2017年 05月 17日 ( 1 )

聴覚

先日、仕事中に補聴器の電池が切れた。別に珍しいことではない。ただふだんと違ったのが、その場所。わたしが仕事中多くの時間を過ごす事務所ではなく、BGMが流れるロビーに座っている時に電池が切れたのだ。

驚いた。電池を交換するために補聴器を耳からはずし、新しい電池を入れてはめ直すまでの30秒足らずの時間、さっきまで流れていたBGMがまったく聞こえないのだ。

仕事以外の時間、私はほとんど補聴器を外している。自分ではそうとは思わないのだが、たとえば家族と一緒に私の車で外出するとき、カーステレオのボリュームを私が聞こえるように調整すると、「パパ、うるさい」と娘に言われる。休日、窓を全開にしてDVDを見てると、仕事から帰ってきたニョーボが「道路まで音が聞こえてるよ」と、慌てて窓を閉めてしまう。

補聴器を外すと、私自身はすごぶる快適。補聴器を入れることで感じる耳の違和感もないし、自分の耳に入れたい音のみを集中して聞くことが出来る。でも、その私の行為が、いったいどれたけの人に不思議な思い、不快な思いをさせているのだろう。

“難聴者” と一目でわかる目印のようなものはない。市役所の窓口に置いてあるような筆談用の紙とペンが、コンビニやスーパーのレジ、医者の受付にあるわけではない。起きなくてもいいすれ違いや、会話がかみ合わない不思議、微妙に流れる居心地の悪さ。難聴者を前にした健常者の皆さんの頭の上に、どれだけ見えないクエスチョンマークが飛び交っていることだろう。

先日観た『湯を沸かすほどの熱い愛』で、杉咲花演ずる安澄が、耳が聞こえない君枝さんと手話で会話をするシーンは本当に泣けた。こう言ったら叱られるかもしれないが、その涙の量は、耳が聞こえる人より、すこしだけ多かったに違いない。今からでも遅くない。私も手話を習おうか、そう考えてしまうほどリアルなシーンだった。>実際、あそこを見るためだけでもあの映画を見る値打ちはあるはず。

ロビーから音が消えたあの瞬間、これが私の世界だと感じると同時に、それが私のまわりにいる人たちとは違う世界なのだということを改めて思い知った。その違いとなんとか折り合いをつけながら、これからも生きていくしかない。




gonbe5515




by starforestspring | 2017-05-17 05:59 | 雑感 | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

Link

最新のコメント

>marrellaさん ..
by starforestspring at 16:11
>ストーリーそのもの..
by marrella at 11:58
>坂道G 調べてお..
by starforestspring at 21:02
>違う方 坂道G ..
by NABE at 18:41
NABEさん、おひさしぶ..
by starforestspring at 20:38
ここんとこ違う方に行っち..
by NABE at 18:56
低く連なる山を見ると、気..
by starforestspring at 08:54
私は、「馬鹿と煙は…」で..
by marrella at 17:00

画像一覧

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

記事ランキング

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません