泡盛

知人が沖縄旅行の土産にと、泡盛を買ってきてくれた。
「請福という名前なのだけど、もちろん飲んだことなし。

私も沖縄には何度か行ったが、泡盛は一口か二口飲んだ記憶しかない。たぶん、においがダメだったのだろう。(焼酎を飲まないのも臭いのせい)

ところが、酒飲みというのはいじましいもので、自分のふところがいたまない酒は、どんなものでも飲めてしまう。この請福も、今夜中にはめでたく私の胃の中におさまるに違いない。

これまでいろんなお酒を飲んだけれど、お酒は季節と食べ物によってなにを飲むか、なにを飲みたいかが決まる。夏、汗をかいた後に飲むのはビールに限るし、冬、雪を見ながら飲む酒は日本酒に限る。汗のあとに日本酒、雪を見ながらビールというのは(少なくとも私には)あり得ない。

同様に、キムチを食べる時においしいのはビールであって決して日本酒ではなく、鍋物を食べるときにおいしいのは日本酒で、これまたビールではない。ついでに言うならチョコレートがあれば私はウイスキーがほしくなる。

そういう意味で困るのが、私が一番好きな蒸留酒、ジンやウォッカである。これらは季節にはあんまり関係なく、かつ食べ物にも関係がない。ジンを飲むならこれ、ウォッカを飲むならこれ・・という相手がいない、季節にも食べ物にも。

そういうわけで、特になにもないときに飲むなら、蒸留酒を飲むべしと、私は自分にいいきかせておったのですが。。。。

さて泡盛、請福です。どんな味なのか、蓋をあけて、グラスに注ぐ瞬間が今から楽しみなのである。

「そういえばIsさんって、沖縄ご出身(在住)でいらしたですよね?と、懐かしいお名前をひそやかにつぶやいてみる。。。。「お元気ですか?



・・・・And that's the way it is.

gonbe5515




# by starforestspring | 2017-10-19 20:37 | お酒の話 | Comments(0)

『あしたは最高のはじまり』

b0137175_20084201.jpg
富山に出来た新しいシネコンで見てきました。
ニョーボが今日、休みをとれたもんですから、久々のデートというわけです。

主演はオマール・シー。『最強のふたり』で無責任で野放図な介護人を演じ、強烈な印象を残した方です。本作でもまた、強烈な印象を残してくれました。不思議な方です。

映画の印象を述べさせてもらえば・・・8才の娘を演じたグローリア(役名)が可愛かったなと。母親のクリスティンは最低な女だなと。そういう感じです。

サミュエルとグローリアの二人の暮らしが微笑ましかっただけに、クリスティン再登場後の描写はかなり痛くて・・・。

終わってみればサミュエルがいろんな意味でお気の毒でした。観終わってスカッとした気分にはなれない映画ではあります。

これからご覧になる方もおられるでしょうから、詳しいことは書けませんが、個人的な評価としては10段階の5.5。グローリアの可愛さは8。サミュエルの頑張りに9。クリスティンに2というところです。
b0137175_20093658.jpg
始まってすぐのBGMに、キャットスティーブンスの歌が入ってたのは嬉しかった。いいですよねえ、キャットスティーブンス。

それくらいか・・・。



・・・・And that's the way it is.

gonbe5515




# by starforestspring | 2017-10-18 20:11 | 映画・ドラマ | Comments(0)

聖地探訪

本題に入る前に、まずは阪神園芸さんにお礼を申し上げる。
ありがとうございました。見事なお仕事でした。あのグラウンドがプレー出来るようになるなんて・・。おかげさまでベイスターズはファイナルステージ進出決定です。次は広島。待ってろ広島。

さて、日本全国あちこちで、映画やドラマのロケが行われている。こちら富山でも、ここ最近映画のロケがやってくることが新聞の記事になっている。ロケ地訪問。ファンにとっては“聖地探訪”という言葉になる。

私がこれまで訪れることが出来た聖地は『つばさ』の川越蔵造りの町並み、土手の道、『対岸の彼女』の西桐生駅、渡瀬遊水地、『君に届け』の足利西高校、花待坂があります。映画やドラマを食い入るように見ていた者にとって、そこに立っているだけで感涙ものの場所でした。NABEさん、川越のパパさん、その節はお世話になりました。m(_"_)m


で、今私が是非訪れたい場所が、伊豆の松崎。ここは『世界の中心で、愛をさけぶ』『つぐみ』のロケ地であるのです。この町は多くの映画やドラマにロケ地として選ばれているそうなんですが、私にとってはこのふたつだけで充分に“聖地”。
b0137175_21403946.jpg

b0137175_21403371.jpg

亜紀やサク、つぐみが歩いた町並みを歩いてみたい、眺めた風景を眺めてみたい。西伊豆の松崎。私にとっての聖地であり、憧れの町です。本当に、いつか、必ず、訪れてみようと思います。


・・・・And that's the way it is.


gonbe5515




# by starforestspring | 2017-10-17 21:42 | 映画・ドラマ | Comments(0)

問題提起、自己解決

秋深き となりはなにを する人ぞ

秋雨が続く今日この頃、外に出ることがないものだから、ついつい窓から外を(意味もなく)眺めてしまう。車や人は、ごくまれにしか通らない我が家の周り。目に入るのはご近所さんの家の灯り。今頃は家族揃ってテレビを見てるのか、それぞれの部屋で、それぞれに好きなことをして楽しんでるのか。みなさんがお健やかで、楽しい時間を過ごしておられることを、隣人として勝手ながらお祈りさせていただく次第である。



他のみなさんはどうか知らないが、私の場合、朝起きてから、夜寝るまで、誰と会うか、どんな話をするかは別にして、大筋では毎日だいたい同じ。コーヒー飲んで、仕事に行って、帰宅して、スポーツニュースを見て、お酒を飲んで、本を読んで寝る。休みの日にはBDを見て、庭の掃除と手入れをして、車を磨いてまたお酒を飲んで寝る。

毎日の繰り返し。毎週の繰り返し。退屈ではないが、これでいいのかと、時々考えることがある。私にはまだ出来ることがあるはずだし、やっておいたほうがいいこともあるはず。毎日の繰り返しに埋没して、それらを手つかずのままにしておいていいのか?と。


写真。ギター。料理。自転車。10ホール。DIY。

映画が、車だ、お酒だ、本だで時間が過ぎていく、そのことで自分を納得させてこれらをほったらかしにしてるのは、もったいないじゃないか。しかし、24時間の中で、新しいことをする時間を増やすには、なにかを捨てるか、なにかを削るかしか、方法がない。

・・・と、こう来ると、「自分にとって大切なものはなに?優先したいものはなに?」という自問自答になってしまうのだけど、いざリストにしてみたところで、そんなに簡単に順番なんかつけられるはずがない。だって、みんな好きなことなのだから。


それでも自分で動くしかない。BDを観る時間が減っても、お酒を飲む時間が減っても、それを補う楽しみがあるなら、それはそれでいいのでは。


まずは・・・カメラを構えることから始めることにするつもり。


・・・・And that's the way it is.

gonbe5515





# by starforestspring | 2017-10-16 18:51 | 雑感 | Comments(0)

連続ドラマを見続けられない私

秋の連続ドラマが続々と始まっている。昨日は多部未華子さんご出演の『先に生まれただけの僕』が始まったし(まだ見てない)、今日からは『陸王』が始まる。

最近の私は連続ドラマをあんまり見ない。引きこまれてしまうような魅力を感じることが少なくなったからだが、一にもニにも根気がなくなったことが一番の理由だと思う。週に1回、水曜日だか金曜日だかがくるのを、今日も明日も待ってるということが出来ない。

そんな私でも、以前は7日間が過ぎるを鶴のように首を長くして待っていたドラマがあった。途中から、もしくは終わってしまってから見始めてのめり込み、DVDBOXを買ってしまったものもある。

『北の国から』
『青い鳥』
b0137175_20121737.jpg
『瑠璃の島』
b0137175_20121300.jpg
『蝉しぐれ』
『デカワンコ』
b0137175_20214613.jpg
『世界の中心で愛をさけぶ』
『鹿男あをによし』
b0137175_20122559.jpg
『それでも、生きてゆく』
b0137175_20123115.jpg

見る気にならないドラマと、次の放送日がくるのを指折り数えて待つドラマ。私にとっていったいなにが違うのか。

「本当らしさ」かなあ。それと主人公だけでなく、まわりの人たちの描写も膨らみがあるものであってほしい。虚構の世界なだけに、それをリアルと納得させてくれるものがほしい。・・・抽象的にすぎるけど。


たとえば、私の好きな映画のひとつ『プリンセストヨトミ』。日本という国のなかに、明治政府から密かに認定された“大阪国”があり、その国の男たちは、プリンセスにことあるときは、ひょうたんを持って大阪城に集結する・・という設定で成り立っているお話。これが京都人が扇子を持って御所に集まるとか、富山人がささらを持って富山城に集まるとかなら、「ふんっ!」と、鼻で笑ってしまってそれで終わりだ。

だけど、“あの”大阪人なら、やりかねない。大阪の男どもは、本当に父と二人で地下通路を通り、大阪国の話を聞かされた経験を持っているかもしれない。彼らはそれを秘密として、親から子、子から孫へと連綿と歴史をつないできたのだ。大阪人ではない私が知らないだけで。

と、そう思わせてしまう真実味が、大阪に住む人たちにはある>褒めてます。だから私はあの映画を楽しく見られるし、ドキドキしながら次の展開を待てるし、プリンセスを暖かく見守る大阪の人々たちが実在するように思えるのです。

荒唐無稽な設定や展開でも、脚本とか登場人物とか舞台背景とかでもって納得させてくれて、ドラマ世界に没頭できるもの。こういうのが私は好きなのです。『鹿男あをによし』しかり、『デカワンコ』しかり。


まあ単純に、トシをとったせいで、若い連中のやってることがことごとく気に入らず、そういうのを1時間にわたり見続けることに堪えられないから・・かもしれないけれど。



・・・・And that's the way it is.

gonbe5515

単発ドラマだと『火の魚』『ラジオ』が、素晴らしくよかった。




# by starforestspring | 2017-10-15 20:28 | 映画・ドラマ | Comments(0)

映像ライブラリ-

昨日、長い間ほったらかしにしていた「映像ライブラリー」のデーターベース化の作業を再開した。書棚に並んでいるDVDメディア、BDメディアに録画した映画、ドラマ、ドキュメンタリー、バラエティなどを管理するためのものだ。作業が一旦止まってしまうとなかなか再開のきっかけがつかめず、いったいどれくらい中断していたのかも覚えていない。実際、目の前に並ぶディスクの量を見てしまうと、なかなか踏ん切りがつかないのも無理はないんだけど>自己弁護

それでもようやく再開できたのはめでたい。キーをたたきながら、私の腰はこれほど重かったのかと反省しきり。昨日登録したメディアには、NHKスペシャル『映像の世紀』や『ヒトラー』、『ツバキ文具店』、『妻はくの一』、懐かしの『北の国から』等々、「おお、こんなのも撮ってたのか」と思うようなものがいくつもあった。

データー入力は、私の得意とする作業のひとつ。FileMakerというソフトを使い、簡単なスクリプトを組めば、効率よく入力していける。昔々、必要に迫られてこのソフトを購入し、解説本と格闘しながら使い方を覚えていったのは、今になってみればいい思い出だ。ひとつの問題を解決するのに1時間かかったり、スクリプトが上手く動かなくて、何度も何度もやり直し、それでもわからなくて大荒れに荒れたこととかもあった。

このデーターベースが出来れば、「ブラタモリ」の尾道編はディスクナンバー○○の何番目に録画されてるとか、「スターウォーズシスの復讐」は、「フォースの覚醒」と同じディスクに入ってるとかが一目瞭然となる。これまでのように「どこだどこだ・・」と、書棚からディスクを抜き出し、カバーを開いてメディアに走り書きしたタイトルを探さなくてもすむようになる。

ディスクが何枚あるのか、番組数がいくつあるのか、処理が終わらないとわからない。わかっているのは、作業が終わって出来上がったリストを一覧表示したときに私はきっとニンマリするだろうし、その時に飲む酒は、きっと格別だろうなということだ。

それを楽しみに、次の休みもパソコンに向かう予定。


・・・・And that's the way it is.


gonbe5515



# by starforestspring | 2017-10-14 21:28 | 雑感 | Comments(0)

『わろてんか』

b0137175_20152092.jpg
先日見たばっかりの『サバイバルファミリー』でファミリーの一員を演じてた葵わかなさんが、朝ドラの主役になる。これは不思議な偶然だと、『わろてんか』が始まるのを楽しみにしておりました。

第10話まで見て、私は気づいてしまった。「NHKの朝ドラに過大な期待をしてはいけない」と。毎朝15分、全国に住む、お年寄りからあかちゃんまでに、“善良な風俗を害しない”番組を届けることを求められている放送局に、自分好みのドラマを期待することがそもそもの間違い。

ある人たちには大笑いしてもらえるだろうけれど、別の人たちには眉をひそめさせるかもしれない・・・そんなセリフや演技やストーリーを作れない放送局なわけです。しかも毎日15分の枠内でオチをつけ、次の15分につなげなければならない。その制約たるやいかばかりかと、改めて感じた次第です>今日のラストシーンを見て。

思えば、私が朝ドラを見るようになったのは、『つばさ』を見てからでした。あのドラマに感動を覚えたからこそ、その時間枠で放送されつづける後輩番組に期待もしていたのですが(期待に応えてくれたものもありましたが)そもそも『つばさ』を基準にすること自体、過ちでした。あれは「朝ドラの平原をナパーム弾で焼き尽くした」ドラマだったことを忘れていました。

お年寄りからあかちゃんまでを対象にしたドラマを作り、誰にも“眉をひそめさせない”ためには「清く正しく美しく」「お約束に予定調和」が必須条件なのでしょう。毒にも出来ず、薬としても役立たずな、メリケン粉のような展開が、のこり140回ちょい続くことでしょう。

というわけで、私は頭を切り換え、遠藤賢一さんや、濱田岳さんや、高橋一生さんや、広瀬アリスさん(私はすずさんより、アリスさんのほうが好き。『スープ』での彼女が忘れられない)、徳永えりさんの演技に注目しつつ、残りを見続けようと思います。

b0137175_20152087.jpg

葵わかなさん?いやあ、彼女は天下のNHKの期待を背負わされたヒロインとして、お年寄りからあかちゃんまでに眉をひそめさせない演技をするしかないでしょうから、ある意味お気の毒な立場です。期待するのは酷ってもんでしょう。


エラソウナこと書いてますけど、私は『つばさ』をリアルタイムで見たわけじゃないのです。DVDをレンタルして、一気見したからよけいに衝撃が強かったのかもしれません。最近の朝ドラを振り返ってみるにつけ、よくもまあ、ああいうドラマを制作したもんだと、当時のスタッフの方々の度胸と心意気に心からの敬意を“改めて”送らせていただきます。

葵さんには、次に期待しましょう。それが映画であれ、ドラマであれ、のびのびとやれるところではじけさせてあげたいところです。


・・・・And that's the way it is.

gonbe5515




# by starforestspring | 2017-10-13 20:22 | 映画・ドラマ | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

昭和を知る愛煙家には、今..
by starforestspring at 10:33
私がタバコを常用し始めた..
by marrella at 21:01
marrellaさん、こ..
by starforestspring at 20:13
糖尿病予備軍ですか。私は..
by marrella at 17:02
長文のご返信ありがとうご..
by marrella at 21:31
3本の記事を興味深く読ま..
by marrella at 21:27
趣味:ドライブ 昔の若..
by starforestspring at 19:51
”箱スカ”、懐かしいです..
by marrella at 14:00

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ