カテゴリ:世界の中心で、愛をさけぶ( 12 )

世界の中心で、愛をさけぶ12   (ドラマ版)

b0137175_12572205.jpg
サクは亜紀が逝ってしまってから17年、同じ夢を見て過ごしていた。
ウルルの空に、亜紀の骨を撒く。実際にはサクは撒いていないんだけど、撒いてる夢を見て過ごしてきた。


b0137175_12571529.jpg


そして・・・途中のいろいろな経緯はバッサリ削除して・・・亜紀が青春をかけた母校のグラウンドに亜紀の骨を撒くことが出来た。それはサクが自分のために自分の人生を歩む、その第一歩としてやらなければいけなかったことであり、そうすることが亜紀の望んでいたことなのだとようやく理解した証なのだと思う。



亜紀は、自分のいなくなったあとの世で、サクが自分のことを思い続け、忘れられずにずっと死んだように生きることを望んだだろうか。自分がサクのために、将来してあげられること(サクと結婚 サクとの子供を産む サクと共に人生を過ごす)が出来ないと悟った亜紀は、サクの未来をどんなふうに考えていただろうか。

自分が好意を持ってる相手に、同じように自分に対して好意をもってもらいたい。誰もが抱く願望であり、夢。そんなことは、好意を持つ相手の前に、自分が存在しているという仮定こそが大前提なのであり。

ずっと忘れずに思い続けてほしい。
ずっと自分のことだけを見つめていてほしい。
自分はそこにいないけれど、それでも自分のことを・・・・。


そう願う人はいるだろう。それが自然な感情というものだろう。
だけれども、そこからさらに深い領域に踏み込むことが出来たとしたら。
私がこうなんだからアナタも当然私に・・というのではなく、私のことはどうでもあなたは・・と、純粋に相手のことを思い、そこに自分の存在を期待しない領域にまで、心を深化させることが出来たなら・・・。



「朝 起きると泣いている悲しいからじゃない夢から現実に戻ってくるとき跨ぎこさなくてはならない亀裂があり僕は涙を流さずに そこを超えることができない」

と、17年間泣き続けているサクを、私のことを忘れずにいてくれてありがとうと、微笑んでいることが出来るだろうか。

b0137175_12574239.jpg

♪夜空に消えてく星の声
儚げに光る鈍色の月
二人で泳いだ海は何故
束の間に色変えてゆくんだろう

このまま眠ってしまいたくない...
あなたをまだ感じてたい...

もしもあなたが寂しい時に
ただそばにいることさえできないけど
失くす傷みを知ったあなたは
ほかの愛を掴める そう祈っている...

いつかあなたが夜に迷い
ふとあの日を見つめかえすなら
眩しすぎる太陽の中で
微笑む私を思ってね

重ね合わせてゆく「好き」のつよさ
泣くことさえ愛に変えた...

強がる愛の弱さ両手に
抱えてもろい絆を確かめてた
でもこの今を生きるあなたを
ずっとずっと見守る my love その心に...

泣きたいときや苦しいときは
私を思い出してくれればいい
寄り添える場所 遠い夏の日
温もり 生きる喜び
全ての心に


亜紀、君の歌声、沁みるよ。


gonbe5515




by starforestspring | 2017-03-22 13:01 | 世界の中心で、愛をさけぶ | Comments(0)

メイキング

『世界の中心で、愛をさけぶ』
私はこのドラマのDVDBOXを持っており、それを時々引っ張り出しては観ています。

『青い鳥』
このドラマを私はこれまでナンバーワンだと信じて疑わなかったのですが、サクと亜紀のを観てしまうと、ナンバーワンがふたつあっても別にいいじゃんって思ったり。

今回改めて観て思ったこと。

メイキングは観ないほうがいいですね。
いや、別に観たっていいんだけど(というより観ないほうが不自然なんだけど)どちらかって言ったら観ないほうがいいよねと。

『世界の中心で、愛をさけぶ』
このドラマの制作に携わってくださった皆様に心からの感謝を捧げます。

gonbe5515
by starforestspring | 2015-05-23 21:28 | 世界の中心で、愛をさけぶ | Comments(0)

世界の中心で、愛をさけぶ10   (ドラマ版)

最近、特におもしろおかしいこともなく。

ちょっと停滞気味の日々を過ごしている今日この頃です。

『世界の中心で、愛をさけぶ』を相変わらず鑑賞しています、少しずつですが。
亜紀は、高校2年生。
改めて気づきましたが、ウチの娘たちと同じであります。

前回、このドラマをカテゴリーにして書きためていた頃は気にしていませんでしたが、同い年ということになる現在、よりリアルに亜紀の暮らしぶりや考え方がわかるような気がします。

そして、三浦友和氏扮する父の悲しみ、悔しさもわかるような気がします。

家に帰ってシャワーを浴びて、ビールを飲んでベッドに座り、DVDをセットして一話だけ見て、それから横になって本を読み、そのまま眠る。
近頃このパターンが続くので、大事な『どS刑事』第六話もまだ見ていません。次の休みには見るつもり。。。。


おもしろおかしいことがないというのは、平凡・・とは違う、そう考えてもいいでしょうか。
平凡な毎日より、おもしろおかしいことがない毎日のほうが、よりつまらないのでは?

これは、私がつまらない人間になりつつあるからでしょうか。

いろんな意味で揺れ動く毎日を過ごしているサクと亜紀に恥ずかしくないよう、私も自らを奮い立たせようと思います。


gonbe5515

「すきよ、サクちゃん」
この言葉を聞くたびに切なくなる私です。
by starforestspring | 2015-05-18 17:51 | 世界の中心で、愛をさけぶ | Comments(2)

世界の中心で、愛をさけぶ9   (ドラマ版)

案の定です。またまたのめり込んでおります。
夏帆さんの登場シーンはほんの少しでセリフも短いのがひとつふたつっていう程度ですが、お顔立ちが全然違って見えるのですね。少女の頃と大人になってから、女性ってこんなに変わるものなのだと、シミジミ眺めている私です。

サクと亜紀は、これまで繰り返し観てきた中で、セリフとか動きとかを覚えるくらいになってますが、共演している人たちのことは覚えてない部分があります。そう言う意味で今回は、スケちゃんや智世さん、ボウズにより注意を払って見ています。

鼻血が出たり立ちくらみをしたり、だんだんそれらしい症状が現れてきた亜紀ですが、また前回と同じように泣いてしまうことでしょう。

前回まではあまり気にとめていなかったサクのおじいちゃんのエピソード。
想いを寄せていたサトさん、運命のいたずらでついに一緒になれなかった二人。
おじいさんはサトさんの墓から骨を盗み、自分が死んだ後その骨と自分の骨とをまぜて散骨してほしいとサクに頼みます。そしてそのすぐ後、本当に死んでしまった。一日も早くサトさんの骨と混じり合いたかったからでしょうか。

これは亜紀の骨が風に運ばれていくシーン、サクがいつも持ち歩いていたポケットの中の亜紀の骨に、通じるエピソードだったんですね。


まだまだ私は、鑑賞力が足りません。
他の人はどうか知りませんが、私はこのドラマが本当に好きです。
サク、亜紀、スケ、ボウズ、智世、サクのおとうさん、亜紀のお父さん、サクのおかあさん、亜紀のおかあさん、そしておじいちゃん・・。みんなが人としてちゃんとそこに生きている、そんな存在感があるドラマです。

gonbe5515
by starforestspring | 2015-05-16 18:11 | 世界の中心で、愛をさけぶ | Comments(0)

世界の中心で、愛をさけぶ8   (ドラマ版)の夏帆さん

セルDVD(BD)を購入するのは、気に入った作品を “好きな時に” “気兼ねなく” 鑑賞したいからと、特典映像が目当てでありましょう。あと、コレクションっていう意味合いもあるかな。私もそういう理由で沢山のDVD(BD)を購入し、棚に並んだのを眺めてニンマリしてるクチですが、 “好きな時に” “気兼ねなく” なタイミングは、意外にやってこないもので。

中には購入後セロハンも破ってないっていうのもあったりする→『高慢と偏見』『インターステラー』

先日『箱入り息子の恋』で夏帆さんにやられてしまった私。
彼女の作品でmarrellaさんも紹介して下さってる『天然コケッコー』というのが結構評判いいらしい。
なのでさっそくDISCASのリスト、トップに持ってきた。
さらに、『世界の中心で愛をさけぶ』ドラマ版にもご出演だった由。
おお!これはコレクションにあるぜ!と、勇んでBOXを取り出し、第一話から再生。

  ↓

サクの妹役でした。
いやあ、全然気にもしてませんでしたね。圏外でした、まったく。
風呂上がりのシーンとか、食事のシーンとかあるんですが、今とは全然違う雰囲気です。
でもお箸はやっぱり左手で使っておられました。

で、

夏帆さんを探すのに第一話から第二話まで再生した『世界の中心で愛をさけぶ』
見始めてみると、やっぱり引き込まれてしまいましてね。

家に帰ったら、第三話からまた見てしまいそうです。
いいドラマはいつ見てもいいですね!

“好きな時に” “気兼ねなく” なタイミングが、久々にやってきたということです。


gonbe5515

ドラマを見たあとのあの主題歌、やっぱり切ないです。
by starforestspring | 2015-05-14 19:30 | 世界の中心で、愛をさけぶ | Comments(0)

世界の中心で、愛をさけぶ7   (ドラマ版)

「お墓にお参りすると、なんだかこっちも清められた気分になるよね」
榊原詩朗さん(宵々山コンサートのプロデューサー。ホテルニュージャパン火災で死去)のお墓にお参りした時のことをコンサートで報告した時のともやさんの言葉。

「清められた気分になるよね」
これがどういう意味なのか、人それぞれに解釈は違うと思うのだけど、少なくとも私は、義父の仏壇と父の墓に手を合わせたとき、非常に落ち着いた精神状態になっている。雑念がなく、浮き世の憂さも忘れ、ひたすら亡き義父を、亡き父を頭の中に思い描いている。
亡くなってすぐはそうじゃなかったんだけどね。

「いつまでも忘れない」
近しい人が逝ってしまったとき、人は誰もがそう思う。

『世界の中心で、愛をさけぶ ドラマ版』最終回、真パパはこんなことを言う。
「人は・・忘れるんだ」
そう、いつのまにか忘れていってしまうんだ。
あんなに悲しかったことでも、あんなに泣いたことでも、食事も喉をとおらないほどショックを受けたことでも、いつか人は元の日常に戻っていく。

忘れまいと思っていても、忘れていく。
そんなふうに出来ているんだきっと。

ただ・・私はこれが大事なことだと思うのだけど・・その悲しみを経験する前の日常と、経験したあと忘れていく途中とでは、同じ日常でも同じ日常ではなくなってる。どこが違う、なにが違う。そんなことひと言では説明出来ないけど、確かに、絶対に、人はその前と後とで変わっている。それは逝ってしまった近しい人がその人に残していったものかもしれない。そうして逝ってしまった者と、残った者とが“一緒に生きて”いるのかもしれない。
b0137175_21382028.jpg


亜紀は確かに生きていた。
白血病と闘い、そして力尽きて逝ってしまった。
残された両親、サク、友人たち。
亜紀の死を悼み、亜紀の死に涙し・・・そして亜紀と一緒に自分の人生を歩いて行く。

「アボリジニは死者を二度埋葬するらしい」真パパが言う。
「一度は死んだ時に、二度目は土を掘り起こし骨だけを取り出して大地に撒く。そして新しい生命を生み出すんだ」
b0137175_21475975.jpg

「あの子は・・」ママが泣きながら言う。
「あの子は新しい生命を作ることができるかしら・・」


人は二度死ぬ。
一度目は体が死んだ時。
二度目はその人のことを覚えている人がいなくなった時。

亜紀はサクとともに生きている。パパやママとともに生きている。スケちゃんやボウズや智世とともに生きている。亜紀が生きていたことを彼らの子供に話して聞かせたとしたら、亜紀はその子供たちとも一緒に生きていく。


単なるお涙頂戴のドラマじゃないんだぞ、これは。
b0137175_2148170.jpg



gonbe5515

ウルルで亜紀の名を呼ぶサクのシーン、あれクランクインして最初に撮ったそうです。
まだ亜紀とテープの交換もしていないのに。12秒91の自己ベストも知らないのに。。
いろんな意味でビックリです。
by starforestspring | 2013-03-30 21:50 | 世界の中心で、愛をさけぶ | Comments(0)

世界の中心で、愛をさけぶ6   (ドラマ版)

b0137175_221523.jpg


♪夜空に消えてく星の声
♪儚げに光る鈍色の月
♪二人で泳いだ海は何故
♪束の間に色変えてゆくんだろう


最近ずっと、私の頭の中でこの曲がループしています。。
ドラマを見るまでは私にとってなんてことない曲だったんですけどねえ。
音楽に映像が重なるとどうなるかということを改めて思い知りました。


さて、
私は少年期、ずっと団地住まいでしたので家には仏壇がなく、父は位牌を部屋に飾り、毎晩数珠をすりあわせてお経を読んでいました。その位牌は父の父母ので、私には祖父、祖母にあたります。ですが、私はその二人に会った記憶がなく、まして喋ったこともなく・・・。位牌に向かって正座して、お経を読んでる父の姿を毎晩見ていながら、私には位牌に向かう父の心情がまったく理解出来なかったのでした。

私が父のように位牌に向かって手を合わせるようになったのはそれからずっと経ってから。結婚したニョーボのお父さんが亡くなられてからのことです。義父は私たちの結婚を最初に認めてくれた人でした。当初、義父も義母も私たちの結婚には消極的で、何度ニョーボの家に通ったかわかりません。そんなことを続けていたある日、義父が「まあ、いいんじゃない」と言ってくれたのです。それで義母も折れてくれました。以来私たちはしあわせに暮らしてますから、このしあわせは義父のあの言葉から始まったと言っても過言ではないと私は思っています。

義父はとてもシャイな方でした。喋るのも上手ではないのですが、“誠実さ”が言葉にいつも乗っかってるような人でした。大好きな人でした。そんな義父がある日、店(自営業でした)で倒れたのです。義母は義父に背中を向けていて音がした方を振り返ったら父が倒れており・・・。
それっきりでした。
義父は義母にも、ニョーボにも、義弟にも、なんの言葉も残せないまま逝ってしまいました。
「おとうさん、ありがとう」
義母のかけた言葉とともに、心拍は停止しました。
義父も無念だったと思うし、最後に声を聞けなかった家族みんながやりきれない思いを胸に抱いていたのです。

通夜、葬儀、初七日・・・。
義父の遺影に向かって手を合わせる。
戒名が記された位牌に向かって手を合わせる。
恥ずかしい話ですが、その時になってはじめて私は、仏壇にお参りする作法をニョーボから習ったのでした。線香に火をつけ、鈴を鳴らし、手を合わせる。その一連の動作とともに私は、はじめて“亡き人を偲ぶ”ということがどういうことかを知ったのです。

以来ニョーボの実家を訪れるたびに真っ先に仏壇を開き、ニョーボと娘たちと一緒に義父に向かって心で話しかけています。私たち夫婦が仲良くやってること、娘たちの成長、義父に話かけることはいくらでもあるのです。


サクが、
亜紀の骨の入った小瓶をいつまでも手元においていたのはなぜか。

谷田部「廣瀬のことを忘れないように?」
サク「いえ、亜紀が死んだことを忘れないために」

『温度もない、重さもない、吹けば飛ぶような白い粉。それが亜紀だった』
サクはウルルで亜紀の骨を手にしながらこうつぶやきます。
吹けば飛ぶような白い粉。
他の人からみたら、そのとおりでしょうが、亜紀を知ってる人からみればそれは“ただの白い粉”ではなく亜紀そのものなのです。

私は近しい人を失ってはじめて亡くなった人を思う・・という行為を経験しました。
義父のあと、父を亡くし、そして同様に父を偲ぶという行為を経験しました。

亜紀が死んだ。
その事実を「あ、そう」ですませられない人がいる。
なにかの拍子に亜紀を思い出してしまう人がいる。
亜紀の写真に向かって話かけたくなる人がいる。
亜紀がいないことが悔しくて悲しくて涙を流してしまう人がいる。

『生きるってどういうことかな。死ぬってどういうことかな。時々生きてるのか死んでるのかわからなくなることがある』
亜紀は病室のベッドからラジカセに向かってこう語りかけます。

「生きること」「死ぬこと」
「逝ってしまうこと」「残されてしまうこと」

このドラマは、逝ってしまった人の無念と、残されてしまった人の無念(・・・無念と言う言葉がこの際適切なのかどうかわかりませんが)とが画面に溢れていました。逝かなきゃいけない者から残されてしまう者への思い、残されてしまう者から逝ってしまう者への思いが、私の心に伝わってきました。

そして喪失感。


『生きていく君へ』

亜紀が残した『ソラノウタ』の最初のページに書かれているこの言葉を見た時、私の涙腺が決壊したのはそういうわけです。
b0137175_221335.jpg



gonbe5515


まだまだ続きそうです。
書きたいことがいっぱいあって。

『ラストホープ』10話、11話をまだ見終わってないのに。。。。
by starforestspring | 2013-03-29 22:08 | 世界の中心で、愛をさけぶ | Comments(0)

世界の中心で、愛をさけぶ5   (ドラマ版)

サクと亜紀の物語、今観終わりました。
『ソラノウタ』で涙したのはわたしだけではありますまい。

このドラマで語られる言葉の数々は示唆に満ち、繰り返し繰り返し口にしていくなかで、表情と意味を変えていく味わい深いものだと思います。

もう一度最初から見れば、亜紀とサクの過去と現在、亜紀が生きていた時といなくなってから、そして亜紀の生と、死の意味とを考えることが出来るでしょうか。

空港で倒れる亜紀、臨終の間際サクの名を呼ぶ亜紀、棺桶の中で微笑んでる亜紀。セリフや表情、動作ではなく、目こそが演技のキモなのだと改めて確信した私です。

いいものを観た。
そう思います。

龍之介が漁船に飾ってた夢島での二人の写真にはやられました。
娘に亜紀と名づけてた智世にも。

サクが明希と一樹と一緒に楽しそうに自転車に乗ってる図は、なんだかなあでしたが、「忘れていくんだ」という真パパの言葉を思うとそれでいいのかともおもってしまいます。

二人が防波堤の上を手をつなぎながら歩いて去っていくラスト、よかったです。

gonbe5515

『かたちあるもの』の歌詞、このドラマを見て初めてその意味が胸にささりました。。
by starforestspring | 2013-03-26 01:21 | 世界の中心で、愛をさけぶ | Comments(0)

世界の中心で、愛をさけぶ4   (ドラマ版)

b0137175_2120080.jpg

これは第六回のラスト近くのシーンです。
夢島で亜紀が倒れて以来、1ヶ月以上会えなかった(亜紀の両親によって会うのを禁じられていた)二人が、ようやく会えることが出来た時のやりとりの一部です。
いいセリフですね。
こんなこと言われてもサクったら無反応なんですよ。
ホントにアホです。



>サクはいつまでも今のまま、「死んだように生き続ける」を希望。
って、昨日書きました。

書いたあと冷静に考えてみました。
もし私の希望どおりのラストになったとします。
じゃ、あの二人がこのドラマに登場した意味はどこにあるんだろう??

やっぱりそうなるのかなあ。。。
一樹なんかサクのことが大好きみたいだし。

しかし・・・
緒方直人さんって、『北の国から』の時もそうだったけど、(古い話で申し訳ない。それ以外のドラマに出演されてるのを見た記憶がないもんで)なんかはっきりしない、優柔不断な演技がけっこうお似合いですね。そういえば、お父様もそんな感じの役(『鬼畜』)をやってらっしゃったことがあって、そのリアルさが今も忘れられずにいます。

それにしても、綾瀬さんは不思議な女優さんです。
共演した俳優さん、女優さんからも等しく好感を持たれてるとのことですが、やっぱりお人柄なんでしょうね。

wikiを開いてみたらこんなことが書かれてました。
・『鹿男あをによし』を収録中、人生について考えることが多かったため共演者の児玉清と深夜まで人生について語り合った
・『僕の彼女はサイボーグ』において京劇の舞台に紛れ込んだシーンで、舞台袖に捌けるとき暗幕に隠れた鉄筋にぶつかり鼻の骨を折った
そして極めつけがこれ
・ニュージーランドでスパイに間違えられ1日拘束されたことがある
「をいをい!なんやねんそれ!」ってツッコミを入れたくなるご経験ですな。
大麻で捕まった芸能人はたくさんいても、『スパイ容疑で拘束』された芸能人なんてちょっといませんよ。

いやあ、綾瀬さんはスゴイ人だ。

よし!
じゃ、BOXをポチッとしてこようか!

gonbe5515

言うまでもないことですが、私にとってのナンバーワンは多部未華子さんですので。
ナンバーツーが蒼井優さんから綾瀬さんに変わったってことです。
多部未華子さんと綾瀬はるかさんが『鹿男』以来仲良しでいらっしゃるというのは、嬉しいことです。
ぜひまたどこかで共演されることを願っています。

※タイトルのナンバリングを変更しました。
by starforestspring | 2013-03-14 21:24 | 世界の中心で、愛をさけぶ | Comments(0)

世界の中心で、愛をさけぶ3   (ドラマ版)

06:30 いつものように目が覚める。

無視。

09:48 もう一度目が覚める。ああ、朝寝ってなんて気持ちがいいんだろう!

久しぶりに本屋に出かけて男買いをしてきました。
やっぱりいいですね、本屋は。



b0137175_18393770.jpg

b0137175_18393548.jpg

『世界の中心で愛をさけぶ』
第3話〜第6話まで鑑賞。
山田孝之くん、綾瀬さんの亜紀に比べるとなんか線が細くない?って気がしてましたが、ここまでくるともうすっかり私にとってのサクです。
ふたりはもちろんなんですが、龍之介、顕良、智世の仲良し組が二人をとりまく友人としてとても自然に感じられます。
高校二年生。たしかにあんな奴いたよなあ。。

第六話までで亜紀は白血病であることが明らかになり、父親である真は「君を憎むことでしか立っていられないんだ」とサクに言います。
ああ、たしかにそうでしょう。きっとそうなんでしょう。
「なぜ亜紀なんだ?俺が悪いのか?綾子が悪いのか?だれも悪くないんだろうな・・・」
そうつぶやく真。三浦友和さん、いい芝居をします。

第六話のラストでサクは「亜紀と一緒に僕の心も灰になってしまった」「答えは出ていた。そこから逃げていただけなんだ」と暗い海に向かって歩き出すんですが・・・。


真と綾子のように、子供さんが白血病を患い、看病していた親御さんたち。
龍之介、顕良、智世のように、友人を白血病で亡くした経験のある人たち。
サクのように、交際していた彼女を白血病で亡くした男。

残された人たちの気持ちを思うと、軽々しく「このドラマはいい!」なんて言えないような気もします。ドラマとして見ている以上、自分はあくまで部外者ですから。当事者であった人たちから見れば、セカチューブームも悪い冗談か、もしくは腹立たしい浮かれ騒ぎだったのかもしれません。

17年前に失ってしまった愛する人を思い続けて“死んだように生きてきた”サク。
おまえ、それはあまりに情けないだろう!彼女が今のおまえを見て喜ぶとおもうのか!と、叱咤することは正しい行為なのかもしれません。
でも私にはきっとそういうことは出来ないと思います。
言ってしまえば私は、サクを見ていてまるで自分を見ているような気がするのです。

こうなると(意図していたわけではないといえ)セカチューブームに背を向け暮らしていたことが吉と出ました。
このドラマのラスト、どうなるんでしょう?

明希と一樹と一緒に新しい家族を作りました。
「亜紀、空からおれたちを見守っていてくれ」

なんてことにはなりませんように・・・・。

gonbe5515

サクはいつまでも今のまま、「死んだように生き続ける」を希望。
by starforestspring | 2013-03-13 17:56 | 世界の中心で、愛をさけぶ | Comments(5)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

今日も今日とて、みね子に..
by starforestspring at 18:41
やっぱり、そうですよね。..
by ハリソン君 at 00:03
marrellaさんこん..
by starforestspring at 11:19
gonbeさん、野球..
by marrella at 22:24
おっしゃるとおり、出たと..
by starforestspring at 18:27
ドイツ人カップルの回、よ..
by ハリソン君 at 05:13
>ハリソン君 ご心配を..
by starforestspring at 08:52
何か気の利いた言葉をお掛..
by ハリソン君 at 23:07

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ