
今から楽しみにしているのですが、そこに日本が入ってくるかどうか。

考えてみたら、コロンビアにとっては消化試合。
決勝トーナメントに備えて主力を休ませ、控え組にワールドカップの雰囲気に慣れさせるための試合と捉える可能性もあります。そうなると・・・なんてさもしい想像をしてみたり。

まあとにかく、パス回しとスピードと裏を取って相手をくずした形で点をとってくれ。
私の願いはそれだけです。

gonbe5515

グループリーグ残りの試合で楽しみなのは
ドイツ対アメリカ
エクアドル対フランス

ですね。
録画予約を忘れないようにしておきます。
by starforestspring | 2014-06-21 20:35 | ブラジルワールドカップ | Comments(0)

日本対ギリシャ

ギリシャ戦、引き分けてしまいました。
グループリーグ突破の可能性がなくなったわけではありませんが、限りなく低い確率であります。
抜けるための条件=日本がコロンビアに勝ち、ギリシャがコートジボワールに勝つか、もしくは引き分け。ギリシャ勝利の時はギリシャと、引き分けの時はコートジボワールと比べて日本が得失点差で上回ること。


今日の試合・・・。
前半30分過ぎにギリシャの選手が一人退場になりました。
喜びましたよ、応援する立場としては。
だってゼッタイ有利じゃないですか。一人多いんだし。アイスホッケーなら必ずと言っていいくらい点が入りますから。>パワープレイ

で、試合が終わって思いました。
あの退場がいけなかった!あの退場が仇になった!

一人減ったことで、ギリシャはガチガチに守りを固めてしまいました。
守って守って、チャンスがあればカウンター!ギリシャの選手はこう決めたんでしょう。

アジアのサッカー途上国ならいざ知らず、世界ランクが上位のチーム、ヨーロッパ選手権で優勝したこともあるチームが守りを固めたときに、それを突破する力がおらがチームにあるかと問われれば・・・「ある!」と叫んだとたんに唇が寒くなるのを私は感じてしまいます。
お互いに攻め合っていれば、スキも生まれるでしょうし、なにかの拍子にミスをしてくれることもあったかもしれません。でも実際はそうはならなかった。いくらポゼッションが高くても(70%近くだったそうな)ゴールの中に入らなければなんの意味もない。
日本がボールを回してる時、ギリシャの選手はそれを見ながらコーヒーを飲んだり新聞を読んだりしてたんじゃないですか?

途中から私の願ってた岡崎のワントップになりましたが、その時に長谷部の姿はなく、清武もおらず(そういえば清武、まだ出てないんじゃ?)だいたい香川をベンチにして、大久保を先発ってどういうこと?香川は体調不良かと思ったら、後半何事もなかったように出したくるし。

あと、ゲーム終了のホイッスルが気になってきた時間帯に、吉田を前に出してゴール前に張らせましたよね?吉田一人でなにをしろと?周りを囲まれたらそれでおしまいでしょ?そもそもディフェンダーなんだから。相手がいて、それを防ぐのを生業にしてる人に、相手を出し抜いて頭で点を入れることを期待するのはどうなんですか?それは酷ってもんでしょ?

そういう所業に出るならどうして最初から“それ用”のメンバーを呼んでおかなかったんですか。

ケースバイケースと言われたらそれまでだけど。
「高さのある選手が選ばれてない」ことにを不平を言ってた立場としては、「話がちがうやん!」と。メンバー発表のときの質疑応答で「日本には、そういう(=高さで勝負)文化はない」って監督の言葉に私はナットクしてましたよ。ええ。だからずっと“パスで崩す” “スピードで裏を取る” 戦術で押し通すのだと思ってたら吉田が上がるんだもの。
監督、ほんとにご自身のおっしゃってた『熟成』って言葉を思い出して下さいよ。
現場の責任者のやることに口出しはしないというのが私の信じるところではありますが、それでも

「それはないだろ~!」

と言わせていただくのをお許し願いたい。


ホイッスルが鳴ったあとの私の感想は『虚無感』でした。
4年間の総決算であるならば、4年間『熟成』したメンバーで、信じた戦術でやってほしかった。
それで負けたのならしょうがないです。
それが“進化”につながる敗戦だと自分でナットクできます。

最終(になる可能性が高い)コロンビア戦。
スピードとパスで相手を崩して裏を取り、ゴールを決める。
これで点を取ってみろ。流れから点を取ってみろ。相手に何点とられてもいいから、目指してきた形で1点でもいいから取ってみろ。「これがオレたちの目指してきたサッカーです」って言える形で点を取ってみろ。取らなきゃいけない。そうでなければ『4年間』が泣くぞ。

コロンビア戦は早朝5時。
今日は仕事だったからムリだったけど、その日は休日なので、朝から飲んで応援するつもり。


gonbe5515

本田がマンオブザマッチだったらしい。
・・・・“本” と “内” の字を間違えたとしか思えない。

内田はよくやった。
by starforestspring | 2014-06-20 21:42 | ブラジルワールドカップ | Comments(0)

明日はギリシャ戦

昨日の休日はサッカー三昧。
メキシコ対カメルーン
ベルギー対アルジェリア
ロシア対韓国

この3試合を観戦しました。
それぞれの国にそれぞれのスタイルあり。
韓国のパススピードと走りなんかを見てるとゼッタイ日本のほうが速いと思う。あと、ベルギーの高さはうらやましい。
ロシアのキーパーはお気の毒なことでした。その前からキャッチ出来るボールもポロポロこぼしてたので、なんだかなあ・・と思ってたら、案の定肝心な時に“やっちまった!”でした。
相当ショックだったみたいですね。
次は頑張ってください。

それにしても・・まさかスペインがグループリーグで敗退するとは思いもよりませんでした。
チリ、やるなあ。
それともオランダ戦での大敗をひきずってしまいましたかね?>スペイン

オランダ対チリ、スペイン対オーストラリアが、消化試合みたいになるのは残念です。
せめてひとつくらい引き分けが入ってれば“最終戦の結果次第”の楽しみがあったのに。。。

さてよそのグループはさておき、明日、おらがチームはギリシャ戦。
勝ってほしいと思います。
が、その前に、とにかくおもいっきりやってくれよと。

それと私の希望なんですけどね、監督。
岡崎をワントップにお願いします。大迫、柿谷、大久保はサブで結構。
二列目は本田、香川、清武(斎藤)でどうでしょう。
遠藤も長谷部と並べて、サイドは内田と長友で。それから山口(森重)、吉田と。
岡崎のワントップが見たいです。
ドイツではワントップやって点取ってるんだから。代表でもやらせるべきでしょう。
明日はライブで観ます。

グループCの今後の展開をいろいろ予想しているのですが、コートジボワールには残り二戦も勝ってもらい、勝ち点9で予選突破をおねがいしたい。
残る三チームで星のつぶし合い。といってもコロンビアはもう勝ち点3をもってるので、日本はコロンビアとギリシャに勝って勝ち点6で二位通過。
もしくはコロンビアと引き分け、ギリシャに大差で勝って勝ち点4。得失点差で二位抜け。
決勝トーナメントに行くには、このどちらかのシナリオしかありません。

もし、
コートジボワールがコロンビア、ギリシャどちらかに負けようものなら・・・
ややこしい話になるのですが、それはそれで面白くなりますけどね。>カオスの世界。


ま、とにかく明日のギリシャ戦に勝たないと。
ギリシャは強いぞ。


gonbe5515


当分、サッカーネタが続くと思われます。
サッカーに興味のない方には申し訳ありませんが、私がサッカー大好きなもんで、しばらくこの路線で走らせていただきます。ご了承くださいませ。
by starforestspring | 2014-06-19 20:49 | ブラジルワールドカップ | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

私もこのドラマを見たあと..
by starforestspring at 17:57
starforestsp..
by kawachan at 21:41
kawachanさんのお..
by starforestspring at 12:41
貴殿が新しいセカチューの..
by kawachan at 00:44
10の方でコメントさせて..
by kawachan at 20:01
kawachanさん、は..
by starforestspring at 07:26
はじめまして。最近、この..
by kawachan at 17:57
このドラマの存在は見過ご..
by starforestspring at 11:39

Link

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

画像一覧

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
50代