世界の中心で、愛をさけぶ4   (ドラマ版)

b0137175_2120080.jpg

これは第六回のラスト近くのシーンです。
夢島で亜紀が倒れて以来、1ヶ月以上会えなかった(亜紀の両親によって会うのを禁じられていた)二人が、ようやく会えることが出来た時のやりとりの一部です。
いいセリフですね。
こんなこと言われてもサクったら無反応なんですよ。
ホントにアホです。



>サクはいつまでも今のまま、「死んだように生き続ける」を希望。
って、昨日書きました。

書いたあと冷静に考えてみました。
もし私の希望どおりのラストになったとします。
じゃ、あの二人がこのドラマに登場した意味はどこにあるんだろう??

やっぱりそうなるのかなあ。。。
一樹なんかサクのことが大好きみたいだし。

しかし・・・
緒方直人さんって、『北の国から』の時もそうだったけど、(古い話で申し訳ない。それ以外のドラマに出演されてるのを見た記憶がないもんで)なんかはっきりしない、優柔不断な演技がけっこうお似合いですね。そういえば、お父様もそんな感じの役(『鬼畜』)をやってらっしゃったことがあって、そのリアルさが今も忘れられずにいます。

それにしても、綾瀬さんは不思議な女優さんです。
共演した俳優さん、女優さんからも等しく好感を持たれてるとのことですが、やっぱりお人柄なんでしょうね。

wikiを開いてみたらこんなことが書かれてました。
・『鹿男あをによし』を収録中、人生について考えることが多かったため共演者の児玉清と深夜まで人生について語り合った
・『僕の彼女はサイボーグ』において京劇の舞台に紛れ込んだシーンで、舞台袖に捌けるとき暗幕に隠れた鉄筋にぶつかり鼻の骨を折った
そして極めつけがこれ
・ニュージーランドでスパイに間違えられ1日拘束されたことがある
「をいをい!なんやねんそれ!」ってツッコミを入れたくなるご経験ですな。
大麻で捕まった芸能人はたくさんいても、『スパイ容疑で拘束』された芸能人なんてちょっといませんよ。

いやあ、綾瀬さんはスゴイ人だ。

よし!
じゃ、BOXをポチッとしてこようか!

gonbe5515

言うまでもないことですが、私にとってのナンバーワンは多部未華子さんですので。
ナンバーツーが蒼井優さんから綾瀬さんに変わったってことです。
多部未華子さんと綾瀬はるかさんが『鹿男』以来仲良しでいらっしゃるというのは、嬉しいことです。
ぜひまたどこかで共演されることを願っています。

※タイトルのナンバリングを変更しました。
by starforestspring | 2013-03-14 21:24 | 世界の中心で、愛をさけぶ | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

Link

最新のコメント

>marrellaさん ..
by starforestspring at 16:11
>ストーリーそのもの..
by marrella at 11:58
>坂道G 調べてお..
by starforestspring at 21:02
>違う方 坂道G ..
by NABE at 18:41
NABEさん、おひさしぶ..
by starforestspring at 20:38
ここんとこ違う方に行っち..
by NABE at 18:56
低く連なる山を見ると、気..
by starforestspring at 08:54
私は、「馬鹿と煙は…」で..
by marrella at 17:00

画像一覧

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

記事ランキング

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません