カテゴリ:連続テレビ小説『つばさ』( 51 )

川越キネマ(ラジオぽてと)

ここしばらくすっかり春。
陽気に誘われて庭で草刈りやら草むしりやら、洗車やらワックスがけやらしてた私。
・・・・か、肩が痛い。

今朝の『あさが来た』録画しておられます?>タベリストな方々。
美和さんのレストラン晴花亭を出て行くよのさんとかのさんと、それを見送る新次郎さんとを撮ってるあたり(開始後7分53秒)で私は「あ!」と声をあげてしまいました。
み、みなさん、このアングルに見覚えがありませんか?
これって、あの“川越キネマ”の正面玄関があったところと同じじゃないですか?
b0137175_17224985.jpg

奥の壁。右側につながってる道。手前に伸びる道。
川越キネマがあった場所に、晴花亭のセットを組んだのに違いないと、私は思ったのですが、いかがでしょう?


そう思って巻き戻しをしてみたら、よのさんとクマさんが座ってたテーブルの右側あたりに二郎さんたちが住んでた二階につながる階段があって、美和さんがいつも出てくるカウンターの向こうあたりには、舞台につながる扉があって。。。

同じ朝ドラなんですから、同じスタジオを使って撮影してると考えても不思議じゃないですよね。
このあたりのことは、DeepPurplinさんなんかがもしかしたらご存知かもしれない。

記憶をたどってみれば、7分53秒あたりのアングルからの撮影は『つばさ』でもよくあったような気がします。あのあたりにイントレが置いてあるのかもしれません。

いやあ、俄然楽しみになってきたなあ、晴花亭。
最終回まで残りわずかになってきた今頃までどうして気づかなかったんだろう。


川越キネマ再び。
ラジオぽてと再び。



gonbe5515

川越の町を自転車で疾走したあの日のことを思い出しました。
川越のパパさん、NABEさん、お元気でいらっしゃるでしょうか?
by starforestspring | 2016-03-17 17:38 | 連続テレビ小説『つばさ』 | Comments(2)

ひさびさに『つばさ解体新書』

気が付いたら3月も6日。
今日の気温は20度まで上がるとか>気象庁予報

今年の冬は「え?冬だったの?」と言いたくなるほどの情けなさ。
寒くはあったけれど、凍えるほどではなく、雪も降ったけれど腕と腰と背中が痛くなるほどの雪かきもなく。

雪が降らない富山って、クリープのないコーヒーみたいだぞ。>なつかしのフレーズ



今日久しぶりに『多部未華子さん in つばさ解体新書』に出かけてみた。
それで、いくつかのつばさレビューを読んだのだけど、どこを読んでもあの頃の熱さを思い出す。



少数ながら訪れて下さる人はおられるようで、カウンターの数は増えている。
増えているけど、別館のほうが寂しい限り。
『つばさ』ファンは、私も含めて恥かしがり屋さんが多いからしょうがないのでしょう。
#yamarine師匠とかhyoutangaidenさん、DeepPurplinさん、かわたべさん・・・ほらね。
#そういえばかわたべさん、お元気でおすごしなのだろうか?

今の多部未華子さんのご活躍を見るにつけ、『つばさ』とか『ルート225』とか『対岸の彼女』とか『鹿男あをによし』とか『山田太郎ものがたり』とか(・・延々と書いてしまいそうなので、残念ながら以下略)を思い出す。それぞれの作品に、多部未華子さんが関わっていなかったら、どうなっていたろうかと考えてみたりもする。

出演者が変われば当然作品の雰囲気も変わる。そういう意味で言えば、さきほど挙げた作品に多部未華子さんを起用した方は、実にいい仕事をしたと思う。


『つばさ解体新書』を公開したのは2014年の10月。高鳥さんが下さったメールをきっかけに立ちあがったこのサイト。かわたべさんも大変だったと思うし、私も毎日が手さぐりの状態。それでも作業は楽しかったし、公開の時は本当にうれしかった。

多部未華子さんを語る上で欠くことの出来ない作品『つばさ』
その貴重な資料として、『つばさ』を愛する人のお役に立てれば嬉しい。



gonbe5515
by starforestspring | 2016-03-06 12:45 | 連続テレビ小説『つばさ』 | Comments(2)

『つばさ』と『解体新書』

ごくまれになんですが、
自分の書いた文章を読み返したときに、とんでもない嫌悪感に襲われるときがあります。

そういうときは削除に限りますね。
小手先でいろいろ修正をかけてみるけれど、元が悪いのですから、どうしたって繕えない。
バッサバッサと削除、これが一番です。

スッキリしました。>昨日の記事が短いのはそういうわけです。



さて、
私は今『つばさ』第9週を鑑賞中です。
『つばさ』全編の中でも、ファンの多い週だと思います。

何遍でも書きますが、このドラマは見るほどに新しい発見があります。
こんな照明を使ってたのかとか、こんな効果音を使ってたのかとか。

我が家の家族にとって、同じドラマを何遍も見て、そのたびに笑ったり深刻な顔をしたりしてる私は、極めて不思議な存在であるようです。私にしてみれば、家族の誰かとこのドラマについて語れることが出来れば(家庭内タベリスト同盟)とても楽しいのですが、残念ながら・・であります。ニョーボも娘たちも、多部未華子さんのことは私と同様好きなのですが、『つばさ』についてはよくわからないようで。

ま、そんなもんです。


それにつけても改めて思うのは
『多部未華子さん in つばさ解体新書 』の復活はまことにめでたいことであったなあと。

書いたご本人、怒濤のコメントを投稿して下さったみなさん、そして大切に保管してくださっていた方の存在、みんなの力が合わさってあの力作が形をなしてるのだなあと、心しみじみと思うわけです。

『つばさ』を鑑賞する上で、この『解体新書』があるとないとでは、大違い。
『解体新書』を読みつつ『つばさ』を楽しく面白く鑑賞している今日この頃です。

みなさん、ありがとうございます。


gonbe5515
by starforestspring | 2014-11-27 21:39 | 連続テレビ小説『つばさ』 | Comments(6)

『つばさ』第5週

最近、朝起きるのが辛くなってきました。
一晩かけて温めたベッドから、部屋中に満ちた冷たい空気の中に飛び出していくのって、かなりの覚悟がいりますよね。

着替えて顔を洗って外に出て、尻尾を振って出迎えてくれる愛犬と一緒に散歩にでかけ、戻って来たらひげを剃り、朝食を食べ、新聞を読み、『マッサン』を観た後会社に向かう。毎度毎度の繰り返し。この鉄板のように固まった朝のルーティンをありがたく受け止めている私です。


ちょっとペースダウンして、昨日第5週を終えたとこ>『つばさ』
物語全体から見ればまだまだ序章なのであります。
これからあんなことやこんなことが起こっていって。。

この第5週は、やはり試験放送のつばさの独白でしょう。
雨の中での翔太との別れ、第5週ラスト、屋根の上での万里とのカンパイ&ラジオの男のカットとかも好きですけれど。

初見の時はこんなことを書いてました。
『つばさ  25回~36回』
私はこの第5週で、完全に『つばさ』というドラマに心をわしづかみにされたんだと思います。


現在放送中の『マッサン』、エリーの健気さと、マッサンのおバカぶりとで、それなりに楽しく観ています。今朝ふと頭をよぎったのが、このドラマでもし、鴨居の大将やはるさん、キャサリンや好子さんを、ひとりひとり週の主役にすえて物語を進めたらどうなるだろう?と。
想像してみたのですが・・・・なかなか頭の中で図になりません。

それでこそ『マッサン』それでこそ『つばさ』なのでしょう。

gonbe5515
by starforestspring | 2014-11-19 17:46 | 連続テレビ小説『つばさ』 | Comments(0)

多部未華子さん in 『つばさ』解体新書 余波

解体新書を訪れる方々の勢いが、ここしばらくで一段落してきた模様。

私は相変わらず解体新書を読みながら、少しずつ『つばさ』を鑑賞中。

シーンに合わせて使われる効果音に、「おお!」と感心したり、「カーネーション」「梅ちゃん先生」「純と愛」「ごちそうさん」「花子とアン」「マッサン」たちが持つ“朝ドラの定型”と本作がいかにかけ離れているかを改めて感じております。

いつものとおりテーマ曲の部分は飛ばしておりますが、本編部分が始まるとなんとも言えぬ懐かしさと心地よさとを感じるのです。
登場人物それぞれの闇の部分が描かれていくのはもう少し先。今はラジオぽてと開局に向けて真瀬さんとつばさとが資金集めに飛び回ってるあたりです。


昨日、朝から晩までテレビの前に座り、2本の映画と3本のドラマをみたのですが、そのいずれもが面白くなく。日米野球はさらに面白くなく、途中でやめました。
で、夜から『つばさ』を観たのですが、最初からこっちにしとけばよかったと・・・。

お金を節約して『つばさ』DVDBOXを買っておいて本当によかったと思います。
それなりの金額ではありましたが、ずっと手元にあるんですから、考えてみたら安いもんですよね。

今晩も観ます。

gonbe5515

ロナウ二郎くんが、『素敵な選TAXI』第五話にご出演でした。
いやあ、ひさびさにお顔を拝見して嬉しかったです。
by starforestspring | 2014-11-13 18:34 | 連続テレビ小説『つばさ』 | Comments(2)

『つばさ』再び

昨日めでたく公開することが出来た 多部未華子さん in 『つばさ』解体新書 が、予想以上に温かく迎えられているのが嬉しいgonbe5515であります。
→右側でもリンクを追加しました。

今回この解体新書を公開することで、あの頃アツく語り合ったメンバーが、徐々に集い始めたのは本当に嬉しい。まだまだこれから増えていくはず。

このドラマについては、私もこのブログで少々レビューを書いているのですが、この『つばさ』レビューの、ドラマに対する考察の深さや展開の妙の前には影が薄くなってしまいます。このレビューはホントにすごいのです。

これからは、このレビューをきっかけに『つばさ』を見始める人が出てくるだろうし、現在見ている人が、興味をもって『朝ドラ つばさ』とかの語句で検索して、このサイトを見つけることだってあるかもしれない。

『つばさ』については、意見がいろいろあるわけですが、このドラマと波長が合った人とは、このサイトを利用して意見交換が出来ればいいなと思います。

公開からちょうど24時間が経とうとしています。
昨日の今頃は公開したということに対する喜び、安心感が強かったのですが、今はこれから生まれるかもしれないいろんな出会いと、『つばさ』フリークの皆さんと交わしていくであろうやりとりが楽しみで仕方がありません。

gonbe5515
by starforestspring | 2014-10-27 18:34 | 連続テレビ小説『つばさ』 | Comments(0)

お知らせ 『つばさ』レビューについて

突然ですが、ここでお知らせです。

『blog@なんて世の中だ!』・・あの爆発的なパワーを持ったブログのことを覚えていらっしゃる方も多いでしょう。

あのブログが突然閉鎖されてはや2年>概算

ブログ閉鎖とともに、消えてしまった多くの記事を、いまだに懐かしんでおられる方もおいでのことと思います。

特にタベリストにとって、あのブログのなかで連載された『つばさ』レビューの消失は実に残念な出来事でした。

しかしみなさん、

『つばさ』レビューは復活します。

詳細についてはまたお知らせするとして。。。

当時、『つばさ』レビューに多くのコメントが寄せられました。
そのコメントは、記事の消失とともに消えてしまったわけですが、レビューが復活するのと同時にそれらのコメントも復活いたします。

問題はありませんよね?
一度アップされたコメントが一旦消え、もう一度復活する。
その点について、ご了解いただけますか?


このお知らせが、みなさまに喜びとともに迎えられることを念じています。

gonbe5515
by starforestspring | 2014-10-24 14:59 | 連続テレビ小説『つばさ』 | Comments(0)

久々に『つばさ』

昨日の夜、新門辰五郎から数えて3代目という方とご一緒する夢を見た。
ご本人ではなく、数えて3代目というのがなんともかんとも。
私は三代目といったいなにをしていたんでしょうか?>記憶がない。
同じ三代目でも、だれかさんのように「じっちゃんの名にかけて!」とはおっしゃらなかったと思うんですが。(調べてみたら、現在は7代目がご活躍中との由)

それにしても・・・新門辰五郎さんと私と、どこに接点があったのやら。。
もしかして前世で、一緒に徳川慶喜さんを警護していたのかしら?

b0137175_20522061.jpg


どういう理由でかはわからないのですが、昨日は『つばさ』関連の記事を読んでくださった方が多かったようです。これはうれしいことですね。『つばさ』を観た記憶をもとに、検索をかけられたのか、多部未華子さんの過去作品を探しておられる流れでこちらにおいでになったのか。
今日ももしかしたらそういう方がいらっしゃるかもしれませんので、この場を借りてひとこと。

『つばさ』を世紀の名作と信じて疑わない方がいらっしゃいます。
『つばさ』についてなら、いくらでも語れます・・という方がいらっしゃいます。
『つばさ』が終わって5年を経てなお、「つばさファンクラブ公式HP」というのが更新中です。

b0137175_20522745.jpg


他の作品との比較は無意味だと思いますのでいたしません。
この作品に対して多くの批判が寄せられたことも事実のようです。
そしてまた(私はこれを確信しているのですが)この作品を愛してやまない人たちが今なお、多部未華子さんや中村梅雀さんや高畑淳子さんや吉行和子さんや宅間孝行さんやイッセー尾形さん(まだまだおられる愛すべき出演者の方々!ごめんなさい!以下略とさせていただきますm(__)m)たちをテレビやスクリーンや舞台で拝見するたびに、この方たちの『つばさ』での熱演を思い出しているにちがいないのです。

b0137175_2052188.jpg




gonbe5515


未見の方はDISCASのご利用をお勧めいたします。>『つばさ』を観るためにDISCASに加入したヤツからのアドバイス。>小さな親切大きなお世話
by starforestspring | 2013-09-23 20:55 | 連続テレビ小説『つばさ』 | Comments(2)

祝!完走!

タベリスト同盟No.5678 かわたべさんによる『つばさレビュー』がついに!

完結しました!

かわたさん、おつかれさま。おめでとう。ありがとう!

いや〜すごいですよ。
私は『つばさ』について少しではありますが文章を書かせてもらいました。
でもそれはDVDからキャプチャした写真を載せて、感想を述べるだけでした。
それは私なりの自己表現だったし、それを後悔したり卑下したりするつもりはありません。

が、

かわたさんのレビューの読者として比較するなら、わたしのなんか浅い浅い。。。
かわたさんのすごいところは、ギャグ、ユーモアを交え、サービス精神旺盛な文章を連ねて読者を退屈させないだけでなく、鋭い洞察に基づいた『つばさ論』を展開したところにあると思います。
私には真似できません。

タベリスト同盟のメンバーのyamarineさん、Deep Purplin さん、それからhyoutangaidenさんやサントラもいいぞ!さん、
みなさんそれぞれ『つばさ』について、熱く深く語っておられます。
そのあふれんばかりの思いをそれぞれの方法で表現しておられることに私は心から感動しているのです。

わたしなんかまだまだです。

でも、
『つばさ』というドラマと出会うことが出来て本当によかった。
これだけは本心から言うことができます。

『デカワンコ』から始まった多部未華子さん出演作品の鑑賞。
その過程において「無理かな?」と思った『つばさ』鑑賞、そして完走。
そこから始まる多くの人との出会い。

私はこの流れに感謝しています。
これまであまり恵まれているとは思えなかった自分の人生ですが、はじめて大きな声で「ラッキー!」と言えたような気がします。

かわたさん、おめでとう。
おつかれさまでした。

私のブログにきてくださる方は、もちろんかわたさんのブログもご覧になってると思います。
でももしまだ彼のブログに飛んだことがないという方がおられましたら、リンク欄の“かわたべ5678さん”をクリックしてみてください。
そこに新しい出会いがあるかもしれません。

現時点において“日本で一番最後に『つばさ』全話を観た男”はかわたべ5678さんです!

gonbe5515

『つばさ』というドラマの凄さを改めて実感するかわたさの“完”でありました。
by starforestspring | 2012-03-25 21:49 | 連続テレビ小説『つばさ』 | Comments(7)

第155話

『つばさ』の虜になった人たちが、、ほぼ間違いなくここで魂を抜かれたに違いない。
そんなシーンのあるのが、第155話。ラジオの男との別れ。

他にもありますよ、いろいろありますよ、挙げればきりがないほどありますよ。
でも、このシーンは特別でしょう。

『つばさ』DVD Disc12に入ってる特典映像、
万里ちゃんと知秋とつばさの対談の中で多部未華子さんは

「あのシーンはほんとに、スタジオに入れなくて、寂しすぎて。メイクルームでずっと泣いてて。目があまりにはれすぎちゃって。撮る前からずっと泣いてて。気をまぎらわそうと思って他のスタッフと喋ってたんだけど、あまりに自分(多部さん)が寂しそうにしてるので、みんなも寂しそうな顔をし始めて・・。どうしよう・・ほんとにどうしようどうしようって感じで・・あれはだから本番一発でやってもらって。」

こんなふうに語っておられます。
 #ちなみに、私はこの三人のトークの時の多部さんのたたずまいがすごく好きです。

このシーンについては、yamarineさんのブログにて詳しくとりあげられていますし、DeepPurplinさんのお見事としか言いようのないレポートを読むこともできます。

私は多部未華子さんに注目しはじめた最初の頃、yamarineさんのブログにある“つばさレビュー”hyoutangaidenさんのブログにある“8:29”を全部読みました。このおふたかたのブログの記事と、そこにコメントを残しておられるDeepPurplinさん(つばさ学会主任研究員)がつばさ学会に発表しておられた論文を読んで、なにがなんでも朝ドラ『つばさ』を観たくなったのです。

このお三方の記事がなければ、私はNHK朝の連続テレビ小説『つばさ』を知ることなく人生を終えていたに違いないのです。ああ、それはなんて寂しい人生だったことでしょう!

二度目のラストシーンを観た私が、改めて涙にむせんだ第155話。

画像でご覧下さい。

まぶた腫れてます。
b0137175_1739292.jpg


b0137175_17393319.jpg

b0137175_1739309.jpg


ラジオの男を見上げるつばさの瞳
b0137175_17392719.jpg


つばさには見えなくなったラジオの男
b0137175_17392244.jpg

ラジオの男に見えなくなったつばさ
b0137175_17392548.jpg



で、
そんなこんなで“なにがなんでも『つばさ』が観たい!”と思われた方。
まずお近くのレンタル屋へどうぞ。
そこになければ・・・(私はDISCASの回し者ではないということをお断りした上で)TSUTAYA DISCASへの登録をお勧めします。

それ以外に道はありません。

gonbe5515


もしかしてお忘れの方もおられるかもしれませんので、ここで改めてお知らせを。
タベリスト同盟では同盟参加者を募集しております。
参加についての手続きは、こちらをごらんください。
by starforestspring | 2012-02-14 18:16 | 連続テレビ小説『つばさ』 | Comments(2)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

Link

最新のコメント

>marrellaさん ..
by starforestspring at 16:11
>ストーリーそのもの..
by marrella at 11:58
>坂道G 調べてお..
by starforestspring at 21:02
>違う方 坂道G ..
by NABE at 18:41
NABEさん、おひさしぶ..
by starforestspring at 20:38
ここんとこ違う方に行っち..
by NABE at 18:56
低く連なる山を見ると、気..
by starforestspring at 08:54
私は、「馬鹿と煙は…」で..
by marrella at 17:00

画像一覧

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

記事ランキング

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません