2012年 05月 10日 ( 1 )

全自動自動車

先日、なにげにテレビを見ていると、全自動自動車というものが実用化に向けて開発されているというニュースをやっていた。開発しているのはGoogle。

出発前に目的地を入力しておけば、あとは勝手に曲がったり、止まったりしながら人を運んでくれるらしい。試作車(プリウス)が動いているところをカメラが写しだしていたけれど、運転席に座っている人はハンドルに手をかけていない状態で後部座席に座っているカメラマンのほうを向いてしゃべっていた。その間、ハンドルは右に左に回っており、間違いなく車は走っている。
で、無事に目的地である建物の前まで着いたところまで見せてくれた。
説明によると、当面は視覚障害者の方々のために実用化を目指しているとのこと。

『全自動自動車』?

これが実用化されて、目的のとおり視覚障害者の方が車で移動出来るようになったとする。
もし周りに誰もいないような状況で、この車に別の車がぶつかってきたらどうなるのだろう?
乗ってる人は視覚に障害があるわけだから、相手の特定はできないし。
ぶつけた側は、相手がそういう方だとしっても、その場にとどまっていてくれるだろうか・?

もっと時代が進み、こういう車が当たり前になったとして・・・運転免許っていうのは・・・不要ですよね?自動車教習所にお勤めの方たちは失職してしまうなあ。
時代の波にのみこまれて職を失った人たちはこれまでにも数え切れないくらいあったはずです。
それがまたひとつ増えてしまいます。

子供は?
子供だけでこの車に乗ってどこかへ出かけることも可能ですよね?
一家に一台じゃなくて一人に一台ですか?
自動車の中でお酒を飲んでても問題なし?
メールを打とうが、DVDを見ようが、居眠りしていようが、問題なし?

ビッグサンダーマウンテンやゆりかもめなんかは決められたところを走るだけですから運転士がいなくても平気でしょうが、街を走る自動車となるとどうなんでしょう?
歩行者、建物、道路に残っている落下物、動物の死骸。
人間なら、遠くに停車しているトラックのタイヤの間を見て、トラックのむこうに人がいるかいないかを判断することができます。
横断歩道の左側に立っている子供が横断歩道の右側に向かってなにか言っている様子を見て、右側にその子の友だちか親がいて、渡ってくるのかもしれないってことが予想出来ます。
田舎の一本道ならいざ知らず、大都会の人も車もあふれている場所で、しかも網の目のようにからまる狭い道、一方通行、行き止まりなどの規制。もともとある規制ならいいけど、工事などで急に通行止めや片側通行になることだってあたりまえにあるわけで。。。

たとえばエクセルを使っていて「こんなふうに出来ればもっと楽になるのに・・・」って思うことはたいてい機能の中に含まれているんですよね。
ユーザーが期待することは、それが効率とか処理スピードに関わることであれば、全部とは言わないけれど開発者の方々のほうで、たいていは出来るようにしてくれているもののようです。
ですからGoogleの開発者のみなさんも、私が懸念することなんざとっくにお見通しで、それらに対する回答はもうちゃんとそろえてあるのだろうと思います。

思いはするのですけれど・・・。

視覚障害の方が自由に安全に遠距離の移動が可能になる。
人間のうっかりミス(アクセルとブレーキを間違える等)が原因の事故や、安全義務違反(前方不注意、飲酒運転、信号無視等)による交通事故がなくなる。
そういう部分は確かにあると思います。

メールを打ちながら運転している人が近頃ホントに多い。
ダンプカーやトレーラーを運転してる人がそれをしてるのを見ると、寒気がします。
そういうのを思うといっそ全自動の車にのって寝そべりながらメールを打っててくれる方がよほどスッキリします。

ただね、

そろばんが電卓になり、レコードがCDになり、手紙がメールになり、固定電話が携帯電話になり、渡し船が橋やトンネルになり。
そうやってどんどんどんどん、便利さを追求していくことで、不便さのなかにある“趣”とか“工夫”とかいうものがなくなってしまう、意味のないものになってしまう。


そのことに私は、心細さと恐ろしさを感じてしまうのです。


gonbe5515

私たちはもう十分便利さは手に入れた、そんな気がします。
これ以上は、堕落への道のように思えてなりません。
医療分野以外はね。
by starforestspring | 2012-05-10 20:37 | それでいいのか日本人 | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

marrellaさんおは..
by starforestspring at 10:15
>『君の名は』ご覧になり..
by marrella at 22:02
marrellaさん、ご..
by starforestspring at 21:14
『春との旅』は私も大好き..
by marrella at 21:03
昭和を知る愛煙家には、今..
by starforestspring at 10:33
私がタバコを常用し始めた..
by marrella at 21:01
marrellaさん、こ..
by starforestspring at 20:13
糖尿病予備軍ですか。私は..
by marrella at 17:02

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ