2017年 08月 12日 ( 1 )

小動物たちの哀しみ

毎朝通勤で使う県道。

会社までほぼ直線で10km。その半分くらいは両側に人家はなく遠くまで見渡せる畑と、小さな林、それから原っぱ。なにしろ田舎のことなので、通勤時間帯でも走ってる車はたかがしれてる。その分路面はよく見えるわけで、道路に落ちてる尖った小石を避けたり、不埒にも前の車が放っていったたばこの吸い殻をよけたりすることも出来る。

そんなのどかな道路に、ときどき心が痛む小さな塊が横たわっていることがある。走りながらでもはっきり認識できるそれは、タヌキやイタチ、それから野ねずみたち。片側1車線の道路を越えて、反対側に行こう(戻ろう)としたときに、やってきた車にはねられてしまった小動物たち。

b0137175_19250220.jpg

最初のころは、タヌキやイタチが近くに住んでることに驚いてしまって(半ば感動して)「わ、イタチや!」「わ、タヌキや!」と、脳天気に驚いていたのだけど、それが度重なるうちに、だんだん声が出ないようになり。

飛んでる虫と違って彼らは、ライトに向かっていくようなことはしないだろう。とにかく“あっちへ”行きたい。ただそれだけのために、土ではない草でもないところを走っているとき、光の玉が飛んできて・・・。

b0137175_19250210.jpg

光なら硬さもなく、重さもなく、まぶしいだけで済んでしまうのに、実態は鉄だもの。とんでもなく大きく、重く、そして速いんだもの。「聞いてないよぉ~!」って言う間もないだろう。

その口にエサをくわえて子どもたちの元に戻る途中だったかもしれない。親と一緒に狩りに出かけてたのかもしれない。

タヌキやイタチ、ねずみが、仲間の死を理解するのかどうかは知らない。知らないけれど、突然の“不在”が、彼らになにがしかの影響を与えることは確かなように思える。

10mに満たない道路、彼らにしてみれば3秒や4秒で渡りきってしまえるはずの距離。1日24時間もあるのに、そのたった3秒や4秒の間に出くわす光の玉。。。


あの小さな塊を見るたびに、私は『安全への逃避』という写真を思い出してしまうのだ。ちょっと違うのはわかってる。でもあの写真を見た人の多くが叫ぶだろう「どうか助かって!無事でいて!」という言葉を、私は彼らにも届けたい。



gonbe5515



by starforestspring | 2017-08-12 19:32 | 雑感 | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

今日も今日とて、みね子に..
by starforestspring at 18:41
やっぱり、そうですよね。..
by ハリソン君 at 00:03
marrellaさんこん..
by starforestspring at 11:19
gonbeさん、野球..
by marrella at 22:24
おっしゃるとおり、出たと..
by starforestspring at 18:27
ドイツ人カップルの回、よ..
by ハリソン君 at 05:13
>ハリソン君 ご心配を..
by starforestspring at 08:52
何か気の利いた言葉をお掛..
by ハリソン君 at 23:07

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ