『あるおっさんの告白』3

学校で、戦争について教わったことがないと昨日書いた。でも、自衛隊という存在いかにまがまがしいものであるかということは、力説しておられたように思う>先生たち

中学生とはいえ、子どもだし、先生のいうことは全部正しい、基本的に生徒は、あらゆることについて先生から“学ぶ”というスタンスだから、“まがまがしい”だの、“存在してはいけない存在”だのと言われたら、素直にそれを信じてしまう。「存在してはいけない存在が、なくなりもせず存在してるのはなぜだろう?」という、素朴な疑問はあったけれど。

とにかく、当時の自衛隊に対する評価は低かった。存在そのものを否定されていたし、「自衛隊に入る」などと言い出そうものなら、周囲から猛反対されたものだ。

で、世はフォークソングブーム。森山良子やフォーククルセダース、赤い鳥などの歌を、近所のおにいちゃんおねえちゃんたちが公民館で歌っていた時代。そんなときジローズが「戦争を知らない子どもたち」をヒットさせたのだ。この曲は売れた。めちゃくちゃ売れた。どこに言っても、若者たちが口ずさんでいた。長髪ベルボトムのおにいちゃんたちが、ギターをかき鳴らし、声を合わせて♪戦争が終わってぼくらは生まれた 戦争を知らずにぼくらは育った・・と歌うのだ。

終わって、そして知らずに育ったのだから、それを申し訳ないと詫びてるわけではなく、知らないからこそぼくらは平和の歌を歌えるんだ・・という開き直りの歌。私も歌った。何度も歌った。なんの疑いも持たずに大きな声で歌っていた。


今にして思う。私たちがこの歌をなんの疑いもなく当然のように歌ってるとき、戦争から帰ってきた父や、空襲で友人や身内を亡くした人たちはどんな思いで聞いていたのだろう。


映画『東京裁判』を見た時、私はもういっぱしの社会人だったし、この歌ももう町中ではあまり聞かれなくなっていたが、なんていうんだろう、大きな声で歌っていた自分がとても恥ずかしく思ったことを覚えている。以降、ずっとこの歌を歌えない。


父や母、兄妹、妻や子、友人、生まれ育った故郷の山や川、それを懐にだく国。そういうものを守るために、命を散らしていった人たちを敬い、慰めることは、そのおかげで生かしてもらっている私たちが行なってしかるべき行為だと思う。犬死にだった、テロリストだった、洗脳されていた、間違った国策に踊らされていた・・・あなたはそんな言葉を、迷いもなく、心から投げかけて、平気なのですか?


この国をずっと守ってきてくれたご先祖たち、命を散らした方たちのおかげで、日本という独立国が今なお存在し、その恩恵を受けて私たち国民は安穏と生きることが出来ている。それを否定するのもひとつの見識だろうけれど、私はそういう方々とは、あんまりおつきあいをしたくないというのが本音だ。

そして今、この国を外的脅威から守るために、日々訓練に励み、私たちの知らないところで、昼夜を分かたず任務についてくれている自衛隊のみなさんに、心から感謝している。

おかげさまでなにごともなく毎日を送っています。
本当に、ありがとう。




gonbe5515



# by starforestspring | 2017-09-25 19:10 | それでいいのか日本人 | Comments(0)

『あるおっさんの告白』2

先日NHKで、今をときめく高橋一生さんが、伊勢神宮及びその周辺を参拝、散策するのを紹介している番組があった。伊勢神宮、お恥ずかしい話、小学校の修学旅行で行ったきりの場所である。テレビに映る本殿に向かう参道の広さ、森の深さに、すっかり見とれてしまった。なんとしても機会を作り、改めて参拝に訪れたいものだ。

これまで私はさまざまな神社に参拝させていただいた。旅先であっても、営業外回りであっても、神社を見つけると素通り出来ないタチである。これは小さいころから神社を近しいものと感じて育ってきたことによるものだろう。

そんな私だが、唯一靖国神社だけは、“近しい”などとはとんでもない、あの石畳を歩くときは、ただただ緊張した。先の大戦で命を落とされた大勢の方々が、ここに集まっておられる。そう思うと、背筋を伸ばし、襟をたださねば申し訳ない。自ずとわき出る、そういう“身の引き締まる感覚” に包まれたことを、忘れはしない。



私が常々不思議に思うことは、日本という国は、どうして戦争で命を落とされた方々に、感謝と慰霊の気持ちを表すことに消極的なのだろうということだ。8月15日の『戦没者を追悼し、平和を祈念する日』に『全国戦没者追悼式』が開催されるが、「これさえやっておけば波風が立たなくていいですよね」 ・・そんな風に思っているのか?と、問い詰めたくなるほどに。

#誤解しないでいただきたいが、私は軍が政治を主導する“軍国主義”復活を願っているわけではない。

先にお断りした上で言わせてもらうけれど、私自身、先の大戦について学校で詳しく教わった記憶がない。室町時代や平安時代、江戸時代までは年表とにらめっこでたたき込まれ、テストにも問題が出されたけれど、明治以降、日清戦争や日露戦争、特に満州事変や大東亜戦争(第二次世界大戦)について、先生から詳しく戦争が始まった原因、経緯、終戦、終戦後の処理・・・等々について教わった記憶がない。記憶がないのは私が忘れただけかもしれないが、だとしたら、映画『東京裁判』を見て、ぶん殴られたような衝撃を受けた理由の説明が出来ない。

今の教育方針も、同じ状況なのではないのか?
こんな青少年が出てくるのは、そのせいとは言えないか?

知らなかったって・・千羽鶴や額や看板を見て、なにも感じなかったのだろうか。そこがどういう場所か、想像することすら出来なかったというのだろうか。

戦争遂行という判断を時の政府(=国民)が行ったのは事実であり、この国の歴史なのだ。(今のモノサシを当時に当てはめることはしてはいけない)であれば、ヨソの国からとやかく言われるたびにオロオロするのではなく、この国の中で、しっかりとその歴史に向き合い、検証し、考える義務があるのではないか。その上でなら、とやかく言ってくるヨソの国への対応も自ずと決まってくるのではないか、と私は思う。

戦いが続く日々の中で苦難をなめ、人生が変わってしまった人たちがいる。軍人として命を落とした人がいる。戦いに巻き込まれ、標的とされて人生を絶たれた人がいる。捕虜になるまいとして、絶壁の上から海に飛び込んだ人がいる。他にも数え切れないはずの事実が、この国のあちこちで起きていたのだ。私たちが知らないだけで。教わってこなかっただけで。

戦が終わって72年が経つ今、私たちは生きている。水も、食料も、日差しや雨を遮る屋根も、暖かい火も当たり前にある。それはどうしてなのか?

戦争を戦った人たちに対して、慰霊の気持ちを伝えることは、周りをはばからねばならない行為では断じてないと思う。自らの国の為に戦い、命を落とした人たちに対して慰霊と感謝の気持ちを述べる。それは市民レベルはもちろん、政府として堂々と主導すべきものだと私は考えている。


gonbe5515



# by starforestspring | 2017-09-24 19:48 | それでいいのか日本人 | Comments(0)

『あるおっさんの告白』1

今日は私のごく私的な話をひとつ。
ちゃんと書いておいたほうがいいかなと思い、書くことにした。
これもいわゆるひとつのカミングアウトと受け止めていただきたい。

45年前、私が紅顔の醜男であったころ、私は某左翼政党のシンパだった。

当時、私みたいな年齢の若者は、党に所属する人からすれば“期待の新人”であったようで、学校が終わった夕方から夜にかけて、あるいは休日などに地区をまとめる立場の人からいろんなレクチャーを受けた。そのレクチャーは、世の中を知らない若造にとって興味深い内容のものが多く「へぇ~そうだったのか」「なるほど、そういうことだったのか」と、講義をひとつ終えるごとに、元の自分とは違う自分に変化していくような感じがしたものだ。

「富の分配」一部の金持ちが冨を独占している現在は、正しい世の中ではない。
「天皇制の否定」天皇は労働をせず、国民の血税で暮らす搾取者である。
「自衛隊は違憲」自衛隊を認めることは軍国主義の復活を認めること。この国に軍隊は不要。

※なにしろ45年前ですから・・・・。

私は教わったことを素直に覚え、当時の財閥や地主、それから天皇に対して大いなる反感を抱き、いつか打倒しなければならない、自衛隊は解体し、軍隊ではなく民衆の力で国を守る世の中をつくらなければならない・・そう誓っていた。


が・・・・


そういう概念に一点の曇りが生まれたのが映画『東京裁判』を見たことだった。あの映画は、私にとっていろんな意味での転換点になった。戦争、制裁、封鎖、かつて支持した指導者を非難するメディア、ホワイト&イエロー、原爆、沖縄、東京、特攻、そして勝者が敗者を裁くことについて。それまで私の周りにあったさまざまなことを、「ちょっと待て。ホントにそうなのか?」と、考え直すきっかけになった。それから私はいろんな本を読み、いろんな話を聞き、いろんな映像作品を見て・・とにかくさまざまな情報から、自分はどう思うのかと自分自身に問いかけ、道筋をつけてきた。

で、45年経った今どうなったかというと・・・。

悠仁親王がお健やかに成長されることを心から祈念しているし、宮内庁および関連機関の皆々様におかれては、親王の身の安全に万全を期していただきたいと三拝九拝する次第である。富の分配より、己が富を増やすことを目指してこれまで働いてきたし、自衛隊は、自衛隊という名前ではなく、国民を外的脅威(災害や事故もそのひとつ)から守るための『国防軍』として憲法で正式に認めるべきだと考える昨今である。

主義主張が異なる政党は複数あってしかるべきだと思うし、指導者は民意によって選ばれるべきだ。国民がさまざまな情報を得る手段を、国家の力によって遮断するなど・・・私はこの国がそういうふうになってはほしくない。私が生きてるうちも、私が死んだあとでも。

「日和った」「変節」「転向」と、非難したければお好きにどうぞ。「はい、そうです。」と返事をしてあげよう。


「それがなにか?」とも。


gonbe5515


こういうヤツが書いてるブログですので・・それを承知の上でなお、おいでいただけるのであれば幸い。



# by starforestspring | 2017-09-23 18:02 | それでいいのか日本人 | Comments(0)

『ひよっこ』第149回

b0137175_22293462.jpg
b0137175_22293449.jpg

茨城編の素朴さと父の失踪による不安定さ、向島電気編での田舎の乙女たちのけなげさと、キャラの違いが生むおかしみ。そういうところが私は好きだったのですが、東京編になってからはなんていうのか・・・あっちもこっちも手を伸ばし、視聴者に期待させつつ、どれもこれも中途半端。
b0137175_22293414.jpg
島谷くんとの恋までは「みね子も女の子だし・・」と、応援出来たけど、ヒデくんとの恋は・・・展開早すぎてそれこそ「どうぞご勝手に」です。脚本の岡田さんは、いくつもの話を、同じテーマで並行して進めていくっていう手法がお好きなようにお見受けします。対比が出来て、おもしろい部分もありますが、そればっかりだと「もしかして、他に表現方法をご存知ない?」という疑問が湧いてきます。つい先日、言わずもがなの早苗さん恋の告白があったと思ったら、ヒデがいるとは知らない状態でのみね子の告白、そして今日の愛子さんの昔話にかこつけての告白。最終盤にきて恋恋恋って。。。実父ちゃんの失踪とそれを心配する家族、母ちゃんの警察での涙の訴えや、豊子の立てこもり等々、あの時流した涙を返してくれませんか?

私は岡田くんに膝詰めでとことん問いただしてみたいのだけど、ここに至って愛子さんの悲恋を彼女自身の口から説明させてどうするつもりなんだ?いい話だよ。愛すればこそのお互いの主張のすれちがいだよ。でもね、そういう話をもっと早い段階で提示してくれてたら、私の愛子さんに対する印象は変わっていたと思う。そういう過去があったんだとわかっていれば、「だからこそ、今彼女はこんなふうに振る舞って、自分を元気にしようとしてるんだ」と補完できたと思う。これまでの愛子さんは、“ いいトシして、ちょっと的外れな言動をする軽い人”にしか見えなかったもの。

もっと早くにこの話を出しておけば、今日の“説明セリフで延々と一人語り” っていうのはせずともよかったろう。立ち聞きしてるみね子たちは、時間の節約のために無理やり集められたようにしか見えない。
#朝ドラでは、立ち聞きっていうのがお約束になってますが、今日の立ち聞き、あれはなんだ。お約束に対する開き直りか?

実父ちゃんとお母ちゃんの関係修復はもうあれで終了?
進とちよ子は?もう出番ないの?ちよ子の成長ぶり、もっと見たかったよ。
時子はもう退場?結局女優になれたのか?
三男と米子の関係はどうなる?旦那さん、最近見ないけど?
早苗さんの告白、どう落とし前をつけるつもり?もしかして5年おくれの再会があるのか?
マンガ家コンビの作品は売れるのか。
中華料理屋の養子の顔見せはあるのか?

なにより問い詰めたいのは・・
谷田部家のみんなですずふり亭に食事に来るっていうあれ。
実とうちゃんやおかあちゃんが言ってたあれ。
実現するの?

来週は最終週。
やっぱり手を広げすぎたようだね、岡田くん。


gonbe5515



# by starforestspring | 2017-09-22 22:34 | 映画・ドラマ | Comments(0)

大人のつきあい

昨日の記事で紹介させていただいた吉田茂首相の言葉を読んで、7年前に書いた記事のことを思い出した。この記事は、海の上で起こったある事件について、当時の政権の対応を揶揄することが目的で書いた記事。



吉田首相なら、どんな対応をしただろうか。吉田首相に限らず、歴代首相一人一人について、その対応を想像してみると、これがなかなかおもしろい。


批判にさらされることを恐れず、堂々と自分の思うところを主張する肝のすわった人でないと駄目だったんだろうなということ。批判にさらされようと、経済的打撃をこうむることが予想されようと、近隣諸国との関係がこじれようと、独立国として当然行うべき(行っていい)主張を断固として訴えることのほうがはるかに大切だったはずだと今でも信じてる。

あの事件以降、かの国は、それまで以上に我が国を見くびるようになったと思う。そしてそれは程度の相違こそあれ、他の国々でも同様だろう。恫喝に弱い国。経済を最優先する国。口だけが達者で、実際にはなにもしてこない国。そんなレッテルが世界中の大統領、首相執務室にある地球儀の、日本列島の上に貼られてるような気がしてならない。

先日、韓国の大使を引き上げさせたことがあるけど、あの時だけは「やればできるじゃないか!」と思ったんだけどね。(私としてはもっと引っ張ってほしかったくらい)


見解の相違、主義の違いをわかった上でつきあっていく。それが大人のつき合い方だと思う。相手の言うことは聞くくせに、言わなければならないことを言わないっていうのは、ちゃんとした社会人として認めてもらえない。自分と意見が違うことを理由に、つき合いをやめるような人はその程度の器の人。そんな人の底は見えてるから、適当にあしらっておけばいい、相手にする値打ちもない・・。

意見の違い、主義の違いをわかった上で、同意出来る部分、協力出来る部分を模索することが、大人のつき合い方というものだろう。そういう人の前ではウソやその場しのぎは通用しない。ふんどしを締めて、腹を決めてつきあわなければいけない。こっちがそうなら、相手もそうしてくれる。


大人のつきあいをしようよ。・・・してくれよ。


gonbe5515




# by starforestspring | 2017-09-20 17:46 | それでいいのか日本人 | Comments(0)

吉田茂首相の言葉

ふとしたことで、かつての首相、吉田茂氏が、防衛大学一期卒業生の代表3名を自宅に招いたときに語った言葉を読むことが出来た。昭和32年。今から60年前。どんな時代だったか思い出しながら読んで頂ければと思う。


卒業生代表に対し吉田首相は

「君たちは自衛官在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることもなく自衛隊を終えるかもしれない。ご苦労なことだと思う。しかし、自衛隊が国民から歓迎され、ちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の危機の時か、災害派遣の時とか、国民が困窮している時だけなのだ。言葉を変えれば、君たちが日蔭者である時の方が、国民や日本は幸せなのだ。一生御苦労なことだと思うが、国家のために忍び耐えてもらいたい。頑張ってくれ。君たちの双肩にかかっているんだ。しっかり頼むよ」

この言葉を受けた卒業生たちが、その後どんな思いで任務についたのかと思うと・・なんとも申し訳なく、身の置きどころに困ってしまう。


・・・・・

この世の中に、どれほどの人がいるんだろう。
人に知られず、人に語らず、黙って人のためになる仕事をしている人たちが。

そういう人たちの仕事の結果、私たちが安穏と暮らせるのなら、「おかげさまで」「ありがとうございます」と、感謝の意を表すことに、臆病であってはならないと思う。



gonbe5515



# by starforestspring | 2017-09-19 19:39 | それでいいのか日本人 | Comments(0)

敬老の日

今日は敬老の日。

wikiによると 「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」のが趣旨だそうだ。多年にわたり社会につくして・・という部分、その内容は人によって違うだろうけれど、経験に裏打ちされた言葉には重みがあるし、なにより歩んで来られた日々の積み重ねを思うと、自然に頭が下がってしまう。

赤信号で横断歩道を渡ったり、自転車に乗ってて車道中央に寄ってきたり、車を運転してて信号とか標識とかまるっと無視する・・てことさえなければ、心の底から敬えるのになあと思うのだけど、いやいや、加齢による判断の遅れ、運動能力の低下は避けられないものなのだから、私たちのほうでそれを見越していくべきなのですね。


敬うというのとはちょっと違うかもしれないけれど、これまで私に関わってくださった方々の中には、私が心から感謝している方が何人かいらっしゃる。その方と出会わなければ、私の人生どうなっていたかわからない・・というのは決して大げさではなく、そういう方たちのおかげで私は“救われた”と思っている。

私はいまでも、その方たちのお名前とお顔は記憶しているし、なにかの折には必ず手を合わせ(他界してらっしゃる方もおられるので)感謝の気持ちを伝えている。ご存命で、今はもうお会いすることもなくなった方々は、遠く北陸の地方都市で、私がそんなことをしているなんて、夢にもおもっていらっしゃらないだろう。私の存在じたい覚えていらっしゃらないかもしれないし。


「おかげさまで」
トシをとるにしたがい、この言葉をよく使うようになった。「自分が自分が!」と、 肩肘張って、自分一人の力で生きているつもりだった若い頃、私は「おかげさまで」という言葉を口にしたことはなかったと思う。


今はわかる。いろんな人たちのおかげで、今ここに、私がいる。


そんなことを考えた敬老の日でありました。>敬老の日となんの関係が?というツッコミはなしで。。


gonbe5515




# by starforestspring | 2017-09-18 18:55 | 雑感 | Comments(0)


タベリストgonbe     よしなしごとつづり


by starforestspring

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新のコメント

趣味:ドライブ 昔の若..
by starforestspring at 19:51
”箱スカ”、懐かしいです..
by marrella at 14:00
とあるサイトでこの映画を..
by starforestspring at 14:35
いきなりハリソンの映画、..
by ハリソン君 at 23:34
今日も今日とて、みね子に..
by starforestspring at 18:41
やっぱり、そうですよね。..
by ハリソン君 at 00:03
marrellaさんこん..
by starforestspring at 11:19
gonbeさん、野球..
by marrella at 22:24

カテゴリ

全体
雑感
それでいいのか日本人
京都
映画・ドラマ

お酒の話
思い出
多部未華子さん
サロメ計画『サロメ』
八尋計画『私を離さないで』
連続テレビ小説『つばさ』
映画『あやしい彼女』
 
太宰治さん
川原泉さん
永六輔さん
 
男と女その摩訶不思議な関係
世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
連続テレビ小説 マッサン
連続テレビ小説 カーネーション
連続テレビ小説 あまちゃん
  
ブラジルワールドカップ
ディズニーランド
音楽
僕のマンガカタログ
時事
食べものについて
美術
USJ

Link

記事ランキング

画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月

ブログパーツ